トップ > 関西 > 滋賀・琵琶湖 > 大津・比叡山 > 

滋賀観光はこれでOK!観光のポイントとおすすめスポット35選

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2021年10月25日

この記事をシェアしよう!

滋賀観光はこれでOK!観光のポイントとおすすめスポット35選

日本一大きな湖、琵琶湖を中心に雄大な自然が広がり、琵琶湖八景、近江八景と呼ばれる美しい水辺の景観に出会える滋賀県。

見どころは、史跡や古くからの趣が残る町並みなど歴史観光スポットや、アクティブ派も満足できる総合リゾートなど多彩です。
各エリアは、半日から一日でまわることができるので、週末など気軽にでかけるのにぴったり。

郷土料理の鮒ずしや近江牛、ご当地グルメを巡りながら琵琶湖一周してみてはいかがですか。

それでは滋賀旅行に出かける前に、各エリアの位置関係を把握して楽しい旅の観光プランを立てましょう!

滋賀ってこんなところ

まずは主要な観光エリアの位置関係を把握しましょう。
※拡大できます

 

観光エリアの位置関係を把握した後は、滋賀の魅力をギュッとつめ込んだ動画を見て、滋賀観光のポイントを押さえましょう!

おさえておこう! 滋賀観光のキホン

日本最大の湖・琵琶湖がある!

県中央に位置する琵琶湖は、県土の約6分の1を占める日本最大の湖。
400万年もの歴史を持つといわれ、固有種を含む1000種以上の動植物が生息。冬には水鳥も集う。

歴史文化資産が多い!

近江大津京の建都、壬申の乱や賤ヶ岳の戦いなど、さまざまな歴史の舞台となった滋賀。
県内各地に由緒ある寺社や名立たる武将が築いた城、街道沿いの宿場町と、数多くの名所旧跡がある。

名物グルメが豊富!

国内外で名高い近江牛、豊かな土壌に育まれる野菜や米、琵琶湖の湖魚といった豊富な食材に、それを活かすご当地グルメも豊富。
鮒寿しなど、この地ならではの発酵文化も注目されている。

滋賀の旅Q&A

Q:日程はどのくらいで計画すればいい?

ひとつのエリアにしぼるなら半日~1日くらいを目安に。
琵琶湖一周や気になるエリアをじっくりめぐりたいときは、1泊2日ほどで計画を立てるのがおすすめ。

Q:移動は車と電車どちらが便利?

大津や彦根、長浜などの主要観光スポットは、駅やバス停から徒歩圏内に見どころが集まっているので、車でも公共交通機関でも好アクセス。
湖西や湖北など郊外へは車が必須。

関西・東海からの週末トリップ♪彦根城と城下町めぐりを楽しむ彦根観光コース [PR]

各エリアの特徴とおすすめスポット

滋賀の基本情報をチェックしたら、次はエリアの位置関係や特徴を押さえておきましょう。各エリアのおすすめ観光スポット、人気のグルメスポットもあわせて紹介するので、行き先に迷っている方は必見です!

①長浜・湖北エリア

歴史とモダンが融合する町へ

北国街道沿いの古い商家を改装した店やギャラリーが並ぶ黒壁スクエアは、長浜随一の観光スポット。長浜港から船が出る竹生島にもぜひ訪れてみたい。

宝厳寺

島の南東岸にある大弁才天が祀られた寺

神亀元(724)年、天照皇大神のお告げを受けたという聖武天皇の勅願により僧行基が開基した真言宗の古寺。弁才天のほか、千手観音像を安置しており、西国三十三所霊場の第30番札所としても有名。

宝厳寺
宝厳寺
宝厳寺
宝厳寺

竹生島 宝厳寺

住所
滋賀県長浜市早崎町1664
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩10分の長浜港から竹生島行き観光船で30分、竹生島港下船、徒歩3分
料金
見学料(竹生島奉賛会、都久夫須麻神社と共通)=400円/弁天様の幸せ願いダルマ=500円/

English Garden ローザンベリー多和田

こだわり抜いた本格的なイングリッシュガーデン

広大な敷地の中に、本格的なイングリッシュガーデンが広がる観光施設。野菜や果物の収穫体験、手ぶらでBBQ、美容と健康がテーマのバイキングレストラン、バラの庭園などで、自然を体感しながら過ごせる。

English Garden ローザンベリー多和田
English Garden ローザンベリー多和田
English Garden ローザンベリー多和田
English Garden ローザンベリー多和田

English Garden ローザンベリー多和田

住所
滋賀県米原市多和田605-10
交通
北陸自動車道米原ICから県道246号を山室方面へ車で2km
料金
入園料=大人600円、小人(4歳以上)300円、3歳以下無料/バイキングレストラン=大人1750円、小学生1200円、幼児(4~5歳)850円、3歳以下無料/BBQ=ベーシックプラン2300円~/パン・ピザ体験(ピザは土・日曜、祝日のみ)=各1050円~/クラフト体験(羊毛クラフト・ミツロウキャンドル作りなど)=各700円~/果樹・野菜の収穫=ブルーベリー700円、ブドウ1000~2000円(一房)、夏野菜350円(1袋)、サツマイモ470円(1株)/SL列車ミルキーウェイ=乗車券500円(片道)/(障がい者手帳持参で入園料2割引、JAFカード提示にて1割引)

ヤンマーミュージアム

ヤンマーのチャレンジ精神を、楽しみながら学べるミュージアム

建設機械やプレジャーボートの操作・操縦シミュレーターをはじめ、迷路のようなアスレチック、ボルダリングなどのさまざまなコンテンツをゲーム感覚で体験できるミュージアム。館内には地産地消のレストランや足湯もあり、親子で1日楽しめる。

ヤンマーミュージアム
ヤンマーミュージアム
ヤンマーミュージアム
ヤンマーミュージアム

ヤンマーミュージアム

住所
滋賀県長浜市滋賀県長浜市三和町6-50
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩10分(土・日曜、祝日は無料シャトルバスあり)
料金
大人800円、小・中学生400円(未就学児無料)

徳山鮓

発酵食と湖や山の恵みを堪能

和食の修業を積んだ店主が余呉湖の畔に開いた店。滋賀の名産、鮒鮓をはじめ発酵食品の奥深さに魅了され、その味を追求する。自ら湖や山に入り余呉の自然に育まれた食材も調達。あらゆる素材を活かし、和食の枠にとらわれず仕上げる。「この土地だからこその味を」と供される一皿を地酒とともに味わおう。

徳山鮓
徳山鮓
徳山鮓
徳山鮓

徳山鮓

住所
滋賀県長浜市余呉町川並1408
交通
JR北陸本線余呉駅からタクシーで3分
料金
コース=16500円~(昼)・22000円~(夜)/

翼果楼

炭火で焼いた鯖のうまみがそうめんに染みわたる

肉厚の焼き鯖がのる焼鯖そうめんが名物で、県外から訪れる客も少なくない。こってり濃厚な味わいなのでご飯との相性も良く、おにぎりや焼鯖寿司とセットになったメニューもある。

翼果楼
翼果楼
翼果楼

翼果楼

住所
滋賀県長浜市元浜町7-8黒壁8號館
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩5分
料金
鯖そうめん=950円/鯖街道=1390円/

カフェ叶匠壽庵 長浜黒壁店

和洋折衷の創作ケーキが評判

黒壁スクエア内にある「叶匠壽庵」のカフェ。和菓子の素材と技法をミックスさせた創作ケーキがそろう。2階はダイニング。季節の菓子を購入できるスペースもある。黒壁20號館。

カフェ叶匠壽庵 長浜黒壁店
カフェ叶匠壽庵 長浜黒壁店

カフェ叶匠壽庵 長浜黒壁店

住所
滋賀県長浜市元浜町13-21
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩7分
料金
花一日=660円(飲み物付はプラス440円)/近江牛陶板焼き膳(寿)=2475円/あんみつ=935円/

黒壁一號館 黒壁ガラス館

黒壁スクエアのランドマーク

明治33(1900)年に建てられた重厚な建物を改装したガラスショップ。アクセサリーや食器など、ヨーロッパを中心とした国内外の製品が充実しておりクラシックな雰囲気が漂う。

黒壁一號館 黒壁ガラス館
黒壁一號館 黒壁ガラス館
黒壁一號館 黒壁ガラス館
黒壁一號館 黒壁ガラス館

黒壁ガラス館

住所
滋賀県長浜市元浜町12-38
交通
JR北陸本線長浜駅から徒歩5分
料金
入館料=無料/

②彦根エリア

国宝彦根城と活気ある城下町

国宝彦根城をはじめ、その城下町を再現した夢京橋キャッスルロード、井伊家にちなんだグルメなど見どころが多い。伊勢神宮の親神を祀る多賀大社も訪れたい。

彦根城と城下町を楽しむ、とっておきの1泊2日 彦根観光コース

見どころが多い彦根を楽しむなら1泊2日がオススメです。彦根観光の中心となる国宝・彦根城は見どころが多く、半日は予定に入れたい場所。城下町の夢京橋キャッスルロードや四番町スクエアでは、おみやげ探しや食べ歩きが楽しめますよ。琵琶湖畔でくつろいだり、人気店でランチを楽しんだりと、週末の1泊2日旅にはぴったりの街です!

彦根城

江戸初期の堂々たる城郭の姿を今に伝える

関ヶ原の戦後、徳川家康の命により井伊直継と直孝が20年の歳月をかけ元和8(1622)年ごろに完成させた。城内には国宝の天守をはじめ、太鼓門櫓、天秤櫓、西の丸三重櫓など重要文化財が数多く残る。とくに入母屋の屋根に唐破風を設けた三層三階の天守は必見。

彦根城
彦根城
彦根城
彦根城

彦根城

住所
滋賀県彦根市金亀町1-1
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
入場料(玄宮園含む)=大人800円、小・中学生200円/博物館とのセット券=大人1200円、小・中学生350円、特別展は別料金/(障がい者手帳持参で本人と同伴者1人が無料)

夢京橋キャッスルロード

小江戸情緒が漂う町並み

彦根城の南西、外堀に架かる京橋から真っ直ぐ南へ延びる通り。江戸時代の町並みを再現した約350mの通り沿いには、みやげ物店、食事処、甘味処などが軒を連ねる。

夢京橋キャッスルロード
夢京橋キャッスルロード
夢京橋キャッスルロード
夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

住所
滋賀県彦根市本町
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
料金
情報なし

多賀大社

伊勢神宮内宮の親神を祀る、由緒正しき大社

天照大御神の親神を祀る近江国第一の大社。入口にある御神門をくぐると、正面に重厚感のある御本殿がたたずむ。延命長寿や縁結び、厄除けの祈願など参拝者は絶えない。

多賀大社
多賀大社
多賀大社
多賀大社

多賀大社

住所
滋賀県犬上郡多賀町多賀604
交通
近江鉄道多賀線多賀大社前駅から徒歩8分
料金
見学料(庭園、1~2月は拝観不可)=300円/多賀杓子=300円/こいまもり花むすび=800円/

ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店

自然の滋味溢れる滋賀県民のソウルフード

滋賀県内に30店舗以上を構える、近江ちゃんぽん発祥の店。究極の黄金だしとたっぷりの野菜が特徴。独自配合の小麦粉を使った特製自家製麺はもちもち食感のストレート麺で、あっさりスープによく絡む。野菜たっぷりでヘルシー。

ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店
ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店
ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店
ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店

ちゃんぽん亭総本家 彦根駅前本店

住所
滋賀県彦根市旭町9-6
交通
JR琵琶湖線彦根駅からすぐ
料金
近江ちゃんぽん=750円/

③比叡山・大津エリア

世界遺産を擁する滋賀の中心エリア

比叡山延暦寺をはじめ、日吉大社、三井寺など国宝を有する古刹が多い地域。県庁所在地でもある大津には、話題のグルメスポットも多い。大津港から出航するミシガンで湖上遊覧を楽しむのもおすすめ。

比叡山延暦寺

比叡山中に数百の建造物が点在

滋賀と京都の県境にある標高848mの比叡山全域を境内とする寺院。平安時代初期に伝教大師最澄が開いた天台宗の総本山であり、日本仏教の母山と呼ばれる。山内は東塔、西塔、横川の3エリアからなり、数百の堂宇や伽藍が立ち並ぶ。

比叡山延暦寺
比叡山延暦寺
比叡山延暦寺
比叡山延暦寺

延暦寺

住所
滋賀県大津市坂本本町4220
交通
京阪石山坂本線坂本比叡山口駅から徒歩10分のケーブル坂本駅から坂本ケーブルで11分、終点下車、徒歩10分
料金
東塔・西塔・横川共通券=大人1000円、中・高校生600円、小学生300円/国宝殿=大人500円、中・高校生300円、小学生100円/(団体20名以上は東塔・西塔・横川共通券大人800円、中・高校生500円、小学生300円)

日吉大社

京の都の鬼門を守り続けてきた古社

全国にある3800余りの山王神社の総本宮。国宝である東西本宮の本殿をはじめ、神の使い「神猿さん」の彫刻がある西本宮楼門や、山に見立てた山王鳥居など重要文化財も多く、境内全体が国指定の史跡となっている。

日吉大社
日吉大社
日吉大社
日吉大社

日吉大社

住所
滋賀県大津市坂本5丁目1-1
交通
京阪石山坂本線坂本比叡山口駅から徒歩10分
料金
拝観料=大人300円、小人150円/(30名以上の団体は270円、100名以上の団体は220円)

近江神宮

天智天皇を祀る

昭和15(1940)年の創建。大津京を造営した天智天皇を祀る。檜造りの本殿は厳かな雰囲気。日本の時間制度の発祥地である歴史をもち、漏刻(水時計)・日時計などが設置されている。天智天皇が日本初の水時計を作ったことにちなみ、境内の一角には国内外の時計、近江神宮所蔵の宝物を展示する時計館宝物館がある。全国競技かるた大会・流鏑馬神事でも知られる。

近江神宮
近江神宮
近江神宮
近江神宮

近江神宮

住所
滋賀県大津市神宮町1-1
交通
京阪石山坂本線近江神宮前駅から徒歩9分
料金
入館料(時計館宝物館)=300円/

三井寺(園城寺)

近江八景「三井の晩鐘」で知られる

天台寺門宗の総本山。天智、天武、持統各天皇の産湯を汲んだ「御井(三井)」にちなみ三井寺と呼ばれる。飛鳥時代の創建後衰退していた伽藍を、平安時代に円珍が再興。境内には鐘楼、国宝の金堂、三重塔など文化財が立ち並ぶ。西国三十三所第14番札所の観音堂がある。

三井寺(園城寺)
三井寺(園城寺)
三井寺(園城寺)
三井寺(園城寺)

三井寺

住所
滋賀県大津市園城寺町246
交通
京阪石山坂本線三井寺駅から徒歩10分
料金
拝観料=大人600円、中・高校生300円、小学生200円/鐘つき=300円/(団体30名以上は大人550円、中・高校生250円、小学生150円、障がい者手帳持参で本人のみ無料)

石山寺

四季の花々が咲き誇る名刹

瀬田川の清流を望む西国三十三所第13番札所。境内には国宝の本堂、多宝塔などが立ち並ぶ。紫式部が『源氏物語』を起筆したことでも知られ、梅、桜、紅葉、月の名所としても有名。

石山寺
石山寺
石山寺
石山寺

石山寺

住所
滋賀県大津市石山寺1丁目1-1
交通
京阪石山坂本線石山寺駅から徒歩10分
料金
大人600円、小人250円(障がい者手帳持参で半額、介護者1名無料)

浮御堂(満月寺)

近江八景「堅田の落雁」で有名

平安時代に恵心僧都が湖上交通の安全を願って建てた、臨済宗大徳寺派の満月寺。湖上に突き出た御堂は古くより人々に親しまれており、絵師や文人に愛された趣ある風景が見られる。

浮御堂(満月寺)
浮御堂(満月寺)
浮御堂(満月寺)
浮御堂(満月寺)

浮御堂

住所
滋賀県大津市本堅田1丁目16-18
交通
JR湖西線堅田駅から江若交通堅田町内循環線バスで5分、堅田出町下車、徒歩5分
料金
拝観料=大人300円、小学生100円/(団体30名以上は280円)

ミシガンクルーズ

遊覧船に乗って優雅にクルージング

19世紀のアメリカをイメージしたレトロな外輪船で琵琶湖をクルーズ。80分、60分、ナイトクルーズの3コースを用意。船内では軽食やコース料理など食事も楽しめる。

ミシガンクルーズ
ミシガンクルーズ
ミシガンクルーズ
ミシガンクルーズ

ミシガンクルーズ

住所
滋賀県大津市浜大津5丁目1-1大津港
交通
京阪京津線びわ湖浜大津駅から徒歩3分
料金
乗船料(80分コース)=大人2830円、学生2300円、小人1420円/乗船料(60分コース)=大人2300円、学生1880円、小人1150円/乗船料(ナイト120分コース)=大人3040円、学生2520円、小人1520円/乗船料(ナイト60分コース)=大人2300円、学生1880円、小人1150円/乗船料+ランチブッフェ=大人5300円、学生4820円、小学生2910円、幼児820円(2歳以上)/乗船料+ディナー=大人6930円、学生6460円、小学生4520円、幼児1630円(2歳以上)/(「乗船料+ランチブッフェ」と「乗船料+ディナー」は要予約。障がい者手帳持参で2種は本人のみ、1種は本人と同伴者半額、学生は要学生証)

滋賀県立琵琶湖博物館

琵琶湖のことがまるごとわかる

「湖と人間」をテーマに、琵琶湖の生い立ちや、人と琵琶湖の歴史、生き物との関係について学べる体験型博物館。関西ではここでしか見られないバイカルアザラシをはじめ、世界の「古代湖」の生き物たちを紹介している。

滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県立琵琶湖博物館
滋賀県立琵琶湖博物館

滋賀県立琵琶湖博物館

住所
滋賀県草津市下物町1091
交通
JR琵琶湖線草津駅から近江鉄道バス琵琶湖博物館行きで25分、終点下車すぐ
料金
大人500円、高・大学生300円、中学生以下無料/(企画展は別料金、事前予約制)

ニクバルモダンミール

精肉卸直営の店で気軽に近江牛を味わう

滋賀の特産品である近江牛をベースとした精肉店直営の肉料理店。自家製の黒毛和牛の熟成生ハムが人気でワインと合わせて食べたい一品。肉料理以外のメニューも豊富にそろっている。

ニクバルモダンミール

ニクバルモダンミール

住所
滋賀県大津市浜大津1丁目4-1旧大津公会堂 1階
交通
京阪京津線びわ湖浜大津駅からすぐ
料金
黒毛和牛 赤身ステーキ(ランチ)=1290円/近江牛 赤身ステーキ(ランチ、土・日曜)=1590円/近江牛 ミスジステーキ=1890円(100g)/黒毛和牛の熟成生ハム=690円/

④近江八幡・五箇荘・東近江エリア

ノスタルジックな町並みを歩く

豊臣秀吉が整備し、商いの町として栄えた城下町。多くの近江商人を輩出し、現在も白壁土蔵の承認屋敷が連なる。この地を愛し定住した建築家・ヴォーリズが手がけた建物が数多く残ることでも知られる。

安土城跡

名城跡で信長の心に思いをはせる

天正4(1576)年、信長が天下布武の拠点とした安土城の城跡で、標高約199mの山にある国指定の特別史跡。本能寺の変後に焼失し、現在残る石垣や天主跡、本丸跡の礎石などが歴史の鼓動を伝える。二の丸跡には豊臣秀吉が建立した信長廟もある。

安土城跡
安土城跡
安土城跡
安土城跡

安土城跡

住所
滋賀県近江八幡市安土町下豊浦
交通
JR琵琶湖線安土駅から徒歩25分
料金
入山料=大人700円、小人200円/本堂拝観料(土・日曜)=500円/

西明寺(池寺)

三重塔や庭園「蓬莱庭」を彩る雅な紅葉風景に癒される

平安時代、三修上人が仁明天皇の勅願により開創した天台宗の寺。鎌倉期に建てられた国宝の本堂や極彩色に描かれた壁画が残る三重塔、名勝庭園「蓬莱庭」など見どころが多く、秋には1000本にも及ぶもみじが境内を真っ赤に染める。

西明寺(池寺)
西明寺(池寺)
西明寺(池寺)
西明寺(池寺)

湖東三山 西明寺

住所
滋賀県犬上郡甲良町池寺26
交通
JR琵琶湖線河瀬駅から近江鉄道バス萱原行きで15分、金屋下車、徒歩20分、JR琵琶湖線河瀬駅から予約型乗合タクシーで15分
料金
見学料(本堂外陣、内陣・庭園拝観)=600円/見学料(三重塔、春・秋に公開あり、年により異なる、要問い合わせ)=1000円/見学料(本堂後陣、織田信長の焼き討ちを免れた仏像群、新緑・夏に公開、年により異なる、要問合せ)=600円/(団体30名以上は550円、障がい者手帳持参で500円)

八幡堀めぐり

白壁土蔵の景観をのんびり眺めて

琵琶湖を往来する荷船を寄港させるために、安土桃山時代に豊臣秀次が整えた八幡堀。全長6kmの堀の周囲には白壁土蔵が並び、緑が茂る中を遊覧することができる。

八幡堀めぐり
八幡堀めぐり

八幡堀めぐり

住所
滋賀県近江八幡市多賀町743
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで6分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、徒歩3分
料金
大人1000円、小人500円、幼児無料(20名以上の団体1割引(月~金曜)、障がい者手帳持参で3割引)

一柳記念館(ヴォーリズ記念館)

幅広い分野、特に建築家として名を知られるヴォーリズの記念館

建築家・伝道者のヴォーリズが夫人と共に暮らした住居を資料館として公開。愛読書や遺品などが展示されており、建物は滋賀県の有形文化財に指定されている。

一柳記念館(ヴォーリズ記念館)
一柳記念館(ヴォーリズ記念館)
一柳記念館(ヴォーリズ記念館)
一柳記念館(ヴォーリズ記念館)

ヴォーリズ記念館

住所
滋賀県近江八幡市慈恩寺町元11
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バスで約10分、鍛治屋町下車、徒歩3分
料金
400円、高校生以下は無料

滋賀農業公園 ブルーメの丘

自然の中で農業体験ができる

中世ドイツの農村を再現した農業公園。ソーセージやパンなどの手作り体験ができる。四季折々の花が楽しめ、家族でのんびり過ごすことができる。動物ふれあい広場もあり子供に人気だ。巨大アスレチック施設『アルプスジム』も楽しめる。

滋賀農業公園 ブルーメの丘
滋賀農業公園 ブルーメの丘
滋賀農業公園 ブルーメの丘
滋賀農業公園 ブルーメの丘

滋賀農業公園 ブルーメの丘

住所
滋賀県蒲生郡日野町西大路843
交通
近江鉄道本線日野駅から近江鉄道バス北畑口行きで15分、幅野町下車、徒歩10分
料金
入園料=大人1200円、子ども(4歳~小学生)800円/(障がい者は入園料割引あり※手帳の提示が必要)

近江牛レストラン ティファニー

独創的なメニューでさまざまな肉料理を提案

近江牛の老舗精肉店「カネ吉山本」の直営店で、ステーキやしゃぶしゃぶなどさまざまな近江牛料理が味わえる。牛トロずしあぶりや、牛フィレ肉の洗いなど創作料理も人気だ。

近江牛レストラン ティファニー
近江牛レストラン ティファニー

近江牛レストラン ティファニー

住所
滋賀県近江八幡市鷹飼町5582~3階
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅からすぐ
料金
サービスランチ(平日)=1450円/サービスランチ数量限定(土・日曜、祝日)=2200円/近江牛ステーキランチ=4620円~/近江牛しゃぶしゃぶ=4400円~/近江牛すき焼き=6600円~/コース料理「ティファニー」=8140円/(個室利用はサービス料10%)

シャーレ水ヶ浜

静かな湖畔のレストポイント

水ヶ浜ビーチの湖畔に立つログハウス風のカフェ。四季おりおりの琵琶湖の景色を楽しみながら自家製ケーキや地下水でいれたコーヒーが味わえる。軽食メニューもそろっている。

シャーレ水ヶ浜
シャーレ水ヶ浜
シャーレ水ヶ浜
シャーレ水ヶ浜

シャーレ水ヶ浜

住所
滋賀県近江八幡市長命寺町水ヶ浜182-8
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅からタクシーで15分
料金
自家製ビーフカレー=950円/天然地下水のコーヒーと手作りケーキセット=850円/ホットサンド=700円/

⑤信楽・甲賀エリア

信楽焼の里でアートな町歩き

自然豊かな山間に位置するエリア。たぬきの焼き物で有名な信楽は、日本六古窯のひとつ。また、忍者の里として知られる甲賀では、忍者屋敷の見学や忍者体験が楽しめる。

甲賀の里 忍術村

甲賀忍者のテーマパークへ

からくり屋敷や水ぐも池、手裏剣道場などがある忍者のテーマパーク。忍者屋敷を移築したからくり屋敷は、隠し階段や抜け穴などの仕掛けがおもしろい。忍者衣装のレンタルや野外バーベキュー施設があり、実際に忍者の気分で体験できる。毎年10月に全日本忍者選手権大会を開催。

甲賀の里 忍術村
甲賀の里 忍術村
甲賀の里 忍術村

甲賀の里忍術村

住所
滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394
交通
JR草津線甲賀駅からタクシーで10分
料金
入村料=大人1100円、中・高校生900円、小学生800円、幼児600円/装束レンタル=大人1100円、小人700円/バーベキュー=2500円~/(障がい者手帳持参で本人と同伴者5名200円引)

宗陶苑

日本一の大きな登り窯をもつ老舗窯元

200年以上の歴史を誇る窯元。日本最大規模の登り窯や穴窯があり、見学ができる。工房では作陶や絵付けを体験することもでき、別料金で登り窯での焼成も。信楽焼がリーズナブルに購入できるのも魅力だ。

宗陶苑
宗陶苑
宗陶苑
宗陶苑

宗陶苑

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野1423-13
交通
信楽高原鐵道信楽駅から徒歩16分
料金
陶芸教室=660円~(絵付け)、1650円~(手びねり)、3850円~(電動)、2750円(狸作り)/

MIHO MUSEUM

深い森に囲まれた山中の美術館へ

ルーブル美術館のガラスのピラミッドで知られる建築家I.M.ペイ氏が、自然との同化をテーマに設計した美術館。エジプトやアジア、中国にわたる数々の古代美術の名宝を常時展示している。春・夏・秋の季節ごとに年3回の特別展も開催。

MIHO MUSEUM
MIHO MUSEUM
MIHO MUSEUM
MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUM

住所
滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
交通
JR琵琶湖線石山駅から帝産湖南交通MIHOMUSEUM行きバスで50分、終点下車すぐ
料金
入館料=大人1300円、高・大学生1000円、小・中学生無料/オーディオガイド=600円/おむすび膳=1800円/マグカップ=1020円/(団体20名以上は200円引)

Ogama

古い登り窯が残る場所から焼き物の魅力を発信

創業400年以上の明山窯が営むギャラリー&カフェ。古民家を改装したモダンな空間に、食器やオブジェなどのアイテムが並ぶ。カフェでは明山窯の器で珈琲やスイーツが楽しめる。

Ogama
Ogama
Ogama
Ogama

Ogama

住所
滋賀県甲賀市信楽町長野947
交通
信楽高原鐵道信楽駅から徒歩15分
料金
ひと休みSet=750円/ドリンク単品=500円~/陶芸教室=大人3300円~(送料別)、子供1750円~(大人の体験必須)/

⑥湖西・高島エリア

雄大な自然を肌で感じる

比良山系などの山々に囲まれる自然豊かなエリア。白鬚神社や海津大崎といった名所のほか、キャンプやウォータースポーツ、スキーなどのアウトドアスポットが点在する。鮒寿しなどの湖魚料理が味わえる名店も多い。

白鬚神社

湖上に浮かぶように建つ神秘的な大鳥居は必見

創建は垂仁天皇の御代と伝わる古社。祭神は猿田彦命で、延命長寿、縁結びの神様として親しまれる。「近江の厳島」と呼ばれる神秘的な光景が人気である。

白鬚神社
白鬚神社
白鬚神社
白鬚神社

白鬚神社

住所
滋賀県高島市鵜川215
交通
JR湖西線近江高島駅からタクシーで5分
料金
災難除け勾玉土鈴=1200円/

メタセコイア並木

見事な並木道が続く爽快ドライブロード

約500本のメタセコイアが約2.4kmにわたって植えられた並木道。円錐形のメタセコイア並木とまっすぐに伸びる道路が造り出す景観は四季折々に美しい表情が楽しめる。

メタセコイア並木
メタセコイア並木
メタセコイア並木
メタセコイア並木

メタセコイア並木

住所
滋賀県高島市マキノ町蛭口~牧野
交通
JR湖西線マキノ駅から高島市コミュニティーバスマキノ高原線時計まわりで6分、マキノピックランド下車すぐ
料金
情報なし

びわ湖バレイ

標高1100m、絶景展望とレジャーを楽しめる総合リゾート

話題のびわ湖テラスではゆったり贅沢に絶景を楽しめる。アクティブ派は、ジップラインやスカイウオーカー、30種類を超える無料遊具を楽しめる。

びわ湖バレイ
びわ湖バレイ
びわ湖バレイ
びわ湖バレイ

びわ湖テラス

絶景を見降ろす天空のカフェ

びわ湖バレイにある、標高1100mからの景色を遮るものなく一望できるテラスカフェ。琵琶湖を見降ろす絶景で、条件がそろえば眼下に雲海が広がることも。絶景とともに、地元食材を活かしたメニューなどが楽しめる。春~秋期には屋外テラスが利用でき心地がいい。テラスの先には恋人の聖地に認定されたスポットもある。

びわ湖テラス
びわ湖テラス
びわ湖テラス
びわ湖テラス

びわ湖テラス

住所
滋賀県大津市木戸1547-1びわ湖バレイ内
交通
湖西道路志賀ICから県道558号をびわ湖バレイ方面へ車で5km
料金
要問合せ

びわ湖バレイ

住所
滋賀県大津市木戸1547-1
交通
JR湖西線志賀駅から江若交通バスびわ湖バレイ前行で10分、終点下車すぐ
料金
入場料=無料/ロープウェイ(往復)=大人3000円、小人1500円、幼児1000円/ロープウェイ(往復、土・日曜、祝日)=大人3500円、小人1500円、幼児1000円/

魚治

ファンが多い鮒寿しは伝統的な製法で漬け込まれコクと酸味がある

湖国の名物として名高い鮒ずしの老舗。ニゴロブナを伝統的な製法で漬け込んだ鮒寿しは、独特のコクとほのかな酸味がありファンが多い。マキノ駅前にも店がある。

魚治
魚治
魚治

魚治

住所
滋賀県高島市マキノ町海津2304
交通
JR湖西線マキノ駅から高島市コミュニティーバス国境行きで5分、海津3区下車すぐ
料金
鮒寿し甘露漬=5500円~(箱入)、3300円~(簡易包装)/若あゆ木ノ芽煮=時価/

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください