トップ > 関西 > 南紀 > 白浜・熊野古道 > 中辺路 > 

熊野本宮大社

熊野詣の人々が目指した中心地
自然に包まれ、圧倒的な存在感に満ちた聖地には、今も多くの参拝者が訪れる。

熊野本宮大社

熊野本宮大社

住所
和歌山県田辺市本宮町本宮1110
交通
JRきのくに線紀伊田辺駅から龍神バス本宮大社方面行きで2時間5分、本宮大社前下車すぐ
料金
見学料(宝物殿)=300円/八咫ポスト絵馬=500円/鬼門札=500円/熊野牛王神符=800円/八咫烏守り=500円(小)/

那智山青岸渡寺

神仏習合の修験道場として栄えた
明治の神仏習合礼までは熊野那智大社と一体だった寺院。西国三十三所の第一番。

那智山青岸渡寺

那智山青岸渡寺

住所
和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山8
交通
JRきのくに線紀伊勝浦駅から熊野交通那智山行きバスで25分、終点下車、徒歩15分
料金
見学料(三重塔)=大人300円/干支守=500円/家内安全・諸災消除のお札=1000円/納経帳(捺印込)=1500円/(30名以上の団体は見学料大人150円、小人50円)

道の駅 奥熊野古道ほんぐう

地元農産物を直売する生産者コーナーや軽食が味わえるイートインコーナーなどを新設。

道の駅 奥熊野古道ほんぐう

道の駅 奥熊野古道ほんぐう

住所
和歌山県田辺市本宮町伏拝904-4
交通
阪和自動車道南紀田辺ICから国道42号・311号・168号を本宮方面へ車で75km
料金
施設により異なる

紀伊山地の霊場と参詣道

2016年10月世界遺産に追加登録
2004年にユネスコ世界文化遺産に登録された「紀伊山地の霊場と参詣道」に、その後見つかった参詣道約40㎞が新たに追加登録された。追加となったのは熊野参詣道の中辺路、大辺路、参詣道のうち22区間で、追加後により参詣道は約350㎞になった。

紀伊山地の霊場と参詣道
1 2
筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください