「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  雨の日のおでかけが楽しくなる♪アジサイの名所の楽しみ方 アジサイ祭り情報も紹介

雨の日のおでかけが楽しくなる♪アジサイの名所の楽しみ方 アジサイ祭り情報も紹介

雨の日のおでかけが楽しくなる♪アジサイの名所の楽しみ方 アジサイ祭り情報も紹介

by まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2019年6月6日

6月といえば、雨ばかり……?

梅雨空の下、青や紫の色彩あざやかなアジサイは、くもりがちな私たちの心をいやしてくれます。

アジサイは日本原産で、夏の季語。多くの俳人や歌人がこの花の姿に夏の訪れを感じてきました。
紫陽花と書く美しい名前が、「和」の趣を静かに主張しています。

今回は定番である寺院のアジサイだけでなく、公園や遊歩道のアジサイ、ライトアップされた夜のアジサイなど、様々なアジサイ鑑賞の楽しみ方や、アジサイ祭りなどのイベント情報をご紹介。

晴れの日も、雨の日も楽しめるアジサイの見頃に、出かけてみませんか?

近くのアジサイの名所を探したい方はこちら

目次

1.アジサイってどんな花?

2.【アジサイ寺・アジサイ神社】
風情のある庭で青の世界にひたる

3.【見渡す限り一面のアジサイ】
その種類と数に触れてみる

4.【アジサイ小径】
雨のおもむきにひととき憩う

5.【アジサイライトアップ】
幻想的な夜の風景に心奪われる

6.【古都・鎌倉のアジサイ】
見ごろを迎えるスポットで美しさを堪能する

1.アジサイってどんな花?

1.アジサイってどんな花?
写真:123RF

アジサイは日本の花

アジサイは、雨がとても似合う花。
5〜7月にかけてピンクや青色の花を咲かせ、梅雨の代名詞ともいわれます。
日本原産で、江戸時代、シーボルトが妻・滝の名前から「オタクサ」と名付けて紹介しています。
その後ヨーロッパに広まり品種改良され、今ではガクアジサイ、ホンアジサイ、ヤマアジサイなど種類も豊富です。
アジサイの花のように見える部分は花びらではなく、実は萼(ガク)と呼ばれる葉の一部が変形したもの。その淡く美しい色合いは、土壌の酸性度によって青から赤へと微妙に変化していきます。

2.【アジサイ寺・アジサイ神社】 風情のある庭で青の世界にひたる

全国の神社やお寺に咲くアジサイのスポットをご紹介。
優しい雨露に濡れたアジサイの古風なたたずまいは神社やお寺ならではのもの。
傘を片手に濡れた石畳や玉砂利は、思いのほか滑るので、歩きやすい靴で出かけましょう。

笹野観音(山形県)

「アジサイ寺」の異名を持つ古寺

会津の高僧・徳一上人によって、9世紀初頭に開基された寺。現在の建物は、天保14(1843)年に再建された御堂。毎年梅雨の時季になると、境内のそこここにアジサイの花が咲き誇る。

【見頃期間】7月上旬~下旬

【住所】山形県米沢市笹野本町5686-5
【アクセス】JR山形新幹線米沢駅から山交バス白布温泉行きで16分、笹野大門前下車、徒歩10分
【料金】無料

このスポットの詳細を見る

能護寺(あじさい寺)(埼玉県)

あじさいの名所として知られる

あじさい寺の別名を持つ。奈良時代創建と伝えられ、江戸時代鋳造の鐘がある古刹。姿のはっきりした堂と周囲のアジサイのバランスが見事。アジサイは青、白、うす紫、ピンクと色鮮やか。

【見頃期間】6月中旬~下旬

【住所】埼玉県熊谷市永井太田1141
【アクセス】JR高崎線籠原駅から熊谷市ゆうゆうバスグライダー号で28分、あじさい寺(能護寺)下車すぐ
【料金】参観料金 300円

このスポットの詳細を見る

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×