>  >  >  >  > 

【静岡・掛川】茶文字の里・東山をぐるり! 茶草場農法の聖地

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年1月13日

この記事をシェアしよう!

【静岡・掛川】茶文字の里・東山をぐるり! 茶草場農法の聖地

新東名高速道路を西へ向かって走ると「茶」の文字が目に入ってきます。
「あれって何だろう?」と思う方も多いはず。
そこは、150年以上も「茶草場農法」を守り続け、かつてと変わらぬ姿をずっと保っている知る人ぞ知る掛川市の奥地。
失われつつある日本の原風景を山頂から眺めてみませんか。

茶草場農法の聖地!

茶草場農法とは茶畑の畝間に、ススキやササなどを刈敷く伝統農法のこと。世界中で22か国62地域でしか認定されていない世界農業遺産の一つで、東山地区一帯がこの農法を守っている。茶草を敷くことで土壌が育まれ、味や香りのよいお茶ができると言われている。

東山地区MAP

茶草場農法の聖地!

茶草を乾燥させた茶草の塔「かっぽし」

茶草場農法の聖地!

刈った茶草は茶畑の畝間に敷かれる

茶草場農法の聖地!

茶草場は生物の宝庫で、珍しい昆虫や植物が豊富

茶草場農法の聖地!

茶畑の間にある半自然草地が、茶園に敷く草を刈り取るための「茶草場」だ

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

茶畑を一望しながらひと息

ハイキング客にも人気の粟ヶ岳。その山頂に休憩施設が2019年5月にオープン。1階にカフェレストランと茶草場農法の映像シアター、2階に展望テラスとギャラリースペースがある。夏季限定で日光のかき氷も用意。

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

かっぽしランチ 1200円

11:00〜14:00の平日20食・土日祝30食限定の名物ランチ

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

あわんたけビーフカレー 1100円

クチナシを使った色鮮やかなご飯が食欲をそそる

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

掛川産の材木を使っていて、通り抜ける風が心地よい

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

秋〜冬の茶畑に並ぶ茶草の「かっぽし」をイメージした建物

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

茶草場テラスから東山地域全体を眺められる

① 粟ヶ岳世界農業遺産 茶草場テラス

天気がよければ、富士山や伊豆半島などが一望できる

粟ヶ岳世界農業遺産茶草場テラス

住所
静岡県掛川市東山1050-1
交通
東名高速道路掛川ICから国道1号を粟ヶ岳方面へ車で18km
料金
入館料=無料/かっぽしランチ=1200円/あわんたけビーフカレー=1100円/

② 東山いっぷく処

地元の名産品がズラリ

東山の深蒸し茶をはじめ、地元で採れた新鮮な野菜や手作りのお惣菜など魅力のあるものばかり。陽気な店員さんが試飲させてくれるお茶は、まるでだしのような味にビックリ! 地元情報などもたっぷり教えてくれる。いっぷくどころか、満腹になるほどの大満足をお約束。

② 東山いっぷく処

まぼろしの茶まんじゅう 90円

つぶあんとこしあんの2種類

② 東山いっぷく処

一口羊羹は登山客やおみやげに人気。店で食べてもOK

② 東山いっぷく処

外にイスも用意されている

東山いっぷく処

住所
静岡県掛川市東山1173-2
交通
JR東海道新幹線掛川駅から掛川バス東山行きで32分、終点下車すぐ
料金
まぼろしの茶まんじゅう=90円(1個)/

③ 粟ヶ岳山頂 阿波々神社

霊験あらたかな名所

736年に創建されたと言われている由緒ある神社。桜の名所としても有名で、子授け・安産の神様である阿波比賣命が御祭神だ。境内奥には遊歩道が整備されていて、厳かな自然の中を散策できる。

③ 粟ヶ岳山頂 阿波々神社

遠州七不思議「無間の鐘」を埋めた井戸の跡も残る

③ 粟ヶ岳山頂 阿波々神社

巨石群には圧倒されるはず

粟ヶ岳山頂 阿波々神社

住所
静岡県掛川市初馬5419
交通
JR東海道新幹線掛川駅から掛川バスサービス東山行きバスで31分、終点下車、徒歩45分
料金
無料

④ 旅ノ舎

地元の人と触れ合おう

体験型古民家宿。宿泊だけではなく、地元お茶農家さんとの茶摘みやタケノコ掘り、里山ランチなど、春夏秋冬を通して里山体験ができる。お茶の生育方法や様子などもていねいに教えてくれる。まるでこの場所に住んでいるかのような体験は貴重な思い出になるはず。

④ 旅ノ舎

季節により縁側カフェもオープン

旅ノ舎

住所
静岡県掛川市大野1708

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください