コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  横浜【山手】異国情緒あふれる街をぶらり散歩

横浜【山手】異国情緒あふれる街をぶらり散歩

by mapple

更新日:2018年2月19日

開港と同時に外国人の居留地となった山手エリア。居留地時代の名残をとどめるすてきな屋敷をめぐって、お気に入りの場所を見つけよう。

さんぽを楽しむ4つのコツ

その1 脱ぎやすい靴を選ぼう

建物内部の見学は靴を脱いでスリッパに履き替えるスタイルがほとんど。

その2 イベントはこまめにチェックしよう

季節ごとのイベントをはじめ、音楽コンサートもよく開かれている。

その3 休館日に注意しよう

洋館は水曜定休、飲食店やショップは月曜定休が多いので気をつけて。

その4 坂を下るルートがおすすめ!

港の見える丘公園まで一気に上ると、あとは石川町駅まで下り坂になる。

おさんぽルート

START!
元町・中華街駅

⇩ 徒歩5分

港の見える丘公園

ベイブリッジが望める坂の上の展望名所 所要20分
元町・中華街駅近くの坂を上ったところにある公園。開港してすぐにイギリスやフランスの軍隊が駐屯していた場所で、今は絶好のビュースポットとして人気がある。

展望台からの眺めがこれ!
ここをCheck!
横浜港を行き交う船や横浜ベイブリッジなど、港町ならではの風景を一望できる

公園の東側に位置する霧笛橋付近は桜の名所として知られている。レトロなアーチ橋と桜のコントラストは圧巻

展望台からの夜景も見もの。光をまとったハイカラな港町は、なんともロマンティック

展望台

公園の中心部に位置し、正面に横浜ベイブリッジを一望。屋根付のベンチもある。

大佛次郎記念館

『鞍馬天狗』や『霧笛』などの作品で知られる横浜出身の作家、大佛次郎の貴重な原稿や愛用品などを展示している。約7万点もの資料を所蔵しており、見ごたえ十分。

大佛次郎記念館併設カフェ ティールーム霧笛

大佛夫人が始めた喫茶室。大佛が愛した猫グッズをいたるところにディスプレイ。

大佛が愛した猫グッズに癒される

ローズガーデン

階段風の水路や西洋風のあずまやがすてき。例年5月と10月には約330種もの花々が満開となり、見物客でにぎわう。

⇩ 歩いてすぐ

港の見える丘公園内 山手111番館

スパニッシュスタイルのモダンな意匠 所要10分
べーリック・ホールを設計したJ.H.モーガンにより、大正15(1926)年に建築された木造2階建ての建物。3連アーチの玄関や赤い瓦屋根、白壁が特徴的で、浴室や食堂などの見どころがある。

J.H.モーガンの代表作とも評されている建物で、リゾート地にある別荘のような風情が漂う

ここをCheck!
木のぬくもりあふれるたたずまいから、当時の暮らしぶりがうかがえる

併設カフェ カフェ・ザ・ローズ

ローズガーデン内に位置し、店内にはお菓子やグッズのショップも。

テラス席が人気

⇩ 歩いてすぐ

港の見える丘公園内 横浜市イギリス館

英国総領事公邸として建設 所要10分
重厚感あるオーセンティックな建物で、シンプルで気品あふれるたたずまいが目をひく。広い敷地と建物規模から、東アジアにある領事公邸のなかでも上位に格付けされていた。

ここをCheck!
玄関脇にはめ込まれた王冠入りの銘版など、随所に公邸時代の名残が見られる

2階の展示室。現在1階ホールではコンサートなども開催

こちらもおすすめ!

岩崎ミュージアム

服飾の歴史からゲーテ座の資料などを展示した館内は見ごたえあり

横浜外国人墓地

開港時代、ペリー艦隊の水兵を仮埋葬したのが始まり。資料館も併設

⇩ 歩いて5分

レストラン山手ロシュ

特製デミソースが絶品 所要60分
外国人墓地の向かいにある洋食の老舗。晴れた日には富士山も見えるというロケーションの良さ。人気の「ビーフシチューハンバーグ」は、遠方から食べにくるファンも多い。

創業は昭和42(1967)年。ヨーロピアンクラシック調の看板が目印

昭和レトロな雰囲気が漂う店内からは横浜ランドマークタワーも望める

イチオシMENU

ビーフシチューハンバーグ(セット)2100円
やわらかで上質なハンバーグに濃厚なビーフシチューがたっぷりかかっている

ここをCheck!
洋食の基本ともいえるデミソースは10日以上かけて作られる

これもおすすめ

オムレツライス1100円
口の中でトロける! こだわりの卵で作ったふわふわオムレツ

⇩ 歩いて5分

Christmas Toys

トラッドなクリスマスを提案 所要20分
赤を基調としたクリスマスアイテムがぎっしり詰まったなごみの空間。アメリカを中心に、日本やヨーロッパなどから集めた雑貨やお菓子類が約1000種類もそろう。

クリスマスのオーナメントだけでも200種類以上!
ここをCheck!
アメリカ人宣教師が住んでいた古い洋館を改装した、雰囲気ある店内

人気Best3はこれ!

ロボットサンタ各1944円
サンタがロボットになったら…というコンセプトのデスクオーナメント

PERZYのスノードーム(M)2160円
オーストリア発の老舗スノードームメーカー「PERZY」の人気アイテム

プッシュトイ各1944円
普通に立っていたツリーやサンタが、底を押し上げるとぐんにゃり姿に!

⇩ 歩いて3分

山手234番館

山手本通り沿いの西洋式共同住宅 所要10分
関東大震災の復興事業として昭和2(1927)年頃に建築された外国人向けのアパートメントハウスで、西洋式住宅の要素が集約されている。創建当時は3LDKの住戸が4つあった。

ここをCheck!
1階は山手地区にある洋館のパネル展示、2階は貸出スペースに

昭和50年代頃までは実際にアパートメントとして使用していた

⇩ 歩いて1分

さりげなく立てられている道しるべだってこんなにおしゃれ

エリスマン邸付近に設置されているレトロな電話ボックス

しょうゆ・きゃふぇ

素材にこだわる小さな喫茶室 所要40分
最高の醤油として知られる「天野醤油」の甘露しょうゆを素材テーマにフードメニューを考案。デザートは指定農園からのこだわり素材を使用しており、食事とともに上質の味が堪能できる。

喫茶室のテラスからは四季折々の自然に彩られた景観が楽しめる

イチオシMENU

元祖生プリン864円
バニラ風味のミルクと生黄卵、キャラメルソースの絶妙ハーモニーがたまらない

ここをCheck!
メニューは誉れ高い「天野醤油」の甘露しょうゆを素材テーマに構成

エリスマン邸

緑に映える白いモダンな洋館。大正15(1926)年スイス人貿易商の邸宅として、アントニン・レーモンドの設計により建築。

この西洋館の中にある!

⇩ 歩いて1分

ベーリック・ホール

山手最大級の規模を誇る 所要20分
昭和5(1930)年に建築された貿易商B.R.ベリック氏の住宅。スパニッシュスタイルを基調とし、現存の山手外国人住宅で最大規模とされる。玄関の3連アーチや瓦屋根の煙突など、建築学的価値も高い。

フロアガイド
1F ダイニング、リビング、台所など。廊下の床は白と黒のタイル張り
2F 寝室が並ぶ。令息寝室はフレスコ技法を用いて壁を復元した

セント・ジョセフ・インターナショナルスクールの寄宿舎として使われたことも

四つ葉形の小窓
ヨーロッパの伝統的な技法を用いた小窓

リビングルームの窓の向こうはパームルーム
高い天井と市松模様の床が印象的なかつての休憩室

ダイニングルーム
シックなインテリアや白い漆喰壁、天井の梁、部屋全体に重厚さが漂う

主人寝室
ベリック氏は経営者として横浜とロンドンを頻繁に行き来していたという

婦人寝室
港の景色が望めるサンポーチ付。やさしい色調でまとめた気品あふれる部屋

令息寝室
創建当時べリック氏の子息はすでに青年だったとされている

おしゃれな部屋作りの参考になる、センス抜群のコーディネイト

⇩ 歩いて10分

外交官の家

明治期から残る美しい住居 所要20分
明治43(1910)年に、明治政府の外交官を務めた内田氏の邸宅として東京・渋谷に建造され、1997年に移築・復原された。アメリカン・ヴィクトリアン様式の木造建築で、重要文化財にも指定されている。

ここをCheck!
山手イタリア山庭園内に位置。5月にはバラが咲き誇り、庭園を美しく彩る

アール・ヌーヴォー風のステンドグラスがあちこちに施されている

日が差し込む明るい大客間はパーティなどにも使われていた

八角形のサンルーム。窓からは、横浜の街並みを一望できる

アール・ヌーヴォー風の美しい主寝室にはガスストーブも

併設カフェ ブラフガーデンカフェ

港町を一望できるテラス席が人気だが、ガラス張りの開放感あふれる店内もおすすめ。

ロケーション抜群!

⇩ 歩いて3分

ブラフ18番館

大正末期の木造建築 所要10分
関東大震災後、外国人住宅として山手町45番地に建築。戦後はカトリック山手教会の司祭館として使用された後、現在の場所に移築された。館内では大正末期から昭和初期の暮らしぶりがうかがえる。

ここをCheck!
赤いフランス瓦に、上げ下げ窓と鎧戸など、建物の随所にセンスが光る

サロンには当時、元町で制作されていた横浜家具を復元展示

⇩ 石川町駅まで徒歩5分、元町ショッピングストリートへ徒歩7分

GOAL!

おみやげに洋館グッズをゲット

バラをモチーフにしたアイテムなど、オリジナルみやげも種類豊富にそろう。

横浜山手西羊羹680円
シンプルゆえに北海道産小豆の風味がひき立つ。小豆、小倉、黒糖の全3種類

クリアファイル(紺・白)各210円
横浜山手西洋館(全7館)が描かれた上品なデザインが好評。A4サイズのみ

ローズジャム 550円
古くから健康食として知られるローズジャム。バラの花びら入り

まだまだあります!すてきな西洋建築

街のいたるところですてきな洋館に出会える山手地区。時間と体力に余裕があれば、さんぽコースに追加したい注目スポットがこちら。

カトリック山手教会

近代日本初の教会、横浜天主堂を前身とする
中欧・チェコ出身の建築家J.J.スワガーの設計による、典型的なネオ・ゴシック様式の教会建築。現在の建物は昭和8(1933)年に再建されたもの。

旧山手68番館

クラブハウスとして復活した賃貸住宅
昭和9(1934)年に建築されたコロニアル風のバンガロースタイルで、現在は市営テニスコートのクラブハウス兼管理事務所として使われている。

山手資料館

屋根の形が特徴的な木造建築
横浜に現存する明治期唯一の木造洋館。明治42(1909)年に建築され、開港当時の歴史を伝える資料のほか、浮世絵なども展示する。

筆者:mapple

まっぷる横浜 中華街・みなとみらい’19

発売日:2018年01月10日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる横浜 中華街・みなとみらい’19」です。掲載した内容は、2017年9〜11月現在の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金・価格ほか、各種掲載情報が変更されたり、季節による変動や、売り切れ、臨時休業、閉店などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、事前にご確認のうえおでかけください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×