トップ > 国内 > 

この記事の目次

【鬼滅の刃の聖地】十二鬼月 上弦の弐・童磨(どうま)にまつわるおすすめスポット

49.【鬼滅の刃の聖地/上弦の弐・童磨にまつわるおすすめスポット】三十槌の氷柱<埼玉県>

49.【鬼滅の刃の聖地/上弦の弐・童磨にまつわるおすすめスポット】三十槌の氷柱<埼玉県>

表の顔は万世極楽教の教祖ですが、その正体は氷の血鬼術を使う上弦の弐・童磨。対の扇を用い、吸い込むだけで肺が壊死してしまう霧状の氷を舞い散らして鬼殺隊士を苦しめます。

岩清水も凍る真冬、奥秩父では高さ約8m、幅約30mの巨大な氷柱を見ることができます。ライトアップ期間中はより一層幻想的な風景が広がり、童磨の繰り出した「冬ざれ氷柱(ふゆざれつらら)」をはじめとした数々の技が頭に浮かんできます。

※出典:『鬼滅の刃』18巻

三十槌の氷柱

住所
埼玉県秩父市大滝4066
交通
秩父鉄道三峰口駅から西武観光バス三峯神社・大滝老人福祉センター・中津川行きで15分、大滝温泉遊湯館で秩父市営バス川又行きに乗り換えて3分、三十場下車、徒歩10分
料金
バス利用者は志納

【鬼滅の刃の聖地】十二鬼月 上弦の参・猗窩座(あかざ)にまつわるおすすめスポット

50.【鬼滅の刃の聖地/十二鬼月 上弦の参・猗窩座にまつわるおすすめスポット】中谷宇吉郎雪の科学館<石川県>

50.【鬼滅の刃の聖地/十二鬼月 上弦の参・猗窩座にまつわるおすすめスポット】中谷宇吉郎雪の科学館<石川県>

上弦の参・猗窩座の技は、鬼になる前、人間だったころの大切な記憶がベースとなっています。術式展開時、足元に浮かび上がる雪の結晶のような模様もそのひとつです。

石川県出身の中谷宇吉郎は、世界で初めて人工雪を作り出すことに成功した物理学者。氏の功績を後世に伝える中谷宇吉郎雪の科学館では、自分の手で小さな結晶を作り出せる実験コーナーがあります!

※出典:『鬼滅の刃』18巻

中谷宇吉郎雪の科学館

住所
石川県加賀市潮津町イ106
交通
JR北陸本線加賀温泉駅からキャン・バス海まわりで1時間17分、中谷宇吉郎雪の科学館下車すぐ
料金
大人500円、高校生以下無料(75歳以上250円、各種障がい者手帳持参で無料、20名以上の場合団体割引あり420円)

新しい『鬼滅の刃』の聖地巡礼へ!

新しい『鬼滅の刃』の聖地巡礼へ!

『鬼滅の刃公式ファンブック 鬼殺隊見聞録』で認定されている「聖地」は、実はそれほど多くありません。
それでも「鬼滅の刃のことをもっと知りたい」「鬼滅の刃の世界観に深く浸りたい」と多くのファンが、日々さまざまな考察や仮説を立て、新しい聖地へのイメージを膨らませていると思います。

今回ご紹介したスポットも、そんな想いから導き出された場所が数多く含まれています。

たくさんの人を惹きつける稀有な作品『鬼滅の刃』だからこそ誕生した、新しい形の聖地巡礼へおでかけしてみてはいかがでしょうか?

鬼滅の刃の聖地へおでかけした後は、炭治郎になりきろう!

\炭治郎の声が出る!音が鳴る!!/

1 2 3 4
筆者
渡辺拓海

村上春樹が好きな編集者。好きな言葉は「やれやれ」です。旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力を、オールジャンルでお届けしますね!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください