トップ > 全国 > 東海・北陸 > 名古屋・愛知 > 名古屋・瀬戸・犬山 > 名古屋 > 名古屋港 > 南極観測船ふじ

ナンキョクカンソクセンフジ

南極観測船ふじ

南極観測に貢献した船を間近で見られる

昭和40(1965)年から18年間、砕氷船として南極観測に貢献した船の博物館。歴史的資料を展示するほか、航海中に使用していた医務室や理髪室などが見学できる。

住所
愛知県名古屋市港区港町1-9 (大きな地図で場所を見る)
電話
052-652-1111(名古屋港ポートビル)
交通
地下鉄名古屋港駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休、7~9月は無休(春・冬休みは無休、GWは営業)
料金
乗船料=大人300円、小・中学生200円/3施設(名古屋港ポートビル展望室・名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ)共通券=大人700円、小・中学生400円/4施設(名古屋港水族館・名古屋港ポートビル展望室・名古屋海洋博物館・南極観測船ふじ)共通券=大人2400円、小・中学生1200円、幼児500円/(各種障がい者手帳持参者、愛知県在住の65歳以上無料)
駐車場
あり | 台数:700台 | 有料 | 30分100円、24時間最大1000円
ID
23002904

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア × テーマ

 >  >   >   >   >   > 
 >  >   > 
 >  >   >   >   >   > 

同じエリアに関連する記事

名古屋【リニア・鉄道館】スゴイ!が満載のスポット!

2011年の開館より6年が経った今も、変わらぬ人気を誇るリニア・鉄道館。遠方からも来館客が訪れる「スゴイ!」ポイントをおさえて、さっそくでかけてみよう。

【名古屋港水族館】キュートな海の生き物にトキメキ♪

水族館の三大スターともいえるシャチ、イルカ、ベルーガはもちろん、マイワシの大群やゴマフアザラシなどアイドルがいっぱいの名古屋港水族館。個性豊かな海の仲間たちと、神秘的な海の世界に癒されよう。

【愛知】季節のイベント&祭りをチェック!

掲載のデータは2018年7月に取材したものです。日時は変更される場合がありますので、事前にご確認ください。

【愛知】どんなトコ?エリア&基本情報をチェック!

日本を支える伝統文化や産業技術が集結する愛知県には、大都市名古屋だけでなく、郊外にも魅力的なスポットが盛りだくさん。4つのエリアに分けて、各地の特徴や見どころをご紹介!

条件検索

エリアとジャンルを指定してください