>  >  入浴をもっと楽しく!温泉の効能や泉質って?意外と知らない温泉トリビア

入浴をもっと楽しく!温泉の効能や泉質って?意外と知らない温泉トリビア

目次

  • トリビア① あたたかくなくても温泉!
  • トリビア② 古来の名泉は温泉法に該当しない?
  • トリビア③ 「療養泉」は温泉のさらに小分類
  • トリビア④ 「単純温泉」や「硫黄泉」は療養泉をさらに分類したもの
  • トリビア⑤ 泉質によって効能は違う
  • トリビア⑥ 単純泉は普通のお風呂とあまり違わないことも
  • トリビア⑦ 温泉の効能は源泉に対して認められたもの
  • トリビア⑧ 温泉成分は肌から染み込むわけではない!
  • まとめ:細かなことは気にせず、体をあたためてリラックス

トリビア⑧ 温泉成分は肌から染み込むわけではない!

アルカリ性の温泉はお肌がツルツルになる「美肌の湯」などと呼ばれることも多いですが、実際に温泉の成分が肌から吸収されることはあるのでしょうか?

温泉の薬理成分が皮膚から直接、体内に吸収されることは、ほとんどありません。だからこそ、大量の塩分や毒物を含むお湯でも入浴できるのです。

ただし、傷口や呼吸器・消化器官の粘膜に温泉水が触れた場合はそこから吸収されてしまうため、注意しましょう。

塩類泉や二酸化炭素泉は傷に対する殺菌効果があるため、効能として切り傷が数えられています。

まとめ:細かなことは気にせず、体をあたためてリラックス

まとめ:細かなことは気にせず、体をあたためてリラックス
写真:123RF

温泉に関して、知っているようで知らない知識を紹介しました。

温泉の成分は刻々と変化するものですし、温泉から得られる健康上の効果は、含有物質によるものだけではありません。

むしろ、自然に恵まれた非日常的な空間でリラックスやリフレッシュを感じるなど、精神的な要素が及ぼす効果が大きいと言えるでしょう。

場所は、自宅でも銭湯でもよいのです。

効能をあまり気にしすぎずに、リラックスして入浴体験そのものを楽しみましょう!

 

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事に関連するタグ

エリア

 >  > 
×