トップ > 全国 > 関東・甲信越 > 首都圏 > 熊谷・行田

熊谷・行田

熊谷・行田のおすすめのスポット

ガイドブック編集部が厳選した熊谷・行田のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。聖天山 歓喜院,赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学),さきたま古墳公園など情報満載。

熊谷・行田のおすすめのスポット

  • スポット:190 件
  • 記事:14 件

1~10 件を表示 / 全 190 件

聖天山 歓喜院

250年の時を経て復活した彫刻

日本三大聖天の一つ。古来より縁結びの神様として厚い信仰を集めている。「埼玉日光」の別名もある本殿は豪壮な彫刻が施されている。

聖天山 歓喜院
聖天山 歓喜院
聖天山 歓喜院
聖天山 歓喜院

聖天山 歓喜院

住所
埼玉県熊谷市妻沼1511
交通
JR上越新幹線熊谷駅から朝日バス太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前行きで25分、妻沼聖天前下車すぐ
料金
本殿彫刻拝観料=700円/

赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学)

アイス「ガリガリ君」工場の裏側に潜入

年間販売本数が約4億本以上という、国民的な人気を誇るアイスキャンディー・ガリガリ君を製造する赤城乳業の工場では、その一部を見学することができる。工場内には愉快なガリガリ君らしい、遊び心にあふれた仕掛けが盛りだくさん。アイスの試食やゲームなど、子どもたちに大人気だ。

赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学)
赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学)
赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学)
赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学)

赤城乳業 本庄千本さくら『5S』工場(見学)

住所
埼玉県本庄市児玉町児玉850-10
交通
JR高崎線本庄駅からタクシーで20分
料金
無料

さきたま古墳公園

古墳時代にタイムスリップ

9つの大型古墳が集まる埼玉古墳群を保護し、散策を楽しめるように整備された歴史公園。約37haある古墳公園内には、「稲荷山古墳」や、日本一の規模を誇る円墳「丸墓山古墳」などが点在している。敷地内には、さきたま史跡の博物館もあり、国宝展示室では貴重な品々を鑑賞できる。

さきたま古墳公園
さきたま古墳公園
さきたま古墳公園

さきたま古墳公園

住所
埼玉県行田市埼玉、渡柳、佐間、堤根地内
交通
JR高崎線行田駅から行田市内循環バス観光拠点循環コース左回りで15分、埼玉古墳公園前下車すぐ
料金
入園料=無料/さきたま史跡の博物館入館料=大人200円、高・大学・専門学校生100円/

風布にじます釣り堀センター

自分で釣ったにじますを食べよう

自分で釣ったにじますを、その場で備長炭で調理して食べることができる管理釣り場。施設はバリアフリー対応なので赤ちゃんからお年寄りまで楽しく、季節の山菜料理を楽しめる。自然を間近に感じ、人気のテラス席ではペット連れでも安心して食事や休憩ができる。

風布にじます釣り堀センター
風布にじます釣り堀センター
風布にじます釣り堀センター
風布にじます釣り堀センター

風布にじます釣り堀センター

住所
埼玉県大里郡寄居町風布1955
交通
秩父鉄道寄居駅からタクシーで15分
料金
入場料(1名)=200円/貸し竿(えさ付き、1本)=200円/にじます(100g)=400円/炭火焼き代(1匹)=150円/

行田市郷土博物館

戦国合戦絵巻の舞台

忍城は水攻めの合戦後、江戸時代には忍藩の政庁が置かれたが、明治以降に廃城となった。その本丸跡地にある歴史博物館が「行田市郷土博物館」。三階櫓(さんそうやぐら)を模した博物館の建物内では、忍城をはじめ行田の郷土資料を数多く展示。現在、城跡の全域は「水城公園」として整備され、公園内の大きな池が、かつて沼地にあった忍城の姿をしのばせる。

行田市郷土博物館
行田市郷土博物館

行田市郷土博物館

住所
埼玉県行田市本丸17-23
交通
秩父鉄道行田市駅から徒歩15分
料金
大人200円、高・大学生100円、小・中学生50円(20名以上の団体は2割引、要支援・要介護認定者は介護保険被保険者証持参、障がい者手帳持参で本人と介護者1名無料)

八幡山古墳

週末・祝日は石室内も見学可能

石室が地上に露出していることから「関東の石舞台」と呼ばれる古墳。昭和10(1935)年の調査では、中から銅椀や直刀の破片などが出土した。また公園内には、万葉貴跡・防人藤原部等母麿遺跡の碑も建っている。

八幡山古墳
八幡山古墳

八幡山古墳

住所
埼玉県行田市藤原町1丁目27-1
交通
JR高崎線行田駅から行田市内循環バス南大通りコースで15分、藤原町下車すぐ
料金
情報なし

羽生パーキングエリア(上り)

SAクラスの充実ぶりがうれしい

平成25(2013)年12月、作家池波正太郎の小説に登場する『鬼平犯科帳』の世界観をイメージした造りにリニューアル。再現された江戸時代の雰囲気や食をぜひ味わいたい。

羽生パーキングエリア(上り)
羽生パーキングエリア(上り)
羽生パーキングエリア(上り)
羽生パーキングエリア(上り)

羽生パーキングエリア(上り)

住所
埼玉県羽生市弥勒五軒1686
交通
東北自動車道館林ICから羽生IC方面へ車で5km
料金
一本うどん=800円/天南そば(本所さなだや)=950円/大海老天丼(万七)=1280円/くず餅(船橋屋)=390円~/

古代蓮会館

田んぼアートを見るなら古代蓮会館展望室へ

水田をキャンバスに見立て、色の異なる複数の稲を植え付け、図柄を描く田んぼアート。古代蓮の里の東側の田んぼで制作しているため、アートを見るなら古代蓮会館の展望室がベストポイント。時期は7月中旬~10月中旬がおすすめだ。また展示室では1年中、行田の自然や蓮の花について学習できる。

古代蓮会館
古代蓮会館
古代蓮会館
古代蓮会館

古代蓮会館

住所
埼玉県行田市小針2375-1
交通
秩父鉄道行田市駅から行田市内循環バス観光拠点循環コース右回りで15分、古代蓮の里下車すぐ
料金
大人400円、小人200円(20名以上の団体は大人320円、小人160円、障がい者手帳持参で本人と同伴者1名半額)

元祖 熊谷うどん 福福

熊谷産地粉100%使用の手打ちうどん

国産・無添加にとことんこだわり地元産の小麦粉だけを使い、ブランド化したもちもちの熊谷うどんが食べられる。うどんのおみやげ販売も行っている。

元祖 熊谷うどん 福福
元祖 熊谷うどん 福福
元祖 熊谷うどん 福福

元祖 熊谷うどん 福福

住所
埼玉県熊谷市妻沼1861-21階
交通
JR上越新幹線熊谷駅から朝日バス太田駅・西小泉駅・妻沼聖天前行きで25分、妻沼聖天前下車、徒歩10分
料金
肉汁うどん(並盛)=750円/

十万石 行田本店

素材と味にこだわるまんじゅう

「うまい、うますぎる」のフレーズで親しまれている埼玉を代表する老舗和菓子店。人気の十万石まんじゅうは、厳選した素材で作った薯蕷(じょうよ)まんじゅうで秘伝のこし餡を使用している。

十万石 行田本店
十万石 行田本店
十万石 行田本店
十万石 行田本店

十万石 行田本店

住所
埼玉県行田市行田20-15
交通
秩父鉄道行田市駅から徒歩5分
料金
十万石まんじゅう=1344円(10個入)、1965円(15個入)/彩の国ぽてと=1247円(6個入)/さきたま餅=1252円(8個入)/

ジャンルで絞り込む

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください