トップ > 関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 上野・浅草・東京スカイツリー > 浅草 > 

【浅草】下町風情たっぷり!仲見世通り&周辺のおすすめグルメ

まっぷるマガジン編集部

更新日:2019年8月27日

この記事をシェアしよう!

【浅草】下町風情たっぷり!仲見世通り&周辺のおすすめグルメ

下町風情たっぷりの仲見世通りの周辺には、浅草ならではのお菓子や、店頭でできたてのおやつを販売する店がずらり。お参りのあとは仲見世グルメを満喫!

仲見世通りとは?

江戸時代初期、境内や参道に店が出たのが始まりといわれる、日本一古い商店街。約250mの参道には、90軒近い店舗が並んでいる。

仲見世通り

住所
東京都台東区浅草1
交通
地下鉄浅草駅からすぐ
料金
店舗により異なる

伝法院通りってどんな通り?

伝法院南側の約200mの通りには、江戸の街を再現した商店街が続く。趣ある街並みを歩いてみよう。

伝法院通り

住所
東京都台東区浅草1
交通
地下鉄浅草駅から徒歩5分
料金
店舗により異なる

浅草九重

揚げたてサックリ のまんじゅうを食べ比べ
最高級のごま油でカラッと揚げた、種類豊富な「あげまんじゅう」が好評。店内で実演販売しているので、揚げたてが次々と店頭に並ぶ。揚げない「栗まんじゅう」も人気。

浅草九重
浅草九重

あげまんじゅう 1個130〜250円
こし餡、抹茶、さくら、もんじゃまんなど、11種類のあげまんじゅうが大人気

浅草九重

住所
東京都台東区浅草2丁目3-1
交通
地下鉄浅草駅から徒歩6分
料金
あげまんじゅう=120~200円(1個)/

木村家人形焼本舗

楽しい形 の生地の中はこし餡がぎっしり
創業明治元(1868)年の老舗の人形焼き店。名物の「人形焼」は、北海道産小豆を100%使った餡がぎっしり。餡なしも販売している。

木村家人形焼本舗

人形焼 8個600円〜
ハトや五重塔など、浅草にちなんだ形の人形焼き。中はほどよい甘さのこし餡

木村家人形焼本舗

住所
東京都台東区浅草2丁目3-1
交通
地下鉄浅草駅から徒歩6分
料金
人形焼=600円~(8個)/

浅草ちょうちんもなか

パリパリの最中の中は冷たいアイス
ちょうちん形の「アイスもなか」が、一年中味わえる。注文を受けてから最中にアイスを詰めるので、いつでもサクサク香ばしい。

浅草ちょうちんもなか

アイスもなか 1個330円
中のアイスは小豆や抹茶、バニラ、きな粉、黒ごま、紅いもなど、種類も豊富

浅草ちょうちんもなか

住所
東京都台東区浅草2丁目3-1仲見世通り
交通
地下鉄浅草駅から徒歩5分
料金
アイスもなか(小豆、抹茶、きな粉、黒ゴマなど)=340円(1個)~/あんこもなか=1100円(5個入)/

壱番屋

もち米の香ばしさと サクサク食感 が◎
明治17(1884)年創業の手焼き煎餅の老舗。炭火焼きの煎餅をはじめ、袋入りの「おこげせん」が大好評。雷おこしや人形焼きなどの、浅草定番みやげも充実している。

壱番屋

おこげせん 400円
もち米で作った、軽い食感の香ばしいおこげ煎餅。醤油味のほか、黒胡椒味もある

壱番屋

住所
東京都台東区浅草1丁目31-1
交通
地下鉄浅草駅から徒歩5分
料金
おこげせん=400円/雷おこし=400円/

喜久屋

厳選素材で手作りしたもっちり ほどよい弾力
上新粉ほか、厳選された国産の素材を使った団子が自慢。十勝産小豆と宮城産のもち米を使った「大福」200円もおすすめ。

喜久屋

だんご 1本120円
きな粉のかかったよもぎ、ごま、みたらし。餡入りも人気

喜久屋

住所
東京都台東区浅草1丁目20-1
交通
地下鉄浅草駅から徒歩5分
料金
よもぎきなこ団子・よもぎあん団子・あん入りみたらし団子・あん団子・みたらし団子=各200円/よもぎ大福・豆大福=各300円/焼き団子(みたらし)=400円/焼き団子(桜)=450円/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください