コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【高島・新旭・マキノ】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【高島・新旭・マキノ】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年11月18日

絶景とアウトドアが充実のエリア
比良山系の山々と琵琶湖が広がるエリア。アウトドアが楽しめるほか、桜の名所などの見どころも多い。

白鬚神社

大鳥居が湖中に建つ近江最古の社
創建は垂仁天皇の御代と伝わる古社。祭神は猿田彦命で、延命長寿、縁結びの神様として親しまれる。湖上に浮かぶように大鳥居が建ち、日の出スポットとしても有名。日本遺産認定。【重文】【見る】【神社/高島】

「近江の厳島」と呼ばれる神秘的な光景が人気

重要文化財の本殿

藤樹書院跡

藤樹ゆかりの古木が残る
江戸時代の陽明学者、中江藤樹が門弟や村人に講義をした私塾跡。1882(明治15)年に再建され、国の史跡にも指定される書院で自筆の著書や遺品などを展示している。【見る】【史跡/安曇川】

藤樹の貴重な資料を展示

鵜川四十八体石仏群

約1.6mの花崗岩石の阿弥陀如来坐像。移設などにより、48体あった石仏のうち33体が、草深い山中の墓地に並んでいる。【見る】【石仏群/高島】

一体ごとに表情が異なる石仏

清酒萩乃露醸造元福井弥平商店

老舗の銘酒をみやげに
高島の旧街道沿いに軒を連ねる旧家の一軒で、寛延年間創業の造り酒屋。比良山系の伏流水を使い、山田錦を原料に低温発酵させた「萩乃露 吟醸純米」は芳醇な香りの銘酒。【買う】【酒/高島】

右・吟醸純米(720㎖)1728円、左・里山(720㎖)1404円

針江生水の郷エコツアー

「日本遺産」認定の湧き水を学ぶ
「琵琶湖とその水辺景観」の一つとして「日本遺産」に認定された新旭町針江地区。比良山系の伏流水が地下から湧き出るカバタ(川端)が各家々にあり、生活用水、飲料水として使われている様子を地元ガイドの案内でめぐる。ツアー出発時間は10:30、13:00、14:00(季節により異なる)。

梅花藻や水藻が流れにただよう、清らかな針江の川

野菜などを洗うカバタは、鯉が泳ぐところもある

大荒比古神社

七川祭が有名な神社
13世紀前半に創建された歴史ある神社。毎年5月4日に行なわれる例祭「七川祭」には多くの参拝者が訪れる。11月上旬から下旬にかけては紅葉が見ごろを迎える。【見る】【神社/新旭】

境内を彩る紅葉。周辺の山々の景観も美しい

高島市新旭水鳥観察センター

湖西の水鳥観察スポット
オオバンやカイツブリなどの水鳥を常設の望遠鏡で観察できる。冬期には数千羽の渡り鳥が飛来。手作りスイーツやランチを味わいながら水鳥観察もできるカフェも併設する。【見る】【観察センター/新旭】

琵琶湖の入り江が一望できる大きな窓から水鳥を観察

いき生き水文化 かばた館

囲炉裏を囲んで郷土料理を
特産品販売所と民家風の食事処を併設するまちおこしの拠点施設。根菜や鶏肉など地元食材が入った炊き込みご飯「しょいめし」のほか、丼もの、うどん、そばなどが味わえる。【食べる】【郷土料理/新旭】

焼き魚や煮物などがつく、しょいめし御膳 850円

鰻彩堂

うなぎの専門店が作る新名物
地元産の食材を生かした「近江米バーガー」が看板メニュー。近江米のご飯に秘伝のタレを染み込ませてこんがり焼いたライスバーガーで、炭火焼きのうなぎときんぴらをサンドする。【食べる】【川魚料理/安曇川】

茶漬けでも楽しめる、近江米バーガー「うなぎ」 600円

とも栄

地元民に親しまれる菓子店
近江にちなんだ和菓子や、旬のフルーツたっぷりのケーキが並ぶ。地元特産のアドベリーを使ったスイーツはみやげとしても人気。店内の和カフェでイートインもできる。【買う】【和洋菓子/安曇川】

西近江 比良 山麓スフレ 1458円

今津ヴォーリズ資料館

銀行の建物を生かした資料館
ヴォーリズが設計した建築物のひとつで、1923(大正12)年に建てられた旧百三十三銀行。現在は資料館になっていて、ヴォーリズの経歴や建築物についての資料を公開している。【見る】【資料館/今津】

今津で初めての西洋建築。重厚な外観が特徴的

ひょうたん亭

今津港前にある手打ちそば
処地元産のそば粉を使った手打ちそばを出す。自慢は地元の醤油を使ったかえしとかつおだし。店の名物である、鴨と鮎の天ぷらがのった元祖周航そばが人気。【食べる】【そば/今津】

琵琶湖をイメージした元祖周航そば 850円

西友本店

うなぎと川魚料理の専門店
長年受け継がれてきたたれを使い、炭火で丹念に焼き上げたウナギの料理が名物。なかでも、酢の物や茶碗蒸しなどが付いたひつまむし膳がとくに人気がある。【食べる】【ウナギ料理/今津】

人気のひつまむし膳 3024円

cafe Lac

週末限定のレイクビューカフェ
店内の大きな窓やテラス席からの眺望が自慢のカフェ。竹生島や海津大崎までもが見渡せる。手間暇かけて手作りしたカレーのほか、パスタやドリアなども味わえる。【カフェ/今津】

オリジナルカレーセット(サラダ、デザート、ドリンク付き) 1000円

海津大崎

滋賀を代表する桜の名所
琵琶湖八景「暁霧・海津大崎の岩礁」として知られる景勝地。琵琶湖随一の岩礁と青い湖とのコントラストが美しい。春には湖岸沿い約4㎞に渡って約800本ものソメイヨシノが咲き乱れる桜の名所でもあり、「日本のさくら名所百選」に選ばれている。【見る】【自然景観/マキノ】

船に乗って湖上からの花見も格別

大崎寺(大崎観音)

近江西国三十三所札所のひとつ
海津大崎にある真言宗の古寺。大崎観音の名で親しまれている。本堂右手にある阿弥陀堂の天井は「安土の血天井」で知られ、安土城の遺構を利用して建てられたと伝わる。【見る】【寺院/マキノ】

朱色の建物が目を引く

マキノ農業公園マキノピックランド

自然の中で四季折々の味覚狩り
豊かな自然の中で、サクランボやリンゴなど季節のフルーツ狩りが楽しめる観光果樹園。園内で収穫した果物やマキノの特産品を使い手作りしたイタリアンジェラート(300円〜)も人気だ。【遊ぶ】【味覚狩り/マキノ】

8月上旬から9月中旬に体験できるブドウ狩り(1時間食べ放題1200円~)

魚清

琵琶湖産の湖魚を加工・販売する。ていねいに漬けた鮒寿しや、やわらかく煮た小鮎の飴煮、醤油煮が人気。【買う】【湖魚/今津】

小鮎やモロコなど多彩な佃煮がそろう

【ココにも立ち寄りたい!】高島びれっじ

旧城下町に個性的な店が集まる
武家屋敷などが今なお残る高島市勝野にあり、築170年の商家や蔵を改修し再生した、1~8号館からなる施設「高島びれっじ」。飲食店や体験工房、スイーツショップなど個性豊かな店がそろう。旧城下町の散策とあわせて訪れてみたい。【遊ぶ】

1号館はキャンドル体験工房

【高島みやげをチェック】淡海堂

3号館に入る醸造元の淡海酢が営む洋菓子店。高島名産のアドベリーを使ったロールケーキは、ふんわりとした生地に甘酸っぱさが口に広がる人気みやげだ。

アドベリーロール 1本1200円

アドベリービネガー 300㎖1190円

大正ロマンをイメージさせる3号館

【ココにも立ち寄りたい!】メタセコイア並木

季節ごとの表情に魅せられる爽快ドライブロード
約500本のメタセコイアが、県道287号のマキノ町蛭口から牧野間の2.4㎞にわたり植えられた美しい並木道。初夏の新緑や秋の紅葉、冬には落葉した木々に雪がまとい、幻想的な景色を織りなす。季節によって表情を変える様子は一見の価値あり。【見る】

季節ごとに表情を変える並木道はドライブにぴったり

筆者:mapple

まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19

発売日:2018年03月22日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×