「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  >  >  札幌【北海道神宮】天然林に抱かれたパワースポット!

札幌【北海道神宮】天然林に抱かれたパワースポット!

札幌【北海道神宮】天然林に抱かれたパワースポット!

mapple

更新日:2018年5月8日

開拓の守護神を祀る北海道神宮。円山公園の中にあり、春は桜の名所としても有名。緑に囲まれた境内をのんびりと散策しよう。

DATA

011-611-0261
9:00~17:00(冬期は~16:00)
無休
無料
札幌市中央区宮ヶ丘474
P250台

所要時間 30分
アクセス 地下鉄さっぽろ駅から地下鉄と徒歩で約30分地下鉄円山公園駅からバスで2分

DATA

北海道神宮

住所
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)、冬期は~16:00(閉館)
休業日
無休

ちょこっとSTUDY

開拓者の信心のより所

北海道総鎮守。開拓判官・島義勇が宮地を決めて、ここを基準に開拓事業に着手した。神宮は当時から人々に親しまれている信心のより所だった。

開拓者の信心のより所

春は桜の名所に!
エゾヤマザクラなど1000本もの桜があり春は多くの人でにぎわう

開拓者の信心のより所

エゾリスに会えるかも
野生のエゾリスに出会える確率も高い

本殿

北海道を見守る一宮
鳥居をくぐると約300mの参道が続く。その奥にある本殿は昭和53(1978)年に建立されたもの。北海道総鎮守にふさわしい社殿。

本殿

明治2(1869)年に明治天皇の詔により、大国魂神・大那牟遅神・少彦名神を祀る神社として創建

本殿

境内の北海道開祖の父・島義勇顕彰銅像

開拓神社

静かで神聖な雰囲気
昭和13(1938)年に創建。間宮林蔵、島義勇、松浦武四郎、黒田清隆など、北海道の開拓に尽力した功労者37柱の御祭神が祀られている。

開拓神社

北海道開拓の歴史に思いをはせ、先人に感謝を捧げる場所

開拓神社

住所
北海道札幌市中央区宮ケ丘474
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

第2鳥居

大きな通りに面した貫禄ある鳥居
大きな通りに面している第2鳥居。この鳥居の奥に、桜などが植えられた300mの参道が続く。

第2鳥居

参道を歩くだけで厳かな気分に

境内のグルメ

六花亭 神宮茶屋店

参拝後は茶屋でひと休み
「判官さま」は、アツアツの焼きたてが味わえる神宮茶屋店限定の名物メニュー。お茶の無料サービスも。19:00~17:00(時期により異なる)

六花亭 神宮茶屋店

「判官さま」は1個100円

六花亭 神宮茶屋店

住所
北海道札幌市中央区宮ヶ丘474
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店、時期により異なる)
休業日
無休

境内で買える人気みやげ

境内で買える人気みやげ

御朱印帳 1000円
神宮の本殿が刺繍されたオリジナルの御朱印帳

境内で買える人気みやげ

桜鈴守 800円
北海道神宮のシンボル的存在である桜のかわいいお守り

境内で買える人気みやげ

梅酒 800円
境内で採れた梅を漬けた人気の梅酒

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる札幌 富良野・小樽・旭山動物園'19」です。掲載した内容は、2017年7月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×