コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【滋賀グルメ】自然の恵みと郷土愛が詰まった湖国の名物料理!

【滋賀グルメ】自然の恵みと郷土愛が詰まった湖国の名物料理!

by mapple

更新日:2018年11月11日

代々伝わる郷土料理や、家庭で親しまれている素朴な味、話題のB級グルメなど、地元で愛される名物グルメをルーツや特長とともにご紹介。

湖魚料理

琵琶湖で獲れるアユやフナ、ビワマス、川エビといった湖魚を、造り、天ぷら、佃煮などさまざまな料理で味わう。

琵琶湖八珍を知っていますか?

「琵琶湖八珍」とは琵琶湖名物の魚介8種のこと。

ハス
塩焼きがおいしい淡泊な白身魚

イサザ
小型のハゼの仲間。冬から春が旬

ゴリ
ハゼ科の小魚でウロリとも呼ばれる

スジエビ
佃煮や揚物にして食べる小型のエビ

二ゴロブナ
ふなずしの材料として親しまれる魚

コアユ
10cm前後の琵琶湖の鮎のこと

ビワマス
刺身もおいしいサケ科の琵琶湖固有種

ホンモロコ
コイ科の魚の中でもっともおいしいといわれる

徳山鮓

発酵食と湖や山の恵みを堪能
和食の修業を積んだ店主が余呉湖の畔に開いた店。滋賀の名産、鮒鮓をはじめ発酵食品の奥深さに魅了され、その味を追求する。自ら湖や山に入り余呉の自然に育まれた食材も調達。あらゆる素材を生かし、和食の枠にとらわれず仕上げる。「この土地だからこその味を」と供される一皿を地酒とともに味おう。

昼1万800円~、夜1万6200円~のコース一例
鮒鮓にはお好みで蜂蜜を添えて。猪の生ハムなどジビエ料理も味わえる

4組限定で宿泊できるオーベルジュとしても人気

余呉湖の自然豊かな景色を眺めつつゆったりと過ごせる

チーズとトマトが鯖の熟鮓の風味と調和する一皿

湖里庵

老舗の伝統技が光る湖魚料理
江戸時代創業の料理旅館「魚治」が営む料亭。名物の鮒寿しや季節の湖魚料理をはじめ、琵琶湖の幸と旬の食材を生かした懐石料理が味わえる。店名は、その味わいや落ち着いた時間がお気に入りだったという、作家の遠藤周作氏による。

鮒寿し懐石 9504円~
主役の鮒寿しをはじめとした湖魚料理が並ぶ。チーズ包みなど創作料理も評判

店内からは、遠藤周作も愛した奥琵琶湖の景色が見られる

みやげにはニゴロブナを桶で二冬熟成させた鮒寿し懐石茶漬1包(2食)864円を
(写真は盛り付け例)

休暇村近江八幡

琵琶湖八珍を一挙に味わう
天然温泉を備える琵琶湖岸の宿泊施設。琵琶湖の雄大な眺めを楽しめるレストランでは、日帰りでも食事がいただける。湖魚料理のほか、近江牛専門の販売店を併設し、安心安全な近江牛をおなかいっぱい食べられるディナービュッフェも人気。

近江牛すき焼きと琵琶湖八珍コース 3300円
琵琶湖八珍を使った伝統料理と近江牛を味わえる贅沢なコース

真鴨料理

貴重なタンパク源として滋賀の人々に親しまれてきた鴨肉。1年のなかでも、身が締まり脂がのった冬場がおすすめ。

千茂登

湖北の絶品鴨料理
近江牛に鰻や鮎など湖の幸を提供する湖北の名店。冬期限定の鴨料理には、東北産の野性味あふれる天然真鴨のオス(青首) のみを使用。風情ある畳敷きの部屋で味わいたい。

天然鴨なべ御膳 4000円
鴨のコクが溶け込んだ甘めのつゆも美味。〆はうどんがおすすめ

創業約80年の風格あるたたずまい

地元でも愛される名物麵&ご飯ものベスト5

ちゃんぽん亭総本家彦根駅前本店

自慢の黄金だしが決め手滋味深い一杯を堪能
滋賀県内に30店舗以上を展開。厳選国産素材を使う黄金だし、たっぷり野菜、自家製麺にこだわり、職人が手鍋で煮込み仕上げる近江ちゃんぽん専門店。

野菜1日盛り 842円
生野菜は国産のものだけを使用。1日に必要な量の野菜が入った「野菜を食べる一杯」

翼果楼

湖北の家庭料理を堪能
肉厚の焼き鯖が麺の上にのる焼鯖そうめん。こってり濃厚な味わいでご飯との相性もよく、おにぎりや焼鯖寿司とセットになったメニューもある。

焼鯖そうめん 900円
炭火でじっくり焼き、2日間煮込んだ鯖は脂がのり身もやわらかい。ご飯付き(1340円~)もある

茂美志"や

大きな椎茸とたっぷりの餡
豊富な湖北料理がそろう店。夏期には湖魚料理のビワマスの漬け丼、冬期には天然真鴨の鴨なべも。のっぺいは、近江牛やお花きつねなど種類豊富。

のっぺいうどん 1100円
うどんは自家製麺。関西風のだしがよく染みた、特大のシイタケや紅葉麩、かまぼこなどの具がのる

比良暮雪

清流の湖北を象徴
琵琶湖畔の「鮎家の郷」内にあるレストラン。近江八景のひとつ比良の暮雪を眺めながらゆったりと近江の味をバラエティに富んだメニューで味わえる。

ビワマス丼 1200円
ほんのりと独特の風味があり、旨みと甘みがあるビワマスを豪快にのせた丼

あゆの店きむら京橋店

アユを使うこだわりの名物料理
素材にこだわる鮎の専門店。鮎の織り成す湖国ならではの滋味深い味を堪能できる。琵琶湖産天然の小あゆ煮や鮒寿しなどのみやげもずらりと並ぶ。

あゆ雑炊膳 1512円
アユからだしをとった雑炊に、アユ丸1匹の塩焼や小鉢などが付く

おおつ近江米カレー

近江米をはじめ、近江牛や野菜など地産食材を一皿で味わえるカレー。途中で味を変えて近江米のご飯が最後まで楽しめるメニューを大津市内の各加盟店が展開する。

志じみ釜めし 湖舟

滋味豊かで香ばしい釜めし
1961(昭和36)年創業。石山寺門前の名物、しじみ釜めしの元祖となる店。注文ごとに炊き上げる釜めしは、近江米としじみのだし、鉄釜だからこそのおこげが味わい深い。近江のおばんざいや鮒ずしなど、滋賀の名物もそろう。

志じみ釜めしカレー 1296円
自慢の釜めしに近江牛の旨みと和のだしがきいたルウと味わう。地元産の旬野菜も一緒に

二度おいしいはコレ!
釜に残したご飯にカレーとチーズをのせて温め、カレードリア風に

店内には特産物を販売するみやげコーナーも

石山寺の門前で長年親しまれる

Bistro Chicci

フォトジェニックなカレーに大満足
シカやカモなどのジビエ料理や洋食メニューを提供する店。琵琶湖産の鯉の頭をまるごと唐揚げにしたトッピングはインパクト大。看板メニューのトンテキオムライス1000円も人気。

プル卵チーズの鯉カレー 1000円
減農薬の近江米を使用。ふわふわのオムレツとスパイシーなカレーとの相性も抜群

二度おいしいはコレ!
特製ソースをかければコクと酸味が増して二度楽しめる

赤い看板と大きな料理の写真が目印

かわいらしいグッズがいたるところに置かれた店内

ひこね丼

近江米のご飯に、近江牛や赤こんにゃくなどの地元食材を活かした具をのせる丼。彦根市内11店舗で提供されている。

麺・食処 八千代

地元の人も集う駅前の食堂
創業108年の食事処。うどんやそば、丼とメニューが豊富で、代々の製法で仕上げる利尻昆布とカツオのだしが味の決め手。ひことろ丼はやわらかく煮込んだ近江牛のすじ肉と温泉卵、大葉の爽やかな風味が絶妙。

ひことろ丼 880円
紅白の糸こんにゃくと女将が一つひとつ手で結ぶ赤こんにゃくをのせている

たちばな食堂

地元食材が気軽に味わえる
ひこね食賓館 四番町ダイニングの中にある食事処。提供するひこねの赤どんは、甘辛い味の近江牛のすじ肉煮込みと赤こんにゃくにご飯が進む一品。テイクアウトもできる。

ひこねの赤どん 880円
好みのタイミングでだしやわさびを加え、ひつまぶし風に

まだまだあります!ご当地グルメ

地元で親しまれる人気店の名物メニューや、滋賀ならではの食材を活かした一品など、評判のご当地グルメがまだまだたくさん!

あらびか

地元で40年以上愛される町の洋食店。創業以来継ぎ足すソースを使うオリジナルメニューを中心に、昔ながらの味わいを提供。

ブールライス 730円
玉子で包んだバターライスにソースをたっぷりかけた名物メニュー

みくりやうどん

15種類の厳選した素材を使うだしが自慢のうどん店。辛めにブレンドした特製のカレー粉と濃厚なだしを合わせたカレーうどんが人気。

えび天・えびフライカレーうどん 1177円
大ぶりなえびフライとえび天を豪快にのせた看板メニュー

谷野食堂

製麺所が営む食堂。学生向けに考案したという「スヤキ」はシンプルな味付けで、テーブルのソースとこしょうを使いセルフで味を調える。

0748-62-2488
11:00~18:00 
休み 日曜、祝日 
甲賀市水口町城内8-12 
近江鉄道水口城南駅から徒歩5分

スヤキ 並 300円
1玉300円からと、気軽に食べられるリーズナブルさも魅力

らー麺鉄山靠 本店

地元の名が付いた瀬田しじみを使ったラーメンが話題の店。一人前約100gも使うしじみでとったスープは、まろやかな旨みとキレのある後口で飽きのこない味わい。

瀬田しじみらー麺 850円
麺は、北海道産小麦・はるよこいをブレンドした自家製。もちもち食感がスープと好相性

茶しん 駅前本店

明治創業の老舗。自社工場で作る麺やあんを使い、オリジナルの洋食や餃子、甘味まで、ジャンルにとらわれない料理を提供する。

イタリアン 500円
自家製ミートソース×やきそばという意外な組み合わせが相性抜群

お食事処まさ

鮮魚を中心に客の要望にも柔軟にこたえ親子2代で腕をふるう。地域の味であるとんちゃん焼きは、発祥の店「鳥中」直伝の一品。

とんちゃん焼き 860円(ランチの定食は1000円)
若鶏のモモやムネ肉を味噌ベースのタレに浸けて鉄板で焼き上げる

丸二果実店

創業から100年以上の老舗果物店。イチゴなど4種の具材に、ケーキ屋から仕入れる極上の生クリームを合わせたサンドはカスタムOK。季節によって滋賀県産も使用。

フルーツサンド 400円
サンドのカットにも注目。食べやすいように果物の切り方を統一した店主の心遣いがうれしい

ロビーラウンジ ポートニオ

スイーツや軽食がそろう、びわ湖大津プリンスホテル1階のラウンジ。ていねいにいれる紅茶は、日本紅茶協会の「おいしい紅茶の店」に認定されている。

ブランチセット 2420円
唐橋焼のプレートで提供する季節のサンドウィッチに、滋賀県産野菜を使用したサラダ、スープなどが付く

筆者:mapple

まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19

発売日:2018年03月22日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×