>  >  >  >  >  >  【軽井沢周辺エリア】軽井沢とあわせて行きたい!小諸・上田のおすすめ観光プラン

【軽井沢周辺エリア】軽井沢とあわせて行きたい!小諸・上田のおすすめ観光プラン

【軽井沢周辺エリア】軽井沢とあわせて行きたい!小諸・上田のおすすめ観光プラン

軽井沢に行くならあわせて楽しみたいのが上田と小諸のエリアです。

小諸は軽井沢から車で30~40分、上田は車で約1時間とどちらも軽井沢から行きやすい場所にあります。

小諸は北国街道沿いにある、島崎藤村ゆかりの城下町。上田は戦国時代に名を馳せた真田家ゆかりの地です。

今回は小諸と上田、それぞれの名所をめぐる観光プランをご紹介。

高原リゾート軽井沢を満喫したら、風情ある街の歴史スポットめぐりを楽しみましょう。

軽井沢とあわせて楽しむ観光プラン①小諸で情緒ある城下町をめぐる

江戸時代まで小諸城が置かれ、古くから交通の要衝として栄えてきた小諸。名所・懐古園を中心に風情ある町並みをめぐってみよう。

 

小諸ってどんなエリア?

浅間山のふもとに広がる街、小諸は豊かな自然に恵まれ、江戸時代には小諸城も置かれていた。城下町の名残が色濃く残る情緒あふれるこの街は、のんびり散策して満喫したい。

JR軽井沢駅から小諸へのアクセス

【電車で】
軽井沢駅からしなの鉄道で25分、小諸駅下車

【車で】
軽井沢駅から国道18号(軽井沢バイパス)を小諸方面に30~40分

観光情報はここでチェック
小諸市観光協会
0267-22-1234
こもろ観光ガイド協会
0267-22-0568
しなの鉄道
0268-21-4702

小諸城址懐古園

四季折々の表情を見せる城跡に立つ信州の名園
日本さくらの名所100選や、日本100名城にも選定されている公園。園内には多数の歴史・文化施設のほか、動物園、遊園地が併設されており、大人から子どもまで楽しめる。

小諸城址懐古園

懐古園の入口にあたる三の門。国の重要文化財に指定されている

園内の注目スポット① 小諸義塾記念館

近代教育の先駆けとなった私塾
藤村をはじめ個性豊かな教師が教壇に立ち、人材育成を目的とした教育が行なわれた1893(明治26)年創立の私塾。現在は記念館として移築復元され、当時の資料などを展示している。

【三の門から徒歩1分】

園内の注目スポット① 小諸義塾記念館

創立者・木村熊二好みの建築様式を取り入れた校舎

小諸市立小諸義塾記念館

住所
長野県小諸市古城2丁目1-8
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
無休、12~翌3月中旬は月~金曜、祝日の場合は営業(年末年始休)
料金
大人200円、小・中学生100円(懐古園共通券500円の購入者・持参者は無料、市内の障がい者無料、市外の障がい者は100円)

園内の注目スポット② 小諸市立藤村記念館

資料でたどる藤村の小諸での足跡
『千曲川のスケッチ』や、大作『破戒』の起稿など、詩人から小説家への転換期という重要な時期を小諸で過ごした島崎藤村。小諸義塾での教師時代の貴重な原稿や遺品を展示。文学講座も定期的に開催。

【三の門から徒歩3分】

園内の注目スポット② 小諸市立藤村記念館

建物は帝国劇場の設計も手がけた建築家・谷口吉郎氏によるもの

小諸市立藤村記念館

住所
長野県小諸市丁315
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
無休、12~翌3月中旬は水曜(年末年始休)
料金
入館料(懐古園共通券)=大人500円、小・中学生200円/(障がい者100円、市内在住の障がい者無料)

小諸城址懐古園

住所
長野県小諸市丁311
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉園)、動物園は~16:30(閉園)
休業日
無休、12~翌3月中旬は水曜(12月29日~翌1月3日休)
料金
入園料(藤村記念館など4館共通)=500円/散策券=大人300円、小人100円/(20名以上の団体は共通券大人400円、小人150円、障がい者手帳持参で大人100円)

大和屋紙店

さまざまな和紙がそろう藤村も御用達の老舗
かつて藤村も原稿用紙を買い求めたという、江戸時代創業の老舗の紙専門店。友禅和紙や水引細工、便せんなどのほか、約80種の折り紙や手作り小物なども販売している。

【懐古園から徒歩5分】

大和屋紙店

店の向かいにはギャラリーもあり

大和屋紙店

住所
長野県小諸市本町3丁目1-4
交通
しなの鉄道小諸駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00
休業日
日曜(年始休)
料金
友禅和紙=540円(1枚)/水引細工=324円~/一筆箋=324円~/便箋=410円~/折り紙=324円~/

停車場ガーデン

四季の草花に美しく彩られた庭
一年を通して多彩な草花が咲き誇る小諸駅前の庭園。地元の食材を使ったメニューを味わえるガーデンカフェのほか、特産品や園芸品を販売するショップも併設されている。

【懐古園から徒歩3分】

停車場ガーデン

カフェからはガーデンが見渡せる

停車場ガーデン

住所
長野県小諸市相生町1丁目1-9
交通
しなの鉄道小諸駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00(閉園)、10~翌3月は~18:00(閉園)
休業日
木曜、祝日の場合は前日休(年末年始休)
料金
いくさしるこ(そば茶付)=540円/

軽井沢とあわせて楽しむ観光プラン②上田で真田幸村ゆかりの地めぐり

2016年大河ドラマの主人公・真田信繁(幸村)ゆかりの地として注目を集めた上田。上田城跡公園をはじめ、壮大な歴史のロマンを感じる町を歩いてみよう。おみやげやご当地グルメも要チェック!

 

上田ってどんなエリア?

菅平高原や美ヶ原高原に囲まれ、中央には日本最長の千曲川(信濃川)が流れる自然豊かな町、上田。
市街地中心部は真田家が築いた城下町の面影を色濃く残す、情緒あふれるたたずまい。

真田信繁(幸村)ってどんな人?

大坂冬の陣における「真田丸の戦い」では徳川勢を次々に撃退。夏の陣でも果敢な戦いの末に討死し「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と称された。

軽井沢とあわせて楽しむ観光プラン②上田で真田幸村ゆかりの地めぐり

我が故郷・上田へいざ出陣!
JR上田駅前では信繁(幸村)の騎馬像がお出迎え

JR軽井沢駅から上田へのアクセス

【電車で】
軽井沢駅から上田駅まではしなの鉄道で55分。JR北陸新幹線で約18分。

【車で】
軽井沢駅から国道18号、県道80号線経由で約40㎞、1時間

観光情報はここでチェック
上田市観光課
0268-23-5408

上田城跡公園

真田の名を世に知らしめた鉄壁の守りを誇る名城
1583(天正11)年、真田昌幸によって築城。徳川軍を2度も退け、難攻不落の城として真田家とともにその名を轟かせた。現在は公園として整備され、市民の憩いの場となっている。

上田城跡公園

緑が多く、春は桜の名所としても有名

上田城跡公園

住所
長野県上田市二の丸
交通
JR北陸新幹線上田駅から徒歩12分
営業期間
通年(櫓の内部4~11月)
営業時間
入園自由(櫓の内部見学は8:30~16:30<閉館17:00>)
休業日
無休、櫓門内部見学は期間中水曜、祝日の場合は翌日休
料金
入園料=無料/見学料(櫓の内部)=大人300円、高・大学生200円、小・中学生100円/博物館との2館共通券=500円/

岡崎酒造

信州の名水と米で造る名酒
全国でも数少ない女性が杜氏を務める1665(寛文5)年創業の蔵元。ひとごこちや美山錦といった長野県産の米と菅平水系の水を使って造る酒は、女性ならではの繊細な味わいが特長。

岡崎酒造

店はかつて宿場町として栄えた柳町にある

岡崎酒造

住所
長野県上田市中央4丁目7-33
交通
JR北陸新幹線上田駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉店)
休業日
不定休
料金
芽生=1800円(720ml)/しぼりたて生酒(冬期限定)=2400円(1.8リットル)/純米吟醸酒「亀齢」=1660円(720ml)/
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×