>  >  >  >  > 

【富士宮やきそば】食べたい!No.1ご当地グルメ!

まっぷるマガジン

更新日:2019年1月20日

この記事をシェアしよう!

【富士宮やきそば】食べたい!No.1ご当地グルメ!

地域密着度、歴史、知名度、どれをとってもまさにキング。知れば知るほど奥深い、長い歴史のなかで積み上げられた流儀と味をご堪能あれ。

富士宮やきそばのいろは

【い】お店のジャンル

さまざまなお店で食べられるのが特長。なかでも富士宮やきそばの文化を支える核となるのが「鉄板焼き店」。駄菓子屋さんに鉄板という形態は富士宮っ子の心のよりどころ。喫茶店や食堂、中華料理店、大衆酒場にだって富士宮やきそばはある。

【ろ】楽しむコツ

店主とお客が鉄板をはさんで向かい合うスタイルのお店では、目の前で焼く臨場感たっぷりのパフォーマンスが味わえる。ここはぜひ、優しい笑顔のおかあさんたちとの会話を楽しんでみよう。

【ろ】楽しむコツ

【は】バリエーション

富士宮やきそばと、富士宮お好み焼きを一度に味わえるのが「しぐれ焼き」。関西などで「モダン焼き」と呼ばれるものに似ている。地元では日常的に親しまれている味。

【は】バリエーション

ソース
「ワサビ印」「太陽」など地元ブランドを独自にブレンドする店が多い

肉かす
ラードを搾った後に残るかす。昔ながらのコクを出すのに欠かせない素材

紅ショウガ
酸味が脂っぽさを中和し、全体の味を引き締める。見栄えも良い

削り粉
イワシやサバなどの乾物を削ったもの。静岡の郷土料理全般を支える旨み

キャベツ
鮮度や品質にこだわり、季節によって切り方などを工夫。自家栽培する店もある

蒸し麺
市内の製麺所で長年作り続けられる、富士宮やきそば最重要食材。コシと歯ごたえが抜群

富士宮やきそば学会アンテナショップ

浅間大社のお参りの後は…
ノーマルな富士宮やきそば1種のほか、辛みを加えたアレンジシリーズも提供。富士宮やきそばパンをカップに詰めた「麺ブラン」300円(1日30食限定)もおすすめ。

富士宮やきそば学会アンテナショップ

基本の富士宮やきそば並盛450円、大盛600円。辛口は、唐辛子の種類と量を変えた4段階を用意(辛口はプラス50円)

カフェ ペイジ

[西富士宮駅から徒歩15分]唯一無二のカフェやきそば
築約100年の古民家を利用した居心地のいいカフェ。やきそばはオリーブオイルで炒めるというカフェらしい一品。自家製手ごねパンもご一緒に。

カフェ ペイジ

ペイジ特製富士宮やきそば(サラダ、パン付)1000円

カフェ ペイジ

店内は落ち着いて過ごせるシックな雰囲気

ひまわり

[富士宮駅から徒歩15分]トロトロ半熟玉子とソースのからみが絶妙
お酒も飲めるお好み焼き店として開店し40余年。豚肉とイカを麺やキャベツと一緒に炒めて、トロトロの半熟玉子焼きをのせた「ミックスそば」が看板メニュー。

ひまわり
ひまわり

ミックスそば600円。コクのあるソースをからませ、魚粉と青のりをたっぷりかける

さの

[富士宮駅から徒歩10分]地場産の新鮮な野菜がたっぷり
農家を営む店主の実家から届く新鮮な野菜がたっぷり。やきそばは、イカまたは豚肉入りの2種類。ラードは少なめに抑えている。

さの

焼きそば400円、大盛りは500円。うれしい目玉焼き付

ゆぐち

[富士宮駅から車で8分]活気ある雰囲気が◎の人気店
根強いファンをもつキムチ入りやホルモン入りなど、約15種類のやきそばが味わえ、ボリュームも満点。富士市に伝法店もオープンした。

ゆぐち

富士宮やきそば焼肉 1050円

ゆぐち

ふわふわのお好み焼きも人気の店

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください