コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【札幌ラーメン】定番の味噌から醤油や塩味の人気店チェック!

【札幌ラーメン】定番の味噌から醤油や塩味の人気店チェック!

by mapple

更新日:2018年5月7日

札幌は、王道の味を守り続ける老舗やこだわりを追求した個性派がひしめく激戦区。味噌が定番だが、醤油や塩味の人気店も多い。

札幌ラーメンナビ

戦後の屋台を中心に濃厚な豚骨スープのラーメンが登場。元々は醤油が一般的だったが「味の三平」が味噌を考案して広まった。


太くてコシのある縮れ麺が一般的

スープ
基本の豚骨に各店のアレンジが加わる

具材
シャキシャキの炒め野菜がたっぷり

味の三平

元祖はココ!

味噌ラーメン850円

味噌

こってりスープの味噌は、札幌ラーメンを代表する味。初心者はまず味噌から食べよう。

麺屋 彩未

【予算750円】
すりおろしたショウガがアクセント!行列必至の一杯
札幌味噌ラーメンの名店「すみれ」で修業した店主が2000年に開業。独自の工夫を凝らし、バランスのとれた味わいの味噌ラーメンが評判を呼び、今や札幌を代表するラーメン店に。辛醤油らーめん800円もおすすめ。

味噌らーめん 780円
2種類の白味噌を使った味噌ダレと豚骨の清湯スープ。チャーシューはスライスと角切りがのる

ラーメンDATA
【麺】 中太縮れ麺
【スープ】 豚骨+鶏ガラなど

開店前から行列ができるほどの人気店

らーめん信玄 南6条店

【予算800円】
コクのあるスープが評判石狩発祥の隠れた名店
豚のゲンコツや野菜などを48時間煮込んだ、雑味がなくまろやかな味わいのスープが人気。味噌・醤油・塩それぞれこってり味、あっさり味から選択可。

信州こくみそ 760円
白味噌のコクが口いっぱいに広がる濃厚スープ。とろけるチャーシューも相性抜群

ラーメンDATA
【麺】 中太縮れ麺
【スープ】 豚骨

すすきの中心部から少し離れているが、常にお客が絶えない

すみれ  札幌すすきの店

【予算1000円1500円】
濃厚で力強い味わいの香り豊かな味噌スープ
濃厚なスープを守り続け、多くのラーメン店に影響を与えた。味噌の香ばしさと野菜の甘みが溶け合う味噌ラーメンが人気だ。

味噌ラーメン 900円
麺は小麦の風味を最大限に生かした特注品。濃厚で香り豊かなスープとよく合う

ラーメンDATA
【麺】 中太縮れ麺
【スープ】 豚骨+野菜

札幌ラーメンを代表する店

焙煎ラーメン みのや

【予算1000円1500円】
アツアツで香ばしい味噌は地元でも人気
香ばしさが特徴の「焙煎味噌」や鶏のだしが効いた「知床鶏のコク塩」など幅広いメニューを展開。営業時間も週末は朝5時までなのでシメにおすすめ。

焙煎味噌にんにく仕立て 850円
焙煎味噌と野菜の香ばしさに加え、ニンニクの風味が効いている。ショウガ仕立ても可能

ラーメンDATA
【麺】 中太縮れ麺
【スープ】 豚骨+鶏ガラ

テーブル席も14席あり、複数人で訪れるのにちょうどよい

らーめん向日葵

【予算800円】
伝統を守りながら手作りにこだわる渾身の一杯
昔ながらの札幌ラーメンが味わえ、トッピングや香味にいたるまで手作りにこだわる店。味噌ラーメンは白味噌、赤味噌、特製合わせ辛味噌の3種類があり、一番人気は白味噌だ。

白味噌ラーメン 700円
3種類の米味噌を使用。麹味噌が甘みを演出している

ラーメンDATA
【麺】 中太縮れ麺
【スープ】 豚骨+鶏ガラ+魚介など

こぢんまりとした落ち着く店内は木で統一

麺屋 雪風 すすきの本店

【予算800円】
丁寧な仕事を感じる深い味わいの一杯
素材にこだわった濃厚味噌ラーメンと鶏ガラベースの塩ラーメンが味わえることで、観光客のみならず地元の人にも人気。麺は中太縮れの特注麺を使用。

濃厚味噌らーめん 800円
3種の味噌を豚骨、鶏白湯、煮干し、カツオ節を加えたスープに焦がし油で香りづけ

ラーメンDATA
【麺】 中太縮れ麺
【スープ】 豚骨+鶏ガラなど

カウンターのみ。混雑しない時間は19~21時

食べ比べならラーメンテーマパークへ

元祖さっぽろラーメン横丁

ビルのすき間にラーメン店が軒を連ねる。それぞれスープや具に工夫を凝らした味で競い合っている。

味噌バターコーンラーメン

札幌ら~めん共和国

名店8店舗が集結したラーメンのフードパーク。おみやげラーメンなどを取り扱うみやげ店を併設している。

麺処白樺山荘のみそらーめん850円

醤油

香ばしい風味がたまらない。こってり系とあっさり系に分かれるので好みの味を探そう。

麺処 まるは BEYOND

【予算900円】
繊細かつ奥深い味わいの一杯
「毎日食べても飽きない一杯」をテーマに掲げ、独自の味を追求したラーメンで人気を博す。5種類のスープをメニューによって使い分け、奥深い味が楽しめる。

中華そば醤油 750円
豚骨ベースの清湯スープにカタクチイワシなど数種類の煮干しを加えたスープ

ラーメンDATA
【麺】 中細縮れ麺
【スープ】 魚介+煮干し

カウンターのほか、テーブル席が1つ

MEN-EIJI 南3条スガイディノス店

【予算900円】
素材を生かした高濃度スープ
素材のよさを熟知し、丁寧な作業を行なうことで見事な味を展開する人気店。魚だしのジュレが溶けることで味に深みが増す「魚介豚骨醤油」のほか、「台湾まぜ麺」も人気。

魚介豚骨醤油 850円
厳選素材の旨みがバランスよく調和されたスープ。魚だしのジュレがポイント

ラーメンDATA
【麺】 中太ストレート麺
【スープ】 豚骨+魚介

ラーメンのどんぶりの中をイメージした店内

だるま軒

【予算900円】
二条場市で昔ながらの味に舌つづみ
昭和22(1947)年開業の老舗。札幌を代表する西山製麺は、この店の製麺部門から始まった。スープは豚骨に鶏ガラなどを使ったあっさり味。

正油ラーメン 680円
麺は天候の具合をみてムロで熟成。素朴な味のスープによく合う

ラーメンDATA
【麺】 中細縮れ麺
【スープ】 豚骨+鶏ガラ+魚介

懐かしさを感じさせる真っ赤なL字型のカウンター

ダイレクトなスープの旨みを感じられる塩。お酒を飲んだあとのシメにもおすすめだ。

えびそば一幻 総本店

【予算900円】
エビの旨みが凝縮された一杯
行列必至の人気店。大量の甘エビの頭でとった濃厚スープにエビ油、エビ粉を加えるなど、エビづくしの一杯が味わえる。スープは3段階から選べる。

そのままえびしお 780円
エビの油や、殻で作った粉末など、まさにエビづくしの一杯

ラーメンDATA
【麺】 太麺ストレート
【スープ】 豚骨+甲殻類

すすきの激戦区にあり常に客が絶えない

凡の風

【予算800円】
進化し続けるニュー札幌ラーメン
素材にこだわり、アイデアあふれるメニューで人気を博している店。鶏ガラ、魚介、豚骨の3種のスープを使い、味ごとに配合を変えている。

塩 750円
琥珀の色のスープは豊かな香りで上品な味

ラーメンDATA
【麺】 中細ストレート麺
【スープ】 鶏ガラ+魚介

おしゃれでゆったりとした店内

ラーメン新勢力

魚介ベースのスープや鶏ガラを使った中華そばなど味のバリエーションが豊富。

すすり

【予算800円】
鶏ガラ淡麗スープの優しい味わい
鶏の旨みが効いたスープと北海道産小麦100%の自家製麺を扱う。化学調味料不使用で、素材も北海道産を使っているこだわりの一杯が味わえる。

淡麗中華そば 750円
色鮮やかなレアチャーシューが美しい一杯。自家製麺が鶏ガラスープによく合う

ラーメンDATA
【麺】 細ストレート麺
【スープ】 鶏ガラ

月曜は「煮干し中華そば」専門店になる

雨は、やさしく No2

【予算850円】
鶏白湯スープの上にホタテペースト
「最初と最後のひと口が違う一杯」がコンセプト。看板メニューの「帆立×鶏白湯」は、途中でホタテペーストを溶くことで濃厚さがアップし、味の変化が楽しめる。

帆立×鶏白湯 850円
鶏白湯スープに帆立貝のペーストがのった濃厚な一杯。ごぼうがのった和テイストの味

ラーメンDATA
【麺】 中太ストレート麺
【スープ】 鶏ガラ

カウンターのみ。1席ごとに照明が照らされる

六嵐

【予算800円】
人気ラーメン店「山嵐」プロデュース店
山嵐の真骨頂でもある背脂豚骨ラーメンをメインに、つけ蕎麦、ザンギ、油そば、豚バラ肉飯など、ウィットに富んだ6種類のメニューがそろうのが魅力。

油そば(並)700円
しっかりと味がついた麺にチャーシュー、キクラゲ、ネギ、海苔がのった一杯

ラーメンDATA
【麺】 中太ストレート麺

和の雰囲気が漂う店内。食券制を採用

筆者:mapple

まっぷる札幌 富良野・小樽・旭山動物園’19

発売日:2018年03月07日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる札幌 富良野・小樽・旭山動物園'19」です。掲載した内容は、2017年7月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×