>  >  >  >  >  >  【札幌】自家焙煎コーヒーを味わう! こだわりカフェや喫茶店に行こう

【札幌】自家焙煎コーヒーを味わう! こだわりカフェや喫茶店に行こう

【札幌】自家焙煎コーヒーを味わう! こだわりカフェや喫茶店に行こう

おいしいコーヒーが飲めるお店が多いのは、知られざる札幌の魅力のひとつです。
昔ながらの喫茶店からリノベーションカフェなどのおしゃれなカフェまで、個性豊かなお店が点在するので、街歩きの途中にぜひ立ち寄ってみましょう。
また、深夜まで営業している店も多く、一日の終わりにコーヒーを飲みながらゆったりとした時間を過ごすのも素敵ですね。
テイクアウトできるお店もあるので、事前にチェックしておきましょう。

札幌はコーヒーがおいしい街

札幌の水や気候に合う、濃い焙煎のネルドリップスタイルのお店が多いのが特徴。遅い時間まで営業をしているお店も多く、飲んだ後でも一人でも気軽に立ち寄ることができるのが魅力です。こだわりの一杯を心ゆくまで味わいましょう。

札幌はコーヒーがおいしい街

森彦

古時計が時を刻む空間で、自社焙煎豆のコーヒーを味わう

人気のリノベーションカフェで札幌の一大コーヒーブランド「MORIHICO.」の原点。どこか懐かしい気分になれるこだわりの空間づくりも「MORIHICO.」ならでは。【円山】

予算:1000円、営業時間帯:昼・夜

森彦

注文が入ってから豆を挽き、ドリップする

森彦

日差しが差し込む暖かな雰囲気の2階席

森彦

ガトーフロマージュ462円と本店限定のブレンド・森の雫748円

森彦

系列のパティスリー「マリピエール」の焼き菓子も販売

森彦

心地よい音を響かせるネジ巻き時計

森彦

円山の閑静な住宅街にある風情のある木造民家

森彦

住所
北海道札幌市中央区南二条西26丁目2-18
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店21:30)、土・日曜、祝日は10:00~
休業日
無休(年末年始休)
料金
Morihikoブレンド(フレンチ&マイルド)=各550円~/森の雫=680円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

森彦の系列店カフェをチェック

MORIHICO.藝術劇場

札幌市民交流プラザ内に併設。店内ではコーヒーを飲みながら、隣接する図書館の本を読むことができる。【大通】

MORIHICO.藝術劇場

住所
北海道札幌市中央区北一条西1丁目 札幌市民交流プラザ 1階

ATELIER Morihiko

白を基調としたナチュラルな雰囲気で居心地のよい店内。隣にはオリジナル石鹸を販売するSiesta Labo.が入る。

【西11丁目】

アトリエ・モリヒコ 2号店

住所
北海道札幌市中央区南一条西12丁目4-182 ASビル 1階
交通
地下鉄西11丁目駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:00~21:30(閉店22:00)、土・日曜、祝日は11:00~
休業日
無休(年末年始休)
料金
モリヒコブレンド(フレンチ・マイルド)=550円/水だしアイスコーヒー=680円/ポテトチーズトースト=650円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

Plantation

築50年の倉庫をリノベーションした200坪の巨大なコーヒーファクトリー。焙煎工場をカフェに併設している。【白石区】

Plantation

住所
北海道札幌市白石区菊水八条2丁目1-32

円山坂下宮越屋珈琲本店

札幌の喫茶店文化の先駆け的存在。フレンチ、マイルド(各605円)など、オーナーがヨーロッパで学んだ本格的な味を楽しめる。【円山】

予算:900円、営業時間帯:昼・夜

円山坂下宮越屋珈琲本店

コーヒーマイルド(後方) 605円

苦味も酸味もほどよい同店看板メニュー。ケーキセットは990円

円山坂下宮越屋珈琲本店

ジャズが流れる店内。緑を眺める2階席も

円山坂下 宮越屋珈琲 本店

住所
北海道札幌市中央区南二条西28丁目
交通
地下鉄円山公園駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~22:30(閉店23:00)
休業日
無休
料金
自家製ケーキセット=972円/ブレンドコーヒー=各594円/ 平均予算(昼):900円, 平均予算(夜):900円

丸美珈琲店 大通本店

丁寧に一杯ずつ抽出したスペシャルティコーヒー

世界⼤会で実⼒を証明された珈琲の鑑定⼠であり、焙煎⼠でもある後藤さんが営むスペシャルティコーヒー専⾨店。⽣産地で買いつけした旬のコーヒーが楽しめる。【大通】

予算:1000円、営業時間帯:朝・昼・夜

丸美珈琲店 大通本店

丸美ブレンド(手前) 550円

中米産の豆をブレンドした代表的な一杯はまるみとコクのある味わい。チーズケーキ「アンドゥトロワ(440円)」と一緒に味わいたい

丸美珈琲店 大通本店

焙煎したてのコーヒーの香りに包まれる店内

丸美珈琲店

住所
北海道札幌市中央区南一条西1丁目2 松崎ビル 1階
交通
地下鉄大通駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:00~20:00(閉店)、日曜、祝日は10:00~19:00(閉店)
休業日
無休
料金
ビターブレンド=486円/カフェオレ=540円/エスプレッソ=324円/カプチーノ=540円/

珈琲とほころびcafuné

伝統と進化が融合した癒しカフェ

バラエティ豊かなコーヒーが楽しめる居心地のよいカフェ。ブレンドは浅煎りから深煎りまで5種類あり、朝、昼、夕、夜と時の流れに合わせたコーヒーを提案。【豊平区】

予算:1000円、営業時間帯:昼・夜

珈琲とほころびcafuné

たそがれ-中深煎り-(後方) 550円

しっかりとしたコーヒー感と芳醇な香りが楽しめる一杯。人気の地蔵プリン(550円)はドリンクとセットで頼むと100円引きに

珈琲とほころびcafuné

アンティークのイスが配置されたシックな店内

珈琲とほころび cafune

住所
北海道札幌市豊平区水車町2丁目3-25 メープルリバービュー 1階

寿珈琲

自家焙煎コーヒーとスイーツを堪能

自家焙煎のコーヒーにあわせて、市内の人気菓子店から取り寄せたスイーツをそろえる。夜はクラフトビールなどアルコールも楽しめる。週末限定でフルーツサンドも。【創成川イースト】

予算:1000円、営業時間帯:朝・昼・夜

寿珈琲

ナチュラル 550円

まろやかでありながら酸味が少なく飲みやすいネルドリップコーヒー。キャラメルチーズケーキとセットで850円になる

寿珈琲

明治期の札幌軟石や赤レンガを活かした店内

寿珈琲

住所
北海道札幌市中央区南二条東1丁目1-6 M’S2条横丁 1階
交通
地下鉄バスセンター前駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~24:00(閉店)、日曜、祝日は10:00~20:00(閉店)
休業日
無休(12月31日~翌1月2日休)
料金
テイクアウトのコーヒー=350円~/ブレンドコーヒー=550円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる札幌 富良野・小樽・旭山動物園'19」です。掲載した内容は、2017年7月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×