>  >  >  >  >  >  【釜石】鉄とラグビーの街をめぐる!おすすめスポット!

【釜石】鉄とラグビーの街をめぐる!おすすめスポット!

【釜石】鉄とラグビーの街をめぐる!おすすめスポット!

リアス式海岸と、緑豊かな山に囲まれた釜石市。日本近代製鉄の発祥の地として世界文化遺産に登録された橋野鉄鉱山や、新日鉄釜石ラグビー部の7連覇で有名な“鉄とラグビーのまち”として知られている。風光明媚な名所やご当地ラーメン店をめぐり、釜石の魅力を満喫しよう。

「北の鉄人」魂健在の“ラグビーのまち”・釜石へ

昭和53(1978)年から昭和59(1984)年にかけ日本選手権7連覇を達成した新日鉄釜石ラグビー部。今でも伝説として語り継がれ釜石のラグビー人気は高い。現在は、新日鉄釜石の伝統を受け継ぐ「釜石シーウェイブス」が、トップリーグ昇格を目指し奮闘している。2019年のW杯開催が決定した釜石では、市民のラグビー熱がさらに高まっている。

釜石大観音

↓ 車で6分

釜石市立 鉄の歴史館

鉄の歴史を楽しく学ぶ
近代製鉄の父・大島高任の業績を伝える資料や、釜石の鉄の歴史を映像や音でわかりやすく紹介。予約をすると鋳造体験もできる。

釜石市立 鉄の歴史館

シアターでは高炉の復元模型を見学できる

↓ 車で10分

ミッフィーカフェかまいし

日本初の常設ミッフィーカフェ
震災からの復興を手助けしたいとオープンした釜石オリジナルのミッフィーカフェ。絵本の世界に入り込んだようなカラフルな店内で、作者の故郷オランダの家庭料理やミッフィーの世界を表現したかわいいスイーツが味わえる。

ミッフィーカフェかまいし

住所
岩手県釜石市大町1丁目1-10 釜石情報交流センター内
交通
JR釜石線釜石駅から徒歩15分

↓ 車で5分

シープラザ釜石

釜石のみやげ品が大集合
釜石駅に隣接する複合施設。三陸エリアの情報発信の場所として、みやげ品や特産品の販売店、ミニコンサートなどが開催されるイベント広場、観光案内所などが設けられている。週末は多くの観光客でにぎわう。

シープラザ釜石

みやげ店のほかイベントスペース、観光案内所がある

おみやげはコレ

すべてシープラザ釜石内のかまいし特産店で販売!

おみやげはコレ

三陸銘菓釜石ラガーボール 10個入り 1404円
しっとりした餡をアーモンドチョコレートで包んだ、ラグビーボール形洋風まんじゅう

おみやげはコレ

柿酢サイダー 250円
釜石の特産物「甲子柿(かっしがき)」の柿酢を使った、すっきりとした甘さが特徴

おみやげはコレ

釜石かまだんご 8個入り 691円
口の中で黒砂糖蜜があふれ出る、郷土菓子「かまだんご」を一口サイズにした商品

シープラザ釜石

住所
岩手県釜石市鈴子町22-1
交通
JR釜石線釜石駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00
休業日
第1・3・5火曜
料金
三陸銘菓釜石ラガーボール=1404円(10個入)/釜石かまだんご=691円(8個入)/柿酢サイダー=250円/仙人秘水=162円(500ml)、270円(1リットル)/浜千鳥純米大吟醸 吟ぎんが=2495円(720ml)/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる岩手 盛岡・花巻・平泉’18」です。掲載した内容は、2017年6月~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×