コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【上田】真田幸村ゆかりの地!おすすめスポット!

【上田】真田幸村ゆかりの地!おすすめスポット!

by mapple

更新日:2018年8月19日

2016年大河ドラマの主人公・真田信繁(幸村)ゆかりの地として注目を集めた上田。上田城跡公園をはじめ、壮大な歴史のロマンを感じる町を歩いてみよう。おみやげやご当地グルメも要チェック!

真田信繁(幸村)

大坂冬の陣における「真田丸の戦い」では徳川勢を次々に撃退。夏の陣でも果敢な戦いの末に討死し「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と称された。

我が故郷・上田へいざ出陣!
JR上田駅前では信繁(幸村)の騎馬像がお出迎え

上田城跡公園

真田の名を世に知らしめた鉄壁の守りを誇る名城
1583(天正11)年、真田昌幸によって築城。徳川軍を2度も退け、難攻不落の城として真田家とともにその名を轟かせた。現在は公園として整備され、市民の憩いの場となっている。

緑が多く、春は桜の名所としても有名

上田市立博物館

貴重な資料から紐解く真田家と上田の歴史
上田藩に関するものやかつての主要産業であった養蚕に関するものなど、中世以降の上田についての資料や文化財を展示。別館では真田氏関連などさまざまな企画展を開催している。

真田昌幸の具足など、歴史マニアにはたまらない展示が多数

城にただひとつ残る櫓に資料を展示したのが始まり

西櫓(にしやぐら)
江戸時代初期の建造当初そのままの場所と姿で現存する、県宝にも指定されている貴重な櫓。周辺からは城の南側の景色を一望できる。

真田井戸(さなだいど)
本丸唯一の大井戸。中には横穴があり、城のはるか北方にある太郎山や上田藩主居館に続く抜け穴として使われていたという伝説も残る。

眞田神社

真田一族を祀る眞田神社で知力を授かろう
上田城本丸跡に鎮座する神社。真田家を筆頭に、仙石家や松平家の歴代上田藩主を祀っている。戦略家であり、知将として知られる信繁(幸村)にあやかり知恵の神様として人気。

池波正太郎真田太平記館

真田家を描いた池波文学の世界に浸る
時代小説の大家・池波正太郎と、その代表作『真田太平記』の魅力を紹介する文学館。館外の蔵にはギャラリーとシアターがあり、小説の挿絵原画や迫力の映像を楽しめる。

貴重な取材ノートなども展示された真田太平記コーナー

見学の所要時間は約1時間半と見ごたえたっぷり

岡崎酒造

信州の名水と米で造る名酒
全国でも数少ない女性が杜氏を務める1665(寛文5)年創業の蔵元。ひとごこちや美山錦といった長野県産の米と菅平水系の水を使って造る酒は、女性ならではの繊細な味わいが特長。

店はかつて宿場町として栄えた柳町にある

ルヴァン信州上田店

信州の自然が見える!?天然酵母パン
柳町にある天然酵母パンの人気店。2階には畳カフェ「茶房 烏帽子」を併設しており、パンやドリンクのほか、信州の自然を盛り込んだランチメニューも提供している。

パンはほとんどのものを量り売りで販売している

上田市観光会館売店

上田の名産品と真田グッズが勢ぞろい
上田城跡公園の入口近くにある上田観光の拠点。売店には銘菓や地酒などの上田名物のほか、真田家グッズも豊富にそろう。そのほか館内にはそば処や喫茶スペースもある。

800種類以上のおみやげがそろう。上田のおみやげはここでゲット

隠れ家 えん

上田のご当地グルメ絶品焼き鳥を朝から堪能
ニンニクの効いた上田名物のタレ「美味(おい)だれ」をかけた焼き鳥を午前中から味わえる居酒屋。改良を重ねた店オリジナルの美味だれは、りんごを加えたやさしい甘みが特長。

筆者:mapple

まっぷる軽井沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる軽井沢’19」です。掲載した内容は、2017年9月~2018年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×