>  >  >  >  >  > 

オンネトー

【ベストシーズン】 6~10月中旬
天候や時間、角度により水の色が変化する不思議な湖。周囲は遊歩道になっており、アカエゾマツやシナノキの巨木が立ち並ぶ天然林や野草を観賞しながらのんびり散策できる。

オンネトー

五色に変わる神秘の湖

オンネトー

住所
北海道足寄郡足寄町茂足寄
交通
JR根室本線釧路駅から阿寒バス阿寒湖畔行きで2時間、終点下車、タクシーで20分
料金
情報なし

宗谷岬ウィンドファーム

【ベストシーズン】 6~8月
一年を通じて強い風が吹く宗谷岬周辺。宗谷丘陵には、その風を利用した風力発電の風車が57基立ち並んでいる。広大な自然の中に立つ風車群は独特の景観をつくっている。

宗谷岬ウィンドファーム

丘の上に並ぶ大型風車が圧巻

宗谷岬ウィンドファーム

住所
北海道稚内市宗谷岬
交通
深川留萌自動車道留萌大和田ICから国道232号・40号・238号を稚内方面へ車で200km
料金
情報なし

能取岬

【ベストシーズン】 夏、冬
澄んだオホーツク海と知床連山を眺める景勝地。一面の緑の中に白と黒の能取岬灯台があり、ロケーションがよいことから、映画などのロケ地として使われることもしばしば。最近ではアイドルグループのメンバーが登場する航空会社のCMロケ地として話題になった。

能取岬

白と黒の灯台が印象的なオホーツク海を見下ろす岬

能取岬

住所
北海道網走市能取岬
交通
JR石北本線網走駅からタクシーで20分
料金
情報なし

オホーツクの流氷

【ベストシーズン】 2月上旬~3月上旬
海氷が凍るという自然現象は、地球広しといえども、極地付近とオホーツク海でしか見られない。流氷はオホーツク海沿岸にはおおむね2月初旬に接岸し、観光船で見られる。

オホーツクの流氷

広大な海面を埋め尽くす氷の塊

藻岩山からの夜景

【ベストシーズン】 通年
2015年に「日本新三大夜景」のひとつに認定された札幌の夜景。なかでも藻岩山からの夜景が人気を集めた。標高531mの山頂展望台からは、色とりどりに輝く札幌の街並みを見下ろせる。

藻岩山からの夜景

オレンジ色に輝く札幌の夜景

藻岩山

住所
北海道札幌市南区藻岩山
交通
札樽自動車道札幌北ICから国道5・230号をロープウェイ山麓駅方面へ車で10km
料金
ロープウェイ+ミニケーブルカー(往復)=大人1700円、小人850円/

絶景温泉地もステキ!

洞爺湖温泉

洞爺湖南岸にある温泉地。露天風呂からは洞爺湖を望む温泉宿が多い。新緑の季節やロングラン花火大会のある夜の入浴がおすすめ。

洞爺湖温泉

ザ レイクビュー TOYA 乃の風リゾート

洞爺湖温泉

住所
北海道虻田郡洞爺湖町洞爺湖温泉
交通
JR室蘭本線洞爺駅から道南バス洞爺湖温泉行きで20分、終点下車すぐ
料金
情報なし

十勝岳温泉

標高1280mに湧く、道内最高所の温泉。露天風呂では十勝岳連峰の雄大なパノラマを見ながら湯浴みが楽しめる。秋の紅葉時季がひときわ美しい。

十勝岳温泉

これぞ絶景、「湯元凌雲閣」の露天風呂

十勝岳温泉

住所
北海道空知郡上富良野町十勝岳温泉
交通
JR富良野線上富良野駅から上富良野町営バス十勝岳温泉行きで45分、終点下車すぐ
料金
情報なし

湯の川温泉

津軽海峡を望む海岸線と松倉川沿いに温泉宿が建ち並ぶ北海道屈指の温泉郷。夏から晩秋にかけての夜にはイカ釣り漁船の漁火が浮かぶ。

湯の川温泉

漁火を眺められる「湯元 漁火館」の露天風呂

湯の川温泉

住所
北海道函館市湯川町
交通
JR函館本線函館駅から市電湯の川行きで30分、湯の川温泉下車すぐ
料金
情報なし
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください