>  >  >  >  >  >  道産野菜たっぷりのスープカレー! 札幌で食べるならこの店!

道産野菜たっぷりのスープカレー! 札幌で食べるならこの店!

道産野菜たっぷりのスープカレー! 札幌で食べるならこの店!

北海道産の新鮮野菜がたっぷり味わえる食べごたえ十分なスープカレー。
濃厚系からさっぱり系までさまざまなジャンルがあり、スパイスやだしにこだわっているので、食材のうまみがとことん堪能できます。
トッピングや、辛さを選んで自分好みの一杯を頼んでみましょう。

目次

  • スープカレーの豆知識
  • スープカレーGARAKU
  • ピカンティ 札幌駅前店
  • Rojiura Curry SAMURAI. さくら店
  • SOUL STORE
  • カレー&ごはんカフェ ouchi
  • 奥芝商店 駅前創成寺
  • soup curry Suage+

スープカレーの豆知識

●歴史●

札幌で約30年前に誕生。たっぷりの具材が入ったスープとライスのセットが提供される。

●スープ●

鶏ガラや魚介ベースの和風だしが効いたものなど、店の特徴が光る。

●具材●

肉や魚介などのメイン具材に大きくぶつ切りにした野菜が入るのが基本。

●辛さ●

辛さの段階を選べる店が多いので辛いのが苦手という人も安心。

 

●トッピング●

別料金にはなるが1個100〜300円ほどで具材の追加ができる店がほとんど。

スープカレーの食べ方

食べ方① 浸す

スプーンですくったライスをスープに浸けてひと口ずつ食べる。

食べ方② かける

スープをご飯にかける。とろみのあるスープにおすすめ。

食べ方③ 入れる

ライスをまとめてスープに入れておじや風にして食べる。

スープカレーGARAKU

コクうま×秘伝スパイス×和風だしの行列店

鶏ガラ・もみじ・鶏レッグと豚骨、野菜のうまみを凝縮したスープに、鰹節4種を使った和風だしをプラスしたスープが特徴。開店直後から昼どきは混み合うので早めの入店を。【大通】

スープカレーGARAKU

やさい15品目大地の恵み+炭炙り角煮トッピング 1360円

じゃがいもやにんじんなど野菜がたっぷり。道産豚を使った角煮のトッピングがおすすめ

<ポイント>
うまみがギュッと詰まったまろやかスープは、また食べたくなる!

<スープカレーDATA>
スープ:ややこってり
辛さ:40段階
おすすめトッピング:炙りチーズ110円、炙りベーコン160円

スープカレーGARAKU

りょうばあちゃんのザンギ 360円

店主の母のレシピで作る特製ザンギ。トッピングにしても◎

スープカレーGARAKU

「アーリーアメリカン」がコンセプトの店内

スープカレー GARAKU 札幌本店

住所
北海道札幌市中央区南二条西2丁目6-1 おくむらビル 地下1階
交通
地下鉄大通駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:00(閉店15:30)、17:00~22:30(閉店23:00、スープがなくなり次第閉店)
休業日
不定休
料金
上富良野ラベンダーポーク豚しゃぶと7種のきのこの森=1250円/ライス大盛(11:30~15:00)=無料(トッピングサービス有)/りょうばあちゃんのザンギ(4個)=350円/ 平均予算(昼):1100円, 平均予算(夜):1100円

ピカンティ 札幌駅前店

札幌駅近くで味わう老舗のスープカレー

北海道大学近くに本店があり、その味が街ナカで味わえると好評。たっぷりの野菜とスパイスのバランスが絶妙な味わいの一皿が楽しめる。【札幌駅周辺】

ピカンティ 札幌駅前店

チキンレッグ 1100円

スープは濃厚系とあっさり系、トマト系の3種から選べるのがうれしい

<スープカレーDATA>
スープ:ややあっさり
辛さ:7段階
おすすめトッピング:プレミア舞茸200円

ピカンティ 札幌駅前店

星空の旅人ラッシー 450円~

標茶の牧場のヨーグルトを使う濃厚な味わいのラッシー

ピカンティ 札幌駅前店

オーダー後に席につくスタイルを採用

ピカンティ 札幌駅前店

住所
北海道札幌市中央区北二条西1丁目8-4 青山ビル 1階
交通
JR札幌駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~22:00(閉店22:30)、土・日曜、祝日は8:30~10:30(L.O.、朝メニューのみ)、11:00~22:00(閉店22:30)
休業日
水曜
料金
チキンレッグ=960円/朝スープカリィ(8:30~11:00、ホットコーヒー付き<チキン、プレミア舞茸から選択>)=各750円/サクッとPICAチキン=990円/野菜のすすめ=990円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

Rojiura Curry SAMURAI. さくら店

化学調味料を使わず体にやさしい黄金スープ

大量の野菜と鶏・豚骨・煮干し・鰹節などをまる2日間煮込んだ無添加スープが自慢。道内の契約農家から直送している野菜を使っているのも魅力だ。【すすきの】

Rojiura Curry SAMURAI. さくら店

チキンと一日分の野菜20品 1400円(税別)

野菜たっぷり。チキンレッグはパリパリかやわらかいのかを選べる

<スープカレーDATA>
スープ:ややこってり
辛さ:11段階
おすすめトッピング:さくさくブロッコリ250円(税別)

Rojiura Curry SAMURAI. さくら店

プレーンラッシー 400円(税別)

自家製ヨーグルトを使い、甘さ控えめ。程よい酸味が飲みやすい

Rojiura Curry SAMURAI. さくら店

階段や手すりなどに桜の木を使用している

Rojiura Curry SAMURAI. さくら店

住所
北海道札幌市中央区南三条西6丁目1-3 ティアラ36ビル 2階

SOUL STORE

野菜LOVEの店主が作るヘルシースープカレー

鶏ガラや香味野菜、フルーツなどを煮出した濃厚鶏スープに、魚介ベースのだしをブレンドしたスープカレーで人気。野菜の旨味を凝縮した「クラシック」がおすすめ。【狸小路】

SOUL STORE

季節の旬菜カリー 1350円

大きな揚げごぼうと15〜20種類の野菜が日替わりで入る

<スープカレーDATA>
スープ:普通
辛さ:5段階
おすすめトッピング:大地のザンギ300円

SOUL STORE

カフェレモネード 400円

コーヒーとレモネードがミックスされた新感覚のドリンク

SOUL STORE

シンプル・シックをテーマにした落ち着いた雰囲気の店内

SOUL STORE

住所
北海道札幌市中央区南三条西7丁目3-2 F-DRESS 7 BLD 2階
交通
地下鉄すすきの駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
11:30~15:00、17:30~20:30
休業日
不定休
料金
鶏団子とパリパリ揚げごぼうのカリー=1100円/カフェレモネード=400円/

カレー&ごはんカフェ ouchi

隠れ家的カフェでいただくスープカレー

狸小路のはずれにたたずむスープカレーとヨーロッパ家庭料理のごはんカフェ。スープカレーはじっくり煮込んだスープが絶品。パフェなどスイーツも充実。【狸小路周辺】

カレー&ごはんカフェ ouchi

チキンと16種の野菜スープカレー 1400円(税別)

やわらかいチキンレッグに、16種の野菜がたっぷり入る

<スープカレーDATA>
スープ:ややこってり
辛さ:20段階
おすすめトッピング:炙りカチョカバロ200円

カレー&ごはんカフェ ouchi

スモアパフェ 820円(税別)

マシュマロ串と小さなグラスに入ったパフェ

カレー&ごはんカフェ ouchi

17席ほどのこぢんまりとした店内

カレー&ごはんカフェ ouchi

住所
北海道札幌市中央区南三条西7丁目7-26
交通
地下鉄大通駅から徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
11:30~22:00(閉店23:00)
休業日
不定休(12月29日~翌1月2日休)
料金
チキンまたは角煮(さらさら・とろとろ)=1080円/きのこ野菜(さらさら・とろとろ)=980円/チキンまたは角煮と16種の野菜(さらさら・とろとろ)=1480円/シーフード(さらさら・とろとろ)=1580円/ouchiランチプレート=850円/飲み放題90分=1280円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1500円

奥芝商店 駅前創成寺

リッチなエビスープと新鮮な旬の素材が楽しめる

濃厚でコクのある、えびスープで人気を博す「奥芝商店」の支店。この店舗でしか味わえない燻製えびスープも楽しめる。鉄板焼きのメニューがあるのも特徴。【札幌駅周辺】

奥芝商店 駅前創成寺

骨付き鶏と旬の野菜カリー 1450円

契約農家から仕入れる旬の野菜とやわらかいチキンレッグが入る

<スープカレーDATA>
スープ:ややこってり
辛さ:12段階
おすすめトッピング:小おくしばーぐ250円

奥芝商店 駅前創成寺

宗谷黒牛100%おくしばーぐカリー 1680円

鉄板で焼く道産牛100%のハンバーグは絶品!

奥芝商店 駅前創成寺

和風の照明が印象的なくつろげる店内

奥芝商店 駅前創成寺

住所
北海道札幌市中央区北四条西1丁目 ホクレンビル B1階
交通
JR札幌駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(L.O.)
休業日
不定休
料金
やわらかチキンレッグと野菜カリー=1210円/創成寺カリー=1450円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):1500円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×