トップ > 東北 > 南東北 > 仙台・松島 > 松島・塩竈 > 

【塩竈】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

シュープレス

更新日:2021年12月9日

この記事をシェアしよう!

【塩竈】で人気!おすすめの観光・グルメ・ショッピングスポット

日本有数のまぐろの水揚げ高を誇る港町。「しおがまさま」の名で親しまれる鹽竈神社の門前町としても栄え、蔵造りの建物や古い商家など歴史の面影を残す街並みが広がる。そんな塩竈のおすすめスポットをご紹介!

見る

塩竈市杉村惇美術館

塩竈ゆかりの画家の作品を展示
昭和21(1946)年から約20年間を塩竈で過ごした洋画家、杉村惇の美術館。塩竈の風景を描いた油彩画などを常設展示している。コーヒーや焼き菓子を味わえるカフェを併設。

塩竈市杉村惇美術館

杉村惇が生涯をかけて追求した静物画を中心に展示

塩竈市杉村惇美術館

住所
宮城県塩竈市本町8-1
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分
料金
入館料=大人200円、高校生100円、中学生以下無料、企画展は別料金/

ビルドスペース

気軽に親しむギャラリーショップ
国内外のアーティストの展覧会やワークショップを開催しているギャラリー。気軽にアートに親しめるように、ポストカードやオリジナルグッズなどを買えるアートショップを併設している。

ビルドスペース

ビルドフルーガス

住所
宮城県塩竈市港町2丁目3-11
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩5分
料金
企画展=展示により異なる/リサ・シナーのポストカード=150円/

a good table Chariot

彩り豊かなヴィーガン料理
シェフが懇意にする秋保の農家から仕入れた、有機栽培の野菜を多く扱う。米粉や豆乳のスイーツ、穀物で淹れるヴィーガンコーヒーなど、体にやさしい料理を堪能できる。

電話番号:022-352-7250
営業時間:11:00~16:00(土・日曜は~17:00)、ランチは11:00~15:00(完全予約制)
定休日:木曜
住所:塩竈市新浜町3-1-55
交通:JR東塩釜駅から徒歩18分

a good table Chariot

ヴィーガンローのコース料理2750円

食べる

廻鮮寿司 塩釜港

高級ネタを気軽に楽しめる
塩竈の市場で35年間働いた経歴を持つ目利きの社長が、みずから仕入れに出向き素材を厳選。新鮮で大ぶりなネタの寿司が安価に楽しめるとあって、週末には長蛇の列ができる。

廻鮮寿司 塩釜港

大トロ880円

廻鮮寿司 塩釜港

住所
宮城県塩竈市野田18-1
交通
JR東北本線塩釜駅から徒歩10分
料金
中とろ=500円/びんとろ=300円/活ほたて=500円/

おさんこ茶屋

ふんわり食感の手作り団子が絶品
江戸時代から続く老舗茶屋。昔ながらの製法で作る団子や餅は、その日の分だけ仕込むためやわらかな食感を楽しめる。テイクアウトできるので、食べ歩きにもおすすめ。

おさんこ茶屋

あんこやごまなど5種類を味わえる五色だんご670円

おさんこ茶屋本店

住所
宮城県塩竈市本町11-12
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分
料金
五色だんご=620円(1皿)/づんだ餅=480円(1皿)/

カフェはれま

明治初期の佇まいを残したカフェ
老舗旅館をリノベーションしたカフェ。落ち着いた雰囲気の店内では、ふわふわのシフォンケーキや塩竈の銘菓を味うことができる。2・3階に「まちかど博物館」(有料)を併設。

電話番号:090-4557-1671
営業時間:11:00~17:00
定休日:水・木曜、不定休あり(博物館は月~金曜)
住所:塩竈市本町3-9
交通:JR本塩釜駅から徒歩6分

カフェはれま

「旧ゑびや旅館」の面影を残した外観

和み処 男山

地酒と寿司のマリアージュ
塩竈の阿部勘酒造が手がける和食店。「日本酒と合わせることで完成する料理」をコンセプトに、寿司やつまみなどを仕立てる。自社の酒は、常時10種類以上を用意。

電話番号:022-364-4784
営業時間:17:30~22:00(完全予約制)
定休日:日曜、祝日
住所:塩竈市本町10-26
交通:JR本塩釜駅から徒歩5分

和み処 男山

コース料理は6個の升に入った運ばれる

買う

マリンゲート塩釜

塩竃みやげが豊富にそろう
塩竈の海を間近に感じ、見て食べて買って楽しむ観光施設。物産店や軽食コーナーがあるほか、船の甲板を模したオープンデッキからは、潮風に吹かれながら海を眺められる。

マリンゲート塩釜

松島への遊覧船の起点にもなっている

マリンゲート塩釜

住所
宮城県塩竈市港町1丁目4-1
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩10分
料金
店舗により異なる

丹六園

しそが香る上品な甘さの菓子
享保5(1720)年創業の和菓子店。鹽竈桜の模様入りで、もち米と青じそを使った銘菓「志ほがま」を製造・販売。一枚一枚木型で手づくりするなど、伝統の製法を守り続けている。

丹六園

志ほがま(大)1100円、(小)600円

丹六園

住所
宮城県塩竈市宮町3-12
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩3分
料金
志ほがま=1100円(大)、600円(小)/

浦霞 酒ギャラリー

鹽竈神社の御神酒酒屋を務める老舗
鹽竈神社に御神酒を奉納する蔵元「浦霞醸造元 佐浦」併設の店舗。店内では浦霞商品のほか、宮城県内の作家の酒器なども展示販売。おちょこを購入しての試飲サービスもある。

浦霞 酒ギャラリー

創業享保9(1724)年の老舗蔵元

浦霞 酒ギャラリー

住所
宮城県塩竈市本町2-19
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩7分
料金
純米吟醸浦霞禅=2333円(720ml)/生一本浦霞=2916円(1.8リットル)/蔵の華純米吟醸浦霞=1987円(720ml)/

CLOSE UP!鹽竈神社帆手まつり

日本三大荒神輿のひとつ
火伏や厄除け、繁栄を願い開かれる祭り。塩竈の春の風物詩として親しまれている。重さ約1tの大神輿を若者たちが担ぎ、鹽竈神社の202段の石段を上り下りするさまは壮観。

CLOSE UP!鹽竈神社帆手まつり

表参道の急な石段を神輿が下る様子は圧巻

鹽竈神社帆手まつり

住所
宮城県塩竈市鹽竈神社ほか市内一円
交通
JR仙石線本塩釜駅から徒歩15分
料金
要問合せ

取材memo
「伝統的な製塩法で作られる『塩竈の藻塩』」 古くから伝わる製塩法にならい海水を海藻で濾して竈で炊き上げて作る藻塩は、ミネラルがたっぷりでまろやかな味わいが特徴。「しおがま・まちの駅」など、市内各所で購入できる。

仙台、東北地区のおでかけ情報を発信します。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください