>  >  >  >  >  >  京都【上賀茂・下鴨】おすすめ観光スポットをチェック!

京都【上賀茂・下鴨】おすすめ観光スポットをチェック!

京都【上賀茂・下鴨】おすすめ観光スポットをチェック!

上賀茂神社

平安京の歴史よりも古い神社
正式名称は賀茂別雷(かもわけいかづち)神社。同じく賀茂氏の祖先神を祀る下鴨神社とともに、王城鎮護の社として敬われ、伊勢神宮に次ぐ格を与えられた。国宝の本殿と権殿、重要文化財41棟を含む約60もの建築物がある。

上賀茂神社

立砂
細殿前にある円錐形の立砂は、神が降り立つ神聖な場所といわれている。

上賀茂神社
by fotolia - ©ogurisu

玉橋(重要文化財)
朱塗りも鮮やかな美しい橋。神事で神官が渡るときにのみ使い、一般の人は通れないことになっている。

上賀茂神社
上賀茂神社

葵祭の競馬神事にちなんだ、馬みくじ500円
創建時に馬を走らせ祭りを行なったと社伝にあり、現在も馬を走らせる神事がある

ここに注目! 上賀茂手づくり市

キュートな手作り品に大感動
上賀茂神社で毎月第4日曜に行なわれる縁日。2006(平成18)年にスタートし、手作り作品が並ぶ。かわいい手作りスイーツも販売され、のんびりと楽しめる。

ここに注目! 上賀茂手づくり市

つい手に取りたくなるきのこの形のカラフルなフェルト小物

ここに注目! 上賀茂手づくり市
ここに注目! 上賀茂手づくり市

緑に包まれた気持ちのいい境内で買い物を楽しみたい

上賀茂手づくり市

住所
京都府京都市北区上賀茂本山339 上賀茂神社境内
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで40分、上賀茂御薗橋下車、徒歩3分
営業期間
毎月第4日曜(小雨決行)
営業時間
9:00~16:00
休業日
情報なし
料金
店舗により異なる(出店は有料)

上賀茂神社の摂社 大田神社

カキツバタで有名な神社
長寿・縁結び・芸能の神。参道脇の沼地は「大田の沢」と呼ばれるカキツバタの群生地。5月の開花時は観賞者でにぎわう。

所要 10分

上賀茂神社の摂社 大田神社

野生のカキツバタは、天然記念物に指定されている

大田神社

住所
京都府京都市北区上賀茂本山340
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで40分、上賀茂御薗橋下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
無休
料金
育成協力金(カキツバタの池見学の場合)=300円(開花期のみ)/

上賀茂神社

住所
京都府京都市北区上賀茂本山339
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで40分、上賀茂御薗橋下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
境内自由(二の鳥居内は5:30~17:00)
休業日
無休
料金
特別参拝=500円/縁結び絵馬=500円/結びの矢=300円/馬みくじ=500円/

Column 賀茂川沿いをのんびり歩こう

賀茂川沿いは京都で人気の散策エリア。天気の良い日におでかけしてみたい。

京都府立植物園

日本最大級の観覧温室
賀茂川沿いに約24万㎡の敷地をもつ植物園。開園は1924(大正13)年。1万2000種類もの花や木が栽培され、四季を通じて楽しめる。観覧温室は国内最大級。

京都府立植物園

京都府立植物園

住所
京都府京都市左京区下鴨半木町
交通
地下鉄北山駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉園17:00)、温室は10:00~15:30(閉室16:00)
休業日
無休(12月28日~翌1月4日休)
料金
入園料=200円/温室=200円/年間パスポート=大人1000円、高校生750円/(団体割引あり、70歳以上、障がい者は証明書の持参で無料)

社家の街並

歴史を感じる情緒漂う街並
上賀茂神社から流れる明神川沿いには、代々上賀茂神社に仕えた社家の屋敷が並ぶ。川の水を邸内に引き入れた造りが特徴。石垣と土塀の続く街並みが見られる。

社家の街並

社家の町

住所
京都府京都市北区上賀茂池殿町ほか
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで40分、上賀茂御薗橋下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

半木の道

緑と水が心地よいピンクのトンネル
植物園西側の賀茂川畔の散策路が半木の道。およそ1㎞にわたって紅しだれ桜やソメイヨシノの並木が続く桜の名所で、春には桜のトンネルができる。

半木の道

賀茂川半木の道

住所
京都府京都市左京区下鴨半木町
交通
地下鉄北山駅から徒歩10分
営業期間
通年(桜の見頃は4月上旬~中旬)
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

下鴨神社

太古から糺の森に鎮座する古社
祭神は勝利導びきの神である賀茂建角身命と安産の神である玉依媛命で、正式名は賀茂御祖(かもみおや)神社。平安時代は王城鎮護の神としてあがめられていた。国宝の本殿をはじめ、重文に指定されている社殿53棟が建ち並ぶ。

所要 30分

下鴨神社

高野川と賀茂川が合流する一帯に広がる糺の森(ただすのもり)。樹齢200年超の木々が茂る、神秘的な原生樹林だ

下鴨神社

楼門(重要文化財)
糺の森を抜けると現れる朱色の立派な門は国指定の重要文化財。入母屋造で、1628(寛永5)年に建て替えられたものとされる。

下鴨神社
by fotolia - ©ogurisu

御手洗池
毎年夏に足つけ神事(みたらし祭)が行なわれる。みたらし団子の名前の由来として知られている。

下鴨神社の摂社 河合神社

美人祈願で知られる神社
女性の守護神が祀られていることから、美への願いが叶うといわれ、信仰を集める。自分の顔に見立てて化粧を施す鏡絵馬で、美しい女性をめざして。

所要 15分

下鴨神社の摂社 河合神社

『方丈記』の鴨長明ゆかりの社

下鴨神社の摂社 河合神社

鏡絵馬800円

下鴨神社境内 河合神社

住所
京都府京都市左京区下鴨泉川町59
交通
京阪鴨東線出町柳駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
6:30~17:30(閉門)
休業日
無休
料金
拝観料=無料/鏡絵馬=800円/

下鴨神社

住所
京都府京都市左京区下鴨泉川町59
交通
JR京都駅から市バス205系統四条河原町北大路バスターミナル行きで30分、下鴨神社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
6:30~17:00(閉門、時期により異なる)
休業日
無休
料金
大炊殿=500円/葵守=800円/媛守・彦守=800円/宝物殿=500円/(15名以上の団体は大人450円)

Check 優雅で古趣豊かな京都三大祭のひとつ「葵祭」

平安貴族の衣装をまとい、京都御所を出発する行列が見どころ。総勢500人以上、馬36頭、牛4頭、牛車2基、輿1台の王朝行列が下鴨神社、上賀茂神社へと向かう。総距離は8㎞にも及ぶ。

Check 優雅で古趣豊かな京都三大祭のひとつ「葵祭」

葵祭

住所
京都府京都市左京区下鴨神社、北区上賀茂神社ほか
交通
JR京都駅から市バス205系統四条河原町北大路バスターミナル行きで30分、下鴨神社前下車すぐ(下鴨神社)
営業期間
5月15日
営業時間
斎王代行列10:30~
休業日
情報なし
料金
有料観覧席=2050円(要問合せ)/

人気おすすめスポット!見る、買う、食べる!

旧三井家下鴨別邸

豪商・旧三井家の別邸
三井家の先祖を祀る社が下鴨にあったことから、休憩所として築かれた。主屋(2・3階は非公開)、玄関棟、茶室(非公開)からなる重要文化財。

旧三井家下鴨別邸

旧三井家下鴨別邸

住所
京都府京都市左京区下鴨宮河町58-2
交通
京阪鴨東線出町柳駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉門17:00)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休(年末休)
料金
入場料=大人410円、中・高校生300円、小学生200円/金箔入り金平糖=720円(1個)/マカロン=360円(3個入)/焼もっちり=890円(6個入)/絵はがき=100円(1枚)/クリアフォルダー=300円/

神馬堂

売り切れ必至の名物
備中産のつぶ餡をくるんだ平たい餅を香ばしく焼いた「やきもち」が名物。いつでも焼きたてが食べられるのでうれしい。

神馬堂

神馬堂

住所
京都府京都市北区上賀茂御薗口町4
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで40分、上賀茂御薗橋下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
7:00~12:00(売り切れ次第閉店)
休業日
水曜(1月1~3日休)
料金
やきもち(要予約)=130円/

グリル生研会館

どこか懐かしい洋食レストラン
下鴨神社すぐ近くの洋食店。味の決め手のソースは手間を惜しまない。ふんわりとしたハンバーグやシチューが絶品だ。

グリル生研会館

グリル生研会館

住所
京都府京都市左京区下鴨森本町15 生産開発科学研究所ビル 1階
交通
JR京都駅から市バス205系統四条河原町北大路バスターミナル行きで30分、糺ノ森下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
12:00~13:30(閉店14:00)、17:00~19:30(閉店20:00、水曜は昼のみ)
休業日
木曜(年末年始休)
料金
ハンバーグとエビフライのセット=1400円/スペシャルランチ=1800円/タンシチュー=2500円/ 平均予算(昼):1500円, 平均予算(夜):1500円

加茂みたらし茶屋

下鴨神社の名物おやつ
下鴨神社の向かいにある、みたらし団子発祥の店。焦げ目のついた団子は黒蜜のタレと調和しておいしい。

加茂みたらし茶屋

3本お茶付で420円。100%米の粉を使用している

加茂みたらし茶屋

住所
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53
交通
JR京都駅から市バス205系統四条河原町北大路バスターミナル行きで30分、下鴨神社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~18:00(閉店19:00)
休業日
水曜、祝日の場合は営業(1月1日休)
料金
みたらし団子(3本、お茶付)=420円/加茂みたらし(3本)=420円/わらび餅(お茶付)=550円/ところ天(お茶付)=500円/ぜんざい=800円/いそ巻=620円/みたらし団子持ち帰り(5本)=590円~/ 平均予算(昼):500円, 平均予算(夜):500円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる京都’19」です。掲載した内容は、2017年9月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×