「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  ラーメン好き必見!全国のご当地ラーメン24選 週末はこだわりのラーメンを味わいに出かけよう

ラーメン好き必見!全国のご当地ラーメン24選 週末はこだわりのラーメンを味わいに出かけよう

ラーメン好き必見!全国のご当地ラーメン24選 週末はこだわりのラーメンを味わいに出かけよう

暑さがやわらいで、秋の気配も感じられるようになりました。

夏の帰省や旅行のイベントも一段落して、お出かけはふらりと気軽に楽しみたい。
そんな週末は、少しだけ足を伸ばして、ご当地ラーメンを味わいに出かけませんか?
あたたかな湯気に包まれた醤油や味噌の香りが、夏の疲れを吹き飛ばしてくれます。

ご当地ラーメンは札幌、博多が有名ですが、お隣の県にも名物ラーメンや名店があるのを、意外と知らないのでは?

人気店をはしごしたり、家族やカップルでメニューを食べ比べたり、楽しみ方はいろいろ。ラーメン好きな方、日帰りドライブや電車旅でおいしいラーメンをねらいうちしたい方、必見です!

近くのご当地ラーメンを探したい方はこちら

目次

  • 札幌ラーメン 【北海道】
  • 函館ラーメン 【北海道】
  • 旭川ラーメン 【北海道】
  • 冷やしラーメン 【山形県】
  • 米沢ラーメン 【山形県】
  • 白河ラーメン 【福島県】
  • 喜多方ラーメン 【福島県】
  • 佐野ラーメン 【栃木県】
  • 横浜家系ラーメン 【神奈川県】
  • 横浜サンマーメン 【神奈川県】
  • 高山ラーメン 【岐阜県】
  • 名古屋台湾ラーメン 【愛知県】
  • 天理ラーメン 【奈良県】
  • 和歌山ラーメン 【和歌山県】
  • 牛骨ラーメン 【鳥取県】
  • 岡山ラーメン 【岡山県】
  • 広島ラーメン 【広島県】
  • 尾道ラーメン 【広島県】
  • 徳島ラーメン 【徳島県】
  • 博多ラーメン 【福岡県】
  • 久留米ラーメン 【福岡県】
  • 熊本ラーメン 【熊本県】
  • 鹿児島ラーメン 【鹿児島県】
  • 番外編! 沖縄そば 【沖縄県】

札幌ラーメン 【北海道】

札幌ラーメン 【北海道】
らーめん信玄 南6条店 信州こくみそ 760円
豚のゲンコツや野菜などを48時間煮込んだ、雑味がなくまろやかな味わいのスープが人気

ご存知・札幌名物。本場の味を堪能しよう

札幌ラーメンは濃い目の味とたくさんの野菜、一杯の量が多めなのが特徴といえます。そしてなんといっても秘伝の味噌味。札幌の町には味を守り続ける老舗、ラーメンランキングで上位に名を連ねる名店、元祖さっぽろラーメン横丁など、一度は食べてみたい札幌ならではのラーメン店が軒を連ねています。

【おすすめの一軒!】麺屋 彩未

【おすすめの一軒!】麺屋 彩未
味噌らーめん 780円
チャーシューの上にのったすりおろししょうががさっぱりとした後味を演出

行列必至、札幌ラーメン随一の味噌を
いろいろな雑誌のラーメンランキングに必ず上位でランクインする人気のラーメン店。今や札幌ラーメンの名店のひとつにもなっています。ダントツ人気は味噌らーめん。

住所 北海道札幌市豊平区美園十条5丁目3-12
営業時間 11:00~15:15(L.O.)、17:00~19:30(閉店)

このスポットの詳細を見る

函館ラーメン 【北海道】

函館ラーメン 【北海道】
函館麺や 一文字 塩らーめん 770円
丸鶏や南茅部産昆布をじっくりと煮込んだスープは、あっさりながらも奥深い味わい

これぞ本物。本場の塩ラーメンを体験

札幌の味噌、旭川の醤油と並び北海道三大ご当地ラーメンの一つとして有名な函館塩ラーメン。日本で最初にラーメンが食べられたのは函館だという説もあります。濃厚な味噌味の札幌とは対照的に、函館はあっさりながらもコクのある塩味と味わい深い澄んだ透明スープ、そして縮れ麺ではなくストレートな麺を使うのが特徴です。

【おすすめの一軒!】函館麺厨房あじさい本店

【おすすめの一軒!】函館麺厨房あじさい本店
味彩 塩拉麺 750円
スープは道南産の昆布をベースに、火であぶってうまみを閉じ込めた豚骨と鶏ガラを使用

函館塩ラーメンといえばココ! 昆布出汁のスープが絶品
創業80年を超える老舗ですが、常に新しさを取り入れるスタイルで地元民、観光客を問わず広い支持を受けています。澄んだスープは見た目からは想像できない深いコク。特注のストレート麺との相性も抜群です。

住所 北海道函館市五稜郭町29-22 2階
営業時間 11:00~20:25(L.O.)

このスポットの詳細を見る

旭川ラーメン 【北海道】

旭川ラーメン 【北海道】
梅光軒本店 醤油ラーメン 730円
醤油ダレは自家製で、奥行きがあり、飽きのこない味わい

旭川必食グルメ!【旭川ラーメン】老舗で味わおう!

北海道三大ラーメンの最後は旭川ラーメン。地域で養豚業が盛んなことから豚骨とラードをベースに、鶏ガラや野菜とも合わせた醤油味のダブルスープが特徴です。使用する麺はスープがよくからむ中細縮れ麺。冬季はマイナス30℃にもなる旭川では、スープが冷めにくく体の温まるラードを使って、濃厚なうまみを引き出しています。

【おすすめの一軒!】みづの

【おすすめの一軒!】みづの
生姜ラーメン(醤油)630円
醤油ベースのスープはやさしく素朴な味わい。季節によってしょうがの量を調節

お客の9割が注文する名物・生姜ラーメン
昭和41(1966)年創業。先代の店主が考案した「生姜ラーメン」が人気です。生姜のすりおろしと豚骨ベースのスープがマッチして、食べ進めるうちにジワジワと体が温まってきます。

住所 北海道旭川市常盤通2丁目
営業時間 10:30~14:30(閉店)、17:00~18:30(閉店19:00)、日曜は11:00~16:00(閉店)、要確認

このスポットの詳細を見る

冷やしラーメン 【山形県】

冷やしラーメン 【山形県】
山形五十番飯店 冷たいラーメン 788円
冷たくてもうまみが残る和風だしが効いたスープと、中細縮れ麺がマッチ

夏を乗り切るための発想から誕生した料理

盆地の為に夏は40℃に迫る東北山形。そこで生まれたのが「冷やしラーメン」。味はすっきり醤油味。冷やし中華とは違い酸味もなく、見た目は普通のラーメンとなんら変わりません。でも時には氷を浮かべるほど、麺もスープも涼しさ満点な夏のラーメンです。冷たくしても油が固まらないのは長年の研究の成果。山形といえば日本ソバが有名ですが、ソバと共に地元で愛され続けてきたのが冷やしラーメンなのです。

【おすすめの一軒!】栄屋本店

【おすすめの一軒!】栄屋本店
冷しらーめん 810円
通年食べられるメニュー。氷を浮かべ最後まで冷たさをキープ

冷やしラーメン発祥の店 コクのある冷たいスープは必食!
昭和27(1952)年に、お客のリクエストに応えて作られたのが始まり、という元祖冷やしラーメンの店。牛骨とかつお節、昆布などでとったまろやかな味のスープに、モチモチとした食感と強いコシのある麺が特徴です。

住所 山形県山形市本町2丁目3-21
営業時間 11:30~20:00(閉店)、冬期は~19:30(閉店)

このスポットの詳細を見る

米沢ラーメン 【山形県】

米沢ラーメン 【山形県】
そばの店ひらま 中華そば 600円
鶏ガラベースのスープは醤油でコクをプラス。極細の自家製麺にスープが絶妙にからむ

昭和の懐かしさ漂うご当地ラーメン

米沢ラーメンは、大正時代から続く屋台ラーメンの流れを引き継いだ優しい味。スープは鶏ガラ、野菜、煮干しなどを使ったあっさりの醤油味。加水率が高めな細打ちの縮れ麺は数日寝かせてから丹念に手揉みするため、独特の縮れ感と強いコシが特徴です。
そしてスープに浮かぶ具材もチャーシュー、ネギ、海苔、なるととオーソドックス。どこか懐かしく、これぞ醤油ラーメン!という味です。

【おすすめの一軒!】熊文

【おすすめの一軒!】熊文
中華そば 600円
細縮れ麺にからむあっさり味のスープは、国産かたくちいわしの香ばしさがアクセント

あっさり醤油スープは米沢ラーメンの真髄
米沢ならではのあっさり味のラーメンを作り続ける人気店。煮干しや鶏ガラ、豚ガラのうまみをバランスよくまとめたスープは、生醤油を加えることで、香り良くまろやかな風味に仕上がっています。

住所 山形県米沢市春日5丁目2-52
営業時間 11:00~14:50(閉店15:00)、16:30~18:50(閉店19:00)、日曜、祝日は11:00~19:00(閉店)
休業日 木曜、第3金曜、木曜が祝日の場合は翌日休、第3金曜が祝日の場合は第4金曜(年末年始休)

このスポットの詳細を見る

白河ラーメン 【福島県】

白河ラーメン 【福島県】
火風鼎 究極のチャーシューメン 950円
余分な脂を取り除いたあっさりチャーシューが好評。煮汁はスープにも加えられている

昭和の懐かしさ漂うご当地ラーメン

福島県内で今や喜多方と人気を二分する白河ラーメン。市内には約100軒のラーメン店がひしめき合います。鶏ガラ、豚骨、煮干しなどをベースにした醤油スープは、濃厚なダシよりも醤油自体の旨味を凝縮したあっさり味。ツルツルでモチモチの平打ち縮れ麺には香り高い醤油の旨味がよくからみます。炭でいぶした縁の赤いチャーシューも特徴的です。

【おすすめの一軒!】とら食堂

【おすすめの一軒!】とら食堂
手打中華 680円
食材はすべて天然ものにこだわり、スープは手打ち麺と相性抜群

現在の“白河ラーメン”を確立した名店
手打ちの中太麺に豚ガラと鶏ガラでとったスープを組み合わせ。トッピングは炭火で焼いてから煮るという、ちょっと変わったチャーシュー。シンプルながら温かく、お腹と心にしみ入るような味わいは発祥の店ならではの味です。

住所 福島県白河市双石滝ノ尻1
営業時間 11:00~14:30(材料がなくなり次第閉店)、16:00~18:00(材料がなくなり次第閉店、繁忙期は要問合せ)

このスポットの詳細を見る

喜多方ラーメン 【福島県】

喜多方ラーメン 【福島県】
あべ食堂 中華そば 650円
バラ肉と上肉のチャーシューがのり、それぞれの肉の味と食感が楽しめる

札幌、博多とともに日本三大ラーメンに数えられる

喜多方は人口比のラーメン店舗数が日本一! 喜多方ラーメンは、大きく肉厚のチャーシュー、幅約4ミリの平打ち熟成多加水麺、やや濃い目の鶏ガラと豚骨スープに煮干しベースを合わせ、醤油味を基本に巧みにブレンドしています。
味は意外にもさっぱりとしていて、丼に散りばめられた豚バラの煮豚やなると、メンマなどの具材も、どこか昭和の懐かしいラーメンを思わせます。

【おすすめの一軒!】食堂 はせ川

【おすすめの一軒!】食堂 はせ川
淡麗醤油中華そば 特大チャーシュー 1030円(数量限定)
肉は1頭から約20杯分しか取れない部位を使用。キレのある淡麗醤油はスープと混ざってまるみが出る

トロトロに煮込んだ国産三枚肉のチャーシュー
煮干の風味を効かせたスープ、もっちり食感の中太縮れ麺、自家製チャーシューが一体となったラーメンは地元でも評判の味。この味を求めて全国からラーメン好きが訪れています。

住所 福島県喜多方市大荒井6
営業時間 11:00~15:00(閉店、スープがなくなり次第閉店)

このスポットの詳細を見る

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×
×