>  >  >  >  1泊2日で世界遺産の島へ!「五島列島」絶景カメラ旅のススメ

1泊2日で世界遺産の島へ!「五島列島」絶景カメラ旅のススメ

1泊2日で世界遺産の島へ!「五島列島」絶景カメラ旅のススメ

夏休みを目前に、「次はどこへ写真を撮りに行こうかな?」と楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

そんなあなたにオススメしたいのが、長崎県の「五島列島」。2018年に世界遺産登録されたこの島には、唯一無二の歴史的な景観や大自然、息を呑む絶景が点在しています。
今回は「上五島エリア」を中心に、カメラを持って巡りたい、感動必至の1泊2日旅をご紹介します!

1泊2日でも大丈夫!「五島列島」を満喫するカメラ旅モデルコース

1泊2日でも大丈夫!「五島列島」を満喫するカメラ旅モデルコース
ところどころに五島ブルーのポイントを発見!被写体を探すのも楽しい

長崎県の西方に位置する五島列島は、上五島エリア(新上五島町=中通島・若松島)と下五島エリア(福江市=福江島・久賀島・奈留島)の二つに大別されます。

どちらも行くとなると3日~4日程度は必要になりますが、今回は1泊2日の旅。
自然景観のバリエーションの多い上五島エリアにターゲットを絞って旅します!

記事内の写真は全てゴールデンウィークに撮影した写真ですが、晴れていればいつでもこのような美しい景色が見られます。よりきれいな写真を撮影したいという方は、ターコイズブルー色が美しく出る夏に行かれるとよいかもしれません。

世界遺産の島「五島列島」 3つの航路で上五島へアクセス!

世界遺産の島「五島列島」 3つの航路で上五島へアクセス!
揺れが少なく短時間で着くジェットフォイルや高速船がオススメ!

五島列島までは、長崎県の長崎港・佐世保港、福岡県の博多港から、フェリーやジェットフォイル(高速船)が運航しています。フェリーは車での乗船が可能ですが、ジェットフォイル(高速船)は車で乗れません。車で旅をする方は、船の予約時に注意してください。

今回ご紹介する上五島エリアへは、以下の3つが便利です。

■有川港(中通島)着
(1)長崎港から約1時間40分、1日往復2~3便(九州商船の高速船)
(2)佐世保港から1時間半~約2時間半、1日往復4便(九州商船の高速船・フェリー)

■青方港(中通島)着
(3)博多港23:45発→青方港5:40着(野母商船の深夜便:フェリー太古)

ただし、「(1)長崎発」は高速船のみの運行で、フェリーの利用ができません。上述の通り、高速船には車が載せられないため、有川港へ到着後はレンタカーを利用する必要があります。港周辺には幾つかレンタカー屋さんがあるので、あらかじめ予約しておきましょう。

【1日目】絶景巡りの前に腹ごしらえ!「竹酔亭」で頂く絶品五島うどん

【1日目】絶景巡りの前に腹ごしらえ!「竹酔亭」で頂く絶品五島うどん
細いけどモチモチと食べ応えのある五島うどん!(天ざるうどん 900円 税込)

五島列島の有川港/青方港に到着!早速フォトスポットを巡りたいところですが、その前に腹ごしらえをしておきましょう。五島列島では食事処が限られているため、港周辺で済ませておくとよいですよ。

色々な店がありますが、中でも有川港近くの「竹酔亭」の五島うどんがおすすめ。
「日本三大うどん」の一つとも言われる本格的な五島うどんは、しなやかなのにモチモチ。夏場はざるうどんが最高に美味しいのです。

中でも「地獄炊き 」は超人気メニューなので予約必須。地獄炊き とは、あごだしと溶き卵につけて食べる釜揚げうどんのことで、地元ではこの食べ方が定番。違った味わいを交互に楽しんでくださいね。

■竹酔亭
住所:長崎県南松浦郡新上五島町七目郷56−1
TEL:0959-42-0650
営業期間・営業時間:(平日)10時00分~14時30分(土日)10時00分~15時00分
交通アクセス:有川港から車で約5分、青方港から車で8分

地元民に愛される美しい白砂ビーチ「高井旅海水浴場」

地元民に愛される美しい白砂ビーチ「高井旅海水浴場」
海のグラデーションに心奪われる「高井旅浜海水浴場 」

1日目は上五島の南部から巡ります。キーワードは「海の絶景」です。

有川港から海岸沿いに走ること約30分。峠をひとつ越えて奈良尾港まで降りる途中に、美しいビーチ「高井旅海水浴場」が突如として現れました。

白砂に美しいスカイブルーが印象的で、素朴なリゾート感溢れるローカルビーチ。大変美しいスポットですがあまり知られておらず、独り占めできるのは贅沢ですね。

オススメのフォトポイントは浜から少し上った高台。沖へ行くごとに濃くなっていく海のグラデーションが堪りません!

■高井旅海水浴場
住所:長崎県南松浦郡新上五島町奈良尾郷
交通アクセス:奈良尾港から車で約6分、若松港から車で約20分

眼下に広がる大パノラマ「米山展望台」から若松の瀬戸を眺めよう

眼下に広がる大パノラマ「米山展望台」から若松の瀬戸を眺めよう
五島列島有数の絶景「米山展望台 」。地形美と色彩の妙

続いてビーチから山へと向かいます。五島列島はアップダウンが多いのですが、その地形こそが、絵になる風景を作り上げているのです。

中でも、奈良尾港の裏山である米山展望台からの景色は最高!中通島と若松島を隔てる海峡「若松の瀬戸」 、そこから少し南には五島列島らしい雄大なパノラマビューが見られます。

鮮やかな緑と美しい青の風景は何とも爽快。もし運よくフェリーがここを通過していたらシャッターチャンスです。ズームレンズでのぞきながら、撮影を楽しんでくださいね。

■米山展望台
住所:長崎県南松浦郡新上五島町奈良尾郷
交通アクセス:奈良尾港から車で約10分

神秘のエメラルドグリーンの入り江に見惚れる「桐古里郷」

神秘のエメラルドグリーンの入り江に見惚れる「桐古里郷」
桐古里郷の入江。ほとんど知られていない上五島の絶景

続いては、中通島の桐教会を通る西側の沿岸ルートへ入っていきましょう。
地図で見ればあまり特徴がなさそうな道なのですが、実はここ、五島の中でも隠れた穴場ルートなのです。細かく入江を作り、遠浅の海を横目に走る道のため、進むほどに海の色が変わります。

中でも見逃せないのは、桐教会の近くにある桐古里郷の入江。木々の緑が映りこみ、神秘的な風景を見せてくれます。近くに停泊している漁船がまた良い味を生んでくれていますね。

■桐古里郷
住所:長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷452
交通アクセス:奈良尾港から車で7分

■桐教会
住所:長崎県南松浦郡新上五島町桐古里郷357-4
交通アクセス:奈良尾港から車10分

沖縄を超える美しさ!圧倒的な「日島」ブルーに出会う

沖縄を超える美しさ!圧倒的な「日島」ブルーに出会う
五島が作り上げた宝石というべき、日島一帯の海

沿岸ルートから若松大橋を渡り、上五島の二つ目の島「若松島 」へ向かいます。
五島列島観光で注目されるエリアではありませんが、五島の高いポテンシャルを物語る、素晴らしい海の絶景が待っています。それが若松島の奥にある「日島(ひのしま)」一帯の海なのです。

景色変化に富んだドライブルート「県道169号線」の終点には、沖縄の海さえ凌駕する、圧倒的なミルキーブルーの海が広がります。思わず息を呑む美しすぎる景色は、どこを取っても絵になりますよ!

偏光フィルター(PLフィルター) を持っていれば見たままの海の色を出しやすいので、あらかじめ購入しておくこと良いかもしれません。

■日島
住所:長崎県南松浦郡新上五島町日島郷
交通アクセス:奈良尾港から車で約40分

対馬灘に沈む「矢堅目公園 」で圧倒的な夕景を眺める

対馬灘に沈む「矢堅目公園  」で圧倒的な夕景を眺める
心洗われる、雄大な「矢堅目公園 」から望む夕日

海の絶景をゆっくり巡ったら、そろそろ日没の時間。とっておきの夕日スポットの「矢堅目(やがため)公園」でスタンバイしましょう。少し距離がありますので、日没の1時間半前には日の島を出ておくことをお勧めします。

中通島の奈摩(なま)湾の西端に位置する巨大な岩塊で、かつては五島の防衛拠点として活用されました。

ここからは、玄界灘へ沈んでいく雄大な夕日を望むことができます。九州の西、最果てから眺めるというシチュエーションは旅情も抜群。

暗くなると手ぶれしますので、マニュアル撮影をする方は「ISO感度」を上げて撮影しましょう。また「ホワイトバランス」をやや赤寄りに設定にしておくと、美しいトワイライトが撮影できますよ。

■矢堅目公園
住所:長崎県南松浦郡新上五島町網上郷
交通アクセス:青方港から車で約15分、有川港から車で約25分

教会を彷彿とさせる「旅の宿 やがため」ステンドグラスがアクセント

五島にはたくさんの民宿がありますが、イチオシは「旅の宿 やがため」です。
矢堅目公園からも車で10分ほどの距離にあります。
五島列島らしく、教会をモチーフにした綺麗なお宿。田舎にありながらホテルを思わせる新しい建物と清潔な内観で、女子旅や家族旅、夫婦旅行など、あらゆるシーンに最適です。

また、食事が美味しいことも高ポイント!五島列島らしい新鮮な海の幸が頂けます。今日撮った写真データを見ながら、お刺身をつまみに生ビール。まさに至福のひと時です。

■旅の宿 やがため
住所:長崎県南松浦郡新上五島町奈摩郷910−29
TEL:0959-52-4390
料金:一人一泊二食付き9,000円前後
交通アクセス:有川港から車で15分、青方港から車で10分
Webサイト:旅の宿 やがため

【2日目】煉瓦造りの教会建築がフォトジェニック「青砂ヶ浦天主堂」

【2日目】煉瓦造りの教会建築がフォトジェニック「青砂ヶ浦天主堂」
細部まで意匠が美しい「青砂ヶ浦天主堂」

1日目は自然景観がメインでしたので、2日目は世界遺産を求め、歴史スポットを巡りましょう。

まず訪れたいのは、宿から車で約5分の場所にある「青砂ヶ浦(あおさがうら)天主堂 」。
長崎県におけるレンガ造りの教会の中では2番目に古く、数多くの教会建築を手がけた鉄川与助 (てつかわ・よすけ)が設計・施工を行いました。規則的に積まれたレンガと技巧・塗装に富んだ外観に、思わず見入ってしまうでしょう。

レンガ造りの建物を細部まできれいに撮るには、「コントラスト」と「シャープネス」を上げて撮影するのがオススメです。なお、横構図では教会全体を入れるのが難しいため、縦構図でも試してみてくださいね。

青砂ヶ浦天主堂

住所
長崎県新上五島町奈摩郷1241
交通
有川港から車で15分、青方港から車で10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00/ミサ=18:00~(ミサ・冠婚葬祭時には見学不可の場合あり、閉場している場合あり)
休業日
無休
料金
寸志

孤高の天主堂が立つキリシタンの原風景・世界遺産「頭ヶ島」を訪ねよう

孤高の天主堂が立つキリシタンの原風景・世界遺産「頭ヶ島」を訪ねよう
歴史の経過を感じさせる「頭ヶ島天主堂」は、信者の努力の結晶

次に向かうのは、2日目のハイライトとも言える「頭ヶ島(かしらがしま)」。五島列島には四つ、世界遺産の教会がありますが、その一つである「頭ヶ島天主堂 」がここにあります。

頭ヶ島天主堂は、近隣で採れる「五島石」をふんだんに使った建築物。かつてこの天主堂が建設された時、資金がない中いかに立派な教会を建てるかと、信者たちが試行錯誤したのだとか。表面は風化しやすい石材ですが、それ故に時間の経過を感じさせ、風情を感じさせてくれます。

※頭ヶ島へは車で入れませんので、上五島空港でバスに乗り換える必要があります。
※天主堂はあらかじめ予約が必要ですのでご注意ください。

教会・集落・墓地が三位一体で残る「頭ヶ島」はキリシタンたちの原風景

「頭ヶ島」が世界遺産に登録されている理由は、教会と集落域、そして墓地まで揃った、かつての情景をそのまま維持しているから。

特に春、5月から6月にかけてはピンクのマツバギクが墓地を彩り、思わずシャッターをきりたくなる絶景に出会えます。スカイブルーの海も、一度見たら忘れられない鮮やかさです。

※見学には事前予約が必要(長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター

頭ヶ島天主堂

住所
長崎県新上五島町友住郷638
交通
有川港から車で約20分、青方港から車で約30分、頭ヶ島インフォメーションセンター(上五島空港)からバスに乗り換え
営業期間
通年
営業時間
見学自由(見学は要予約)
休業日
無休
料金
情報なし

坂本龍馬が五島列島にいる?!

坂本龍馬が五島列島にいる?!
海に向かって合唱する「龍馬像」穏やかな景観から考えられない事故があった

頭ヶ島大橋をわたって中通島へ戻り、少し南下したところにある広場にきました。ここにはあの歴史的偉人、「坂本龍馬」の像が据えられているのです。

なぜここに坂本龍馬がいるのか。
実はここ、彼の同志12名が乗った船が遭難し、全員命を落とすという悲劇的な事件があった場所なのです。龍馬はこの地を訪れ、慰霊碑を建立したという逸話が残っています。

龍馬ゆかりの広場

住所
長崎県新上五島町江の浜郷
交通
有川港から車で約15分、青方港から車で約25分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
情報なし

石積みの集落景観「友住石畳」で撮り歩こう

石積みの集落景観「友住石畳」で撮り歩こう
素朴な景観をどう撮るか?試行錯誤しながら探検するのが楽しい

龍馬像から車で5分ほどの場所にある「友住石畳(ともすみいしだたみ)」も、あまり知られていない隠れたフォトスポットです。一見何の変哲もない集落なのですが、実は前述した五島石を使った、石積みの集落景観が見られるのです。

ふと迷い込んだ路地裏、家の基礎、神社の鳥居など、あらゆるところに発見がいっぱい!探検しながら心が動く場所を見つけるのも、カメラ旅の楽しみ方ですね。

■友住石畳
住所:長崎県南松浦郡新上五島町友住郷
交通アクセス:有川港から車で約15分、青方港から車で約25分

知られざる絶景ビーチ「ハマンナ」で五島カメラ旅のラストを飾る

知られざる絶景ビーチ「ハマンナ」で五島カメラ旅のラストを飾る
ハマンナへの階段は、まるで天国へと誘うような趣

有川港/青方港へ戻って1泊2日の五島旅も終盤。最後に訪れておきたいのが絶景ビーチ、「ハマンナ」で す。

頭ヶ島と有川港をつなぐ県道62号線沿いに位置しており、「こんな場所に本当にビーチなんてあるの?」と思わず疑ってしまうような場所なのですが、辿り着いた時には感動が……!

階段の下には美しいスカイブルーのビーチが広がり、その向こう側にはライオンに例えられる「源五郎島」があります。五島旅の最後を飾るのに相応しい絶景です。

なお、こうしたビーチはのっぺりとした写真になりがちなので、遠近感を出す構図がオススメ。近くの被写体をうまく生かして撮影してくださいね。

■ハマンナ
住所:長崎県南松浦郡新上五島町赤尾郷
交通アクセス:有川港から車で約15分、青方港から車で約25分

こんなに美しい風景がある「五島列島」一度は訪れたい絶景カメラ旅

こんなに美しい風景がある「五島列島」一度は訪れたい絶景カメラ旅
色彩に溢れる五島列島は、現代の楽園か!?

長崎県の離島「五島列島」を巡る1泊2日のカメラ旅はいかがでしたでしょうか?
五島列島には他では決して見られない文化と絶景があり、新たな色彩との出会いで溢れています。長崎からわざわざ五島列島に足を運ぶ価値は大。

ぜひ一度、カメラを携えて五島列島に足を運んでみてください。腕がなること、間違いなしです。

取材・写真・文:土庄雄平

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  >  >  > 
×