コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【奥秩父・三峰】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【奥秩父・三峰】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

【奥秩父・三峰】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

by mapple

更新日:2019年3月16日

秩父エリアのなかでも山あいに位置し、自然が豊かなエリア。食事処では、四季の味覚も楽しみたい。

秩父湖

木々が映りこむ湖面が美しい
治水、灌漑、発電など多目的に利用するためのダム湖。湖水には山々が迫り、新緑や紅葉の映るさまが見事だ。

秩父湖

奥秩父連山に囲まれた湖。山と湖と四季の花を堪能

丸神の滝

迫力ある滝の眺めと紅葉が堪能できる
「日本の滝百選」に選ばれた名瀑。流れは3段に滑り落ちる。夏はみずみずしい緑に包まれて涼を誘い、秋は紅葉が一幅の名画を思わせる風情を漂わせる。四季折々の美しさがある。

丸神の滝

迫力ある美しい眺めが見事

おがの化石館

地元出土をはじめ世界の化石を展示
小鹿野町から出土された海獣パレオパラドキシアの骨格模型など、世界の化石を展示。2階からは1500万年ほど前に堆積した高さ約100m、幅約400mに及ぶ大露頭地層「ようばけ」が一望できる。

おがの化石館

館内には町内外から発掘された化石が展示されている

道の駅 龍勢会館

「龍勢祭」を年間通じて体験できる
秩父市吉田地区で最大の祭り、龍勢祭を紹介する場として設けられた。映像や、発射の瞬間を音と光で再現した龍勢櫓上部3分の1模型、龍勢製作の工程を解説したビデオなどを展示。

道の駅 龍勢会館

併設の「龍勢茶屋」では秩父の味覚が味わえる

龍勢祭

吉田地区の文化遺産
およそ400年続くといわれる秩父市吉田の伝統行事。龍勢とは松の丸太をくりぬいて火薬を詰め、竹竿にくくりつけて発射する手作りロケットのこと。毎年10月の第2日曜に、椋神社例大祭の付祭りとして30本ほど奉納、打ち上げられる。その歴史は古く、一説によれば天正3(1575)年に初めて打ち上げられたとも言い伝えられている。

龍勢祭

伝統を継ぐ27流派が龍勢を打ち上げる

【ココをCHECK!】青空に舞い上がる手作りのロケット

【ココをCHECK!】青空に舞い上がる手作りのロケット

天に昇る龍に似ていることから名付けられた。国重要無形民俗文化財

【ココをCHECK!】青空に舞い上がる手作りのロケット

落下傘にも各流派の工夫が凝らされている

大滝温泉遊湯館

個室休憩室がある日帰り温泉
リーズナブルな料金で気軽に楽しめる日帰り入浴施設。荒川の渓流が望める檜風呂と岩風呂はナトリウム塩化物温泉で、神経痛や花粉症の症状軽減、美肌効果が期待できると評判。

大滝温泉遊湯館

疲労回復に効果的な温泉

安田屋

卵でとじない名物カツ丼
小鹿野名物わらじカツ丼の元祖のお店。秘伝のタレでしっかりと味付けされた大きな2枚のカツは、やわらかいロース肉を使い、外はサクサク、中はジューシー。路地裏の民家にある隠れ家的な店。

安田屋

わらじカツ丼850円(2枚)。1枚でもかなりのボリューム

車澤うどん

もっちりうどんが評判
コシのあるうどんに定評がある和食の店。妙法ヶ岳の伏流水で手打ちし、洗練されたつやのあるうどんに仕上がっている。野菜ときのこの天ぷらがのった天セイロうどん1000円などがおすすめ。

車澤うどん

手間ひまかけて作られたうどんは絶品

きのこの里 鈴加園

素材のうまみが伝わる石器焼
名物の石器焼料理を食べられる店。昔この地方の木こりやいかだ乗りが、河原で焼いた石の上で魚や野菜、肉などを蒸し焼きにしたのが始まり。特製のタレをつけて食べる。

きのこの里 鈴加園

猪肉や肉厚しいたけを焼く石器焼コース 3240円

ちちぶ路

そばの里・荒川で味わう手打ちそば
旬の食材を使ったてんぷらが楽しめる、くるみ天ざるそばや季節限定の野菜天ぷら盛合せがおすすめ。天ぷらともち麦ごはんのセットや、ひれかつとのセットもある。

ちちぶ路

くるみのつゆが濃厚なくるみ天ざるそば 1350円

秩父ワイン

両神山麓で造った秩父の名物ワイン
地ワインの醸造所。初代の名のついた源作印ワインのほか、醸造元限定販売のワインもある。売り場の一角にある試飲コーナーではいろいろな味を無料で楽しめる。

秩父ワイン
秩父ワイン

秩父の名物ワイン。赤、白、ロゼ各720㎖1220〜1296円

秩父こんにゃく村

地元の厳選素材で作るこんにゃく
ふるさと両神直営のこんにゃく製品直売店。ゼリーなどの多様なこんにゃく製品が並ぶ。豆乳入りのヘルシーラーメンなど新商品を次々と開発。食べ放題のみそおでんも名物。

秩父こんにゃく村

両神山の湧き水と特産のこんにゃく芋で作る

中津峡

紅葉が美しい奥秩父の渓谷
中津川の清流と緑豊かな木々、奇岩などの眺めが素晴らしい。とりわけ10月下旬~11月中旬にかけての紅葉シーズンには山肌一面が真っ赤に色づき壮観だ。周辺にはキャンプ場などもある。

中津峡

渓谷が彩る紅葉の時季はとくにおすすめ

SLパレオエクスプレス

蒸気機関車で行く秩父路
熊谷~三峰口間を約2時間40分で走るSL列車。出発は熊谷駅。乗車券のほかに、整理券または座席指定券が必要。停車駅は始点、終点含め8か所。

【運行スケジュール】
毎年3月下旬~12月上旬の土・日曜、祝日を中心に不定期運転(運転日は事前に確認)
所要時間 片道約2時間40分(約57km)
購入方法 SL座席指定席(1両)は窓口販売のみ。JR東日本管内のみどりの窓口・びゅうプラザにて、運転日の1か月前(11:00~)から2日前まで販売。SL整理券(自由席3両)は窓口販売ほか、電話予約、WEB予約が可能。
【窓口販売】秩父鉄道のSL停車駅、JR東日本管内のみどりの窓口・びゅうプラザ、東武トップツアーズ、西武トラベル、JTB、近畿日本ツーリスト各支店にて、運転日の1か月前から2日前まで販売。
【電話予約】秩父鉄道SL係(048-523-3317、9:00~17:00)にて、運転日の1か月前(9:00~)から前日の15:00まで受付。
【WEB予約】秩父鉄道HP専用フォームにて、運転日の1か月前(9:00~)から前日の15:00まで受付。
料金 座席指定券720円、自由席整理券510円(乗車券が別途必要)

SLパレオエクスプレス

運行日が限られているので、最新の運行状況はWEBで確認を

SLパレオエクスプレス

車窓を流れる秩父の絶景が楽しめる

SLパレオエクスプレス

客車内はレトロな昭和の雰囲気

筆者:mapple

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×