「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  自由研究のまとめ方も大公開!夏休みにおすすめの工場見学スポット

自由研究のまとめ方も大公開!夏休みにおすすめの工場見学スポット

資料をもらっておこう

工場で、文字や写真で説明がされているものを見つけたら、自由研究の資料にしましょう。

・工場を紹介したパンフレットをもらっておく
(発表で切り貼りに使うかもしれないので、2部もらっておくと便利)
・掲示板などで説明があればそれも写真に撮っておく
・あとで聞きたいことがでてきたとき、確認できる電話番号を聞いておく

3.【見学が終わったら】自由研究としてまとめよう

家に帰ったら、感動を忘れないうちに書き出してまとめていきましょう。
工場見学で見聞きしたこと以上に興味がわいたときは、インターネットや図書館の本で商品の歴史を調べたり、お菓子なら自分でも作ってみたりした結果を追加してまとめるとよいでしょう。

どんな形でまとめるか

大きいサイズで一枚に書くか、小さいサイズで数ページに書くか、以下のようなタイプがあります。子供の年齢や個性に応じて、書き方・表現の仕方を選びましょう。
学校から提出方法について指示が出されている場合もあるので、プリントなどを確認しておきましょう。

①壁新聞
1枚の模造紙にまとめる

②パンフレット
画用紙を数枚綴じる(2つ折りサイズにしてもよい。リングで綴じると簡単)

③レポート
ノートを使う。写真日記ふうに、上段に写真、下段に説明を配置するのもよい

どんな形でまとめるか
撮影:まっぷるトラベルガイド編集部

上から反時計回りに①壁新聞、②パンフレット(リング綴じ)、③レポート形式にまとめたもの。分量は①から順に多くなる

まとめ方

見学したこと、調べたことをまとめていくとき、写真やイラストを使えばよりわかりやすくなります。次のような見出しの流れで下書きをし、ふくらませるところ、削るところを考えて要点を絞り、本紙に仕上げていきましょう。

・研究タイトル(とサブタイトル)
・研究のきっかけ
・知りたいこと
・工場見学の内容(品物をつくる手順の説明。写真やイラストを加えるとよい)
・わかったこと
・感じたこと、驚いたこと
・これからさらに調べてみたいこと

<まとめ方:壁新聞タイプの例>

パンフレットやレポートもこの流れで、文章などの分量は意欲に応じて増やしてみよう(図の作成:まっぷるトラベルガイド編集部)

お子様へのサポート

ここまでに紹介した見学時のポイントや、自由研究としてまとめ方をお子様が全て考え、レポートの形まで一人で完成させるのはなかなか難しいものです。
どんなテーマを用意するか、それにはどんな準備をすればよいのか、見学時にはどんなところに注目しておくべきか、そしてどんな形でレポートを完成させるのか。
その時その時で必要に応じてヒントを出したり、参考例を見せたり、時には同じ目線で意見を交換したり、最後まで上手にサポートしてあげましょう。

筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×