コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【伊豆】かわいい動物たちに出会えるスポットをチェック!

【伊豆】かわいい動物たちに出会えるスポットをチェック!

by mapple

更新日:2018年2月19日

伊豆には動物テーマパークが多数ある。誰もが笑顔になるふわふわ小動物から、マニアがうなる希少動物まで。ふれあいが楽しめる子もいるので、ぜひ足を運んで実物に会おう!

体感型動物園iZoo

爬虫類・両生類好きなら見逃せない
日本最大級の爬虫類・両生類専門の動物園。「体感型」として、えさやり体験(有料)や実際にふれながらの記念撮影などができ、毛のある動物とは違った、独特の感触が確かめられるのは貴重な体験だ。

ヒロオビフィジーイグアナ
「世界一美しいイグアナ」と呼ばれるトカゲ。日本ではここでしか見ることができない。

ガラパゴスリクイグアナ
ガラパゴス諸島固有種で、世界で初めて展示が実現。成長すると体長1mほどになる。

この子がかわいい!

カメの好物はチンゲン菜。えさやり体験もできるので、のんびり味わうカメの様子を間近で観察してみよう。

アルダブラゾウガメ
世界で最も寿命が長いといわれるゾウガメ。体重30kg以下の子どもは背中に乗ることもできる。

伊豆アニマルキングダム

大接近!大迫力!の動物王国
草食動物が放し飼いになっている中を歩いて見学するウォーキングサファリや、バックヤードツアー、えさやりやふれあいなど、動物を間近に観察することができる。ありのままの動物の姿に、驚き・発見・感動の連続だ。

ミナミシロサイ
ここではなんとサイに触ることもできるのだ。さて、その触り心地とは…? 体験して確かめよう。

ミナミコアリクイ
つぶらな瞳がかわいい癒し系。でも意外なほど強い爪を持ち、綱渡りが得意。

この子がかわいい!

レストランではガラス越しにホワイトタイガーを見ることができる。食事中に力強い大ジャンプが間近で見られるかも!?

ホワイトタイガー
白い毛並みが神秘的。えさやりなどで大接近すると、その迫力に圧倒される!

熱川バナナワニ園

迫力系と癒し系のコラボした熱帯の楽園
湯煙が立ち上る熱川駅のすぐそば。この温泉熱を利用して、世界のワニ17種約140頭が飼育されている。また、ニシレッサーパンダやアマゾンマナティなど、日本でもここだけでしか会えない動物もいる興味深い施設。

ニシレッサーパンダ
16頭いるニシレッサーパンダ。人間同様、それぞれ顔が違い、それぞれがカワイスギ!

アマゾンマナティ
来園約50年にして「じゅんと」と名付けられた。性格は穏やかで人懐っこく愛嬌がある。

この子がかわいい!

ガラス越しにワニが立っている姿を見られるのもここの特徴。のんびり温泉に浸かる脱力系のワニの意外な姿にギャップ萌え!? 

ワニ(クロコダイル科)
普段は動きの少ないワニたち。実はとても賢くて、周囲の状況をじっと観察しているとか。

下田海中水族館

イルカと一緒に遊べる自然を利用した水族館
自然の入り江を利用した海中水族館で、イルカをはじめ、海の生物がのびのび暮らしている。イルカとは一緒に泳いだり、えさをあげたりでき、その距離の近さとフレンドリーさにびっくり。ショーも充実している。

フンボルトペンギン
餌付けショーでは愛らしい姿が間近で見られる。そのあとの記念撮影は行列のできる人気イベント。

ゴマフアザラシ
アザラシ館でのショーのあとは、体にタッチすることもできる。その感触がたまらなく気持ちいい!

この子がかわいい!

親しみある表情から一転、ショーでは迫力あるジャンプやトレーナーとの息の合ったパフォーマンスを見せ、身体能力の高さに驚く。

バンドウイルカ
人懐っこく好奇心が旺盛。まるで笑っているかのような表情にこちらまでうれしくなる。

伊豆・三津シーパラダイス

富士山をバックにイルカが跳ねる!
「みとしー」の愛称で親しまれている、天然の入り江を利用した水族館。イルカやトドなどの海獣をはじめ、深海魚や川の展示もありバラエティ豊か。ふれあいイベントやショーもあり一日たっぷり遊ぶことができる。

コツメカワウソ
「みとしー」のニューアイドル。握手ができるイベントもあり、愛嬌ある表情にメロメロ。

セイウチ
「みとしー」で一番大きな動物。お食事タイムのパフォーマンスは必見。

この子がかわいい!

つるつる肌に触れたり、魚をあげたり、イルカにつかまって一緒に泳ぐこともできるなど、イルカとふれあえるイベントが目白押し。

バンドウイルカ
水族館のトップアイドル。海ショーステージではトレーナーとの水中ショーも披露。

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×