>  >  >  >  > 

知床【フレペの滝遊歩道】おすすめポイントをチェック!

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月24日

この記事をシェアしよう!

知床【フレペの滝遊歩道】おすすめポイントをチェック!

【体験のツボ】
傘ではなく、レインウエアを持参のこと
・所要時間 1時間
・体力度 ★☆☆ 初心者でも安心
・難易度 ★☆☆ 道も広いため、非常に歩きやすい
・服 装 ハイヒールやサンダルはNG

この記事の目次

フレペの滝遊歩道

知床の自然がコンパクトにまとまった場所
「フレペの滝」は断崖絶壁を水がほろほろと流れ落ちる様子から、「乙女の涙」という愛称を持つ。ちなみに「フレペ」とはアイヌ語で「赤い水」という意味。知床自然センターの裏手にある遊歩道入口から、滝が見られる展望台まで往復2㎞のネイチャートレッキングを楽しめる。地元ガイド事業所が実施しているツアーを利用するのもいい。

【START】知床自然センター

知床の自然情報を手に入れるならココへ
知床の自然情報を発信する拠点施設。映像ホールでは日本最大級のスクリーンで迫力ある映像を見ることができる。フードコートも併設している。

【START】知床自然センター

館内では定時でスタッフトークを実施

【START】知床自然センター

フードコートで味わえる「知床鶏のスープカレー」(900円)

知床自然センター

住所
北海道斜里郡斜里町岩宇別531
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バス知床五湖方面行きで1時間、知床自然センター下車すぐ
料金
入場料=無料/映像ホール=大人500円、小人無料/(障がい者手帳持参で本人と介護者1名映像ホール入館料無料)

【1】

自然センターの裏手からスタート!夏でも軍手や帽子、タオルは必須

【1】

【2】

出発してしばらくは森が続く。鳥たちの声に耳を傾けながら進む

【2】

野生の鳥が多数生息
原生林ではさまざまな鳥があちこちに。双眼鏡を持参してバードウォッチングを楽しもう。

【2】

この十字路で道が分かれるがどちらに進んでも展望台で合流する

【3】

10分ほど歩くと急に視界が開けて、広々とした草原が目の前に。背後の知床連山も美しい

【3】
【3】

草原ではエゾシカが見られることも
草原はエゾシカの群れに出会えるチャンスが期待できる場所。とくに朝は遭遇する確率が高い。

【4】GOAL

展望台に到着!
湾状にくぼんだ断崖。切り立った壁の割れ目から清水が湧き出している

【4】GOAL
【4】GOAL

展望台は絶好の撮影スポットだが、滝そのものを撮るなら高倍率のズーム機能がついたカメラが必要

フレペの滝遊歩道

住所
北海道斜里郡斜里町岩尾別
交通
JR釧網本線知床斜里駅から斜里バス知床五湖方面行きで1時間、知床自然センター下車すぐ
料金
情報なし

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください