おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【愛知】季節のイベント&祭りをチェック!

【愛知】季節のイベント&祭りをチェック!

【愛知】季節のイベント&祭りをチェック!

by mapple

更新日:2019年2月23日

掲載のデータは2018年7月に取材したものです。日時は変更される場合がありますので、事前にご確認ください。

2018年

名古屋まつり

郷土が生んだ三英傑の勇姿を再現 【10月20・21日 名古屋市内一帯】
名古屋の秋の風物詩。見どころは織田信長・豊臣秀吉・徳川家康の三英傑が、武者など総勢約600人を従えて中心部を練り歩く郷土英傑行列。行列の合間には合戦の再現や華やかな踊りなども交えながら、豪華絢爛な時代絵巻が繰り広げられる。久屋大通公園やオアシス21、名古屋城で行われるステージやイベントにも注目だ。

名古屋まつり

香嵐渓もみじまつり

紅葉の名所で開催される秋の祭典【11月1日〜11月30日 豊田市香嵐渓内】
燃えるように赤く色づいた、約4000本のもみじが川面に映る様は息を呑むほどの美しさ。日本有数の紅葉の名所で行われるまつりは、お茶会、和太鼓の演奏など紅葉狩りとともに楽しめるにぎやかな催しが多数。また、期間中は日没から午後9時までライトアップされ、土・日曜、祝日には「竹灯りの香積寺」や「願掛けろうそく」が行なわれる。

香嵐渓もみじまつり

2019年

渥美半島菜の花まつり

見て食べて菜の花の魅力を満喫【1月中旬~3月末頃 田原市伊良湖町周辺】
伊良湖岬近くの国道沿いに、約1100万本の菜の花が咲き誇り、渥美半島に春の到来を告げる祭り。メイン会場の伊良湖菜の花ガーデンでは、菜の花狩りや地元の物産が並ぶ屋台など、楽しみ方も多彩だ。周辺の飲食店ではこの時期限定の菜の花料理も味わえる。

渥美半島菜の花まつり

国府宮はだか祭

壮絶にぶつかりあう男たちの姿が圧巻!【旧暦1月13日(2019年は2月17日)稲沢市国府宮神社】
1200年以上の歴史をもつ厄払い神事。人々の厄を一身に引き受ける“神男”にふれて一年の厄を落とそうと、厄年の男を中心にふんどし・白足袋姿の数千人の裸男が参道に集結。神男が参道に現れると、裸男たちは渦をなして神男のもとへ。神男が儺追殿に引き上げられるまでの約1時間、境内は激しいもみ合いの熱気であふれかえる。

国府宮はだか祭

犬山祭

豪華な車山と精緻なからくり人形は必見【4月6・7日 犬山市 犬山城前広場】
愛知県の有形民俗文化財に指定されている三層構造の車山(やま)13輌が笛、太鼓に合わせて順番に仕掛けも見事なからくり人形を披露する。夜は365個の提灯を車山に灯して、城下町を練り歩く。桜並木の本町通りを進む光景は錦絵のような艶やかさで、祭り自体が重要無形民俗文化財に指定、ユネスコ無形文化遺産に登録されている。

犬山祭

桶狭間古戦場まつり

450年前の戦国絵巻を今に伝える勇壮な祭り【6月第一土・日曜日 豊明市桶狭間古戦場伝説地一帯、高徳院ほか】
織田信長と今川義元が戦った歴史の舞台“桶狭間”で2日間にわたって開催。戦人塚供養、義元公供養のほか、公募武者や手づくり甲冑隊による武者行列や上高根警固隊火縄銃発砲、ハイキング大会などが行われる。また合戦再現劇では、両軍入り乱れた当時の戦いの様子が伝えられ、戦国ロマンが鮮やかに蘇る。

桶狭間古戦場まつり

豊橋祇園祭

本祭の神輿渡御と戦国時代から続く伝統の花火【7月19〜21日 豊橋市市街地一帯、吉田神社ほか】
多くの武将から信仰を集めた吉田神社で行われる祭事。崇敬が厚かった源頼朝の行列を再現した神輿渡御が本祭(22日)で、鎌倉・平安時代の衣装をまとった行列が練り歩く。また1558(永禄元)年に吉田神社で発祥したといわれる手筒花火が地元の氏子たちによって奉納(20日)されるほか、打ち上げ花火大会(21日)も多くの見物客でにぎわう。

豊橋祇園祭

海の日名古屋みなと祭

港の夜景と空を彩る花火に感動【7月16日(2018年度) 名古屋港ガーデンふ頭一帯】
2017年には、筏(いかだ)師一本乗り大会をはじめ、神楽揃え、音楽隊のパレード、和太鼓の演奏やジャズコンサートなどさまざまなイベントを開催。夜には地元女性会の踊り手による総おどりと花火大会が行われ、興奮は一気に最高潮へ。フィナーレには人気のメロディー花火が打ち上げられた。※2019年は未定

海の日名古屋みなと祭

おりもの感謝祭 一宮七夕まつり

絢爛豪華な日本三大七夕まつりの一つ【7月25~28日 一宮市一宮駅周辺、本町商店街内、市内一円】
織物業で発展した一宮市で、その織物の神である服織神社の祭神に感謝し行われる一宮市の夏の一大イベント。全国の七夕祭りの中でも盛大な祭りとして有名で、毎年100万人を超える観光客が訪れる。特産の毛織物を奉納する300mに及ぶ「御衣奉献大行列」や会場のきらびやかな飾り付けが見もの。

おりもの感謝祭 一宮七夕まつり

豊田おいでんまつり花火大会

全国屈指の花火師による花火が豊田の空をまばゆく彩る【7月最終日曜(予定)矢作川河畔白浜公園一帯】
おいでんまつりのフィナーレを飾る花火大会。全国的に著名な花火師による創作花火をはじめ、日本煙火芸術協会特別作品や手筒花火、スターマインなど、質の高いプログラムが特徴。なかでも、音楽と花火が見事にシンクロしたメロディ花火はこの大会最大の目玉。クライマックスのナイアガラ大瀑布も迫力満点だ。※内容は予定

豊田おいでんまつり花火大会

にっぽんど真ん中祭り

個性豊かに名古屋の街を舞い踊る【8月最終金・土・日曜(予定)久屋大通公園ほか23会場】
全国から集まった200組を超える参加チームが、出身地の地元民謡を含めた曲に合わせて鳴子をもって踊る。久屋大通公園を中心に市内各地で開催され、特に最終夜に行われるファイナルコンテストは必見!目の前で熱く技を競い合う大迫力の演舞に魅了される。また名古屋名物をはじめ、限定の“どまつりフード”も楽しみのひとつ。

にっぽんど真ん中祭り

筆者:mapple

まっぷる愛知 名古屋 知多・三河’19

発売日:2018年10月18日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×