トップ >  関西 > 大阪 > 大阪 > 大阪ミナミ > 心斎橋 > 

ピーチの5000円ガチャ「旅くじ」をひいてみた!心斎橋PARCOで話題沸騰中!

ピーチの5000円ガチャ「旅くじ」をひいてみた!心斎橋PARCOで話題沸騰中!

日本を代表するLCC、ピーチ(Peach)の5000円ガチャが話題です。

ガチャが設置されているのは大阪の心斎橋PARCO。
出てくるのは関西国際空港と結ばれている国内13の路線のうちのどこかの空港の名称。
その路線に必要なピーチポイントが当たる、というわけです。
(チケットが入っているわけではありません)
本来なら自分でここと決めた場所へのチケットを買いますが、
どこが出てくるかわからないドキドキ感と、旅のおもしろさや自由さがもっと楽しめるきっかけとなる、たいへん興味深いガチャ。

さっそく行って試しに引いてきました!

〈続報その②〉おみくじのように木筒に入った棒を引いて行き先を決める「開運旅くじ」の販売がスタートしました!(2022年11月18日まで)1回5,000円で、6,000円以上のポイントが付与されます。お支払は現金のみ。買えるのは、なんと、東京・大阪・名古屋の『宝くじチャンスセンター』!!

ピーチの5000円ガチャ「旅くじ」ってどんなくじ?

大阪を代表するフォトスポットであるグリコのネオンサインから徒歩5分ほどの場所にある心斎橋PARCO。その4階にワーキングスペースSkiiMa(スキーマ)があります。

入口を入ってすぐの場所に話題の5000円ガチャがあります。

つい昨日補充されたばかりというカプセルたち。2~3日でなくなるほどの人気ぶりだそうです!

「旅くじ」の概要をご紹介!

1回5000円(キャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」でのみ決済が可能です)

行き先は選べません

行き先は国内13の空港(※)

チケットが入っているわけではありません

当たった行き先のチケットを購入するときに使えるピーチポイント(6000円分以上)が当たります

ピーチポイントが余った場合は、同乗者のチケット購入か、2回目の購入の際に使うことができます(復路でも可)

ピーチセールの時にも使えます

有効期限はガチャ本体に記載された期限までに要予約となります

2021年9月にガチャをした場合、2022年2月28日までにチケットの予約をする必要がありますが、2月28日以降のフライトのものでもOKとなります

ピーチポイントの返金や交換、転売は不可となります

ガチャのチケットに記されたMISSIONをクリアするとさらに3000円相当のポイントが当たるチャンスがあります

※…札幌、女満別、釧路、新潟、仙台、東京、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、奄美、沖縄、石垣が2021年11月現在の就航路線です

 

「旅くじ」が企画された背景には、今すぐ出かけるというわけではないが、旅に出る前のわくわく感をいかに増幅できるか、旅行の新しい魅力とかいろいろな移動のカタチの可能性を広げ、そういった新しい旅のスタイルを企業として提案していきたい、という想いがあるようです。

まっぷるマガジン編集部としても、コロナ禍でなかなか思うように旅に行けない期間が長かったぶん、共鳴するところが大いにあると感じました!

実際にピーチの5000円ガチャ「旅くじ」をひいてみた!

5000円…というと尻込みしてしまうお値段ですが、それ以上のポイントが入っているという情報もあったので、躊躇なく5000円をインしてみました(いや、本当は5分くらいは悩みました)。

なお、2021年11月現在は現金ではなくキャッシュレス決済サービス「PayPay(ペイペイ)」でのみ決済可能となっています。ご注意ください。

↓実際のガチャを回す瞬間は動画でご覧ください

ピーチの5000円ガチャ「旅くじ」には夢が詰まっていました

ピーチの5000円ガチャ「旅くじ」には夢が詰まっていました
画像:123RF

まっぷるマガジン編集部が当てたのは福岡行きでした!福岡は長年担当させていただいているエリアです。コロナ禍が治まったら再会したい方もたくさん住んでおられるので、個人的には大当たりのエリアです!

こちらのガチャ企画、たいへん反響がよいとのことで、いつまで継続させるかは現段階では未定とのことです。北は北海道から南は石垣島まで、どこが当たるかはわからない「旅くじ」。引いたエリアとは何か縁があるかもしれませんね。

気になった方はぜひ試してみてください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Peach(ピーチ)について詳しく解説した記事はコチラです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

大阪の新着記事

記事の一覧を見る

記事をシェア

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

昭文社旅行ガイドブック編集部にて編集歴約20年。関西在住の編集者。アウトドア、文学、映画&ドラマ、雑学なんにでも興味津々。中川政七商店をはじめとした「日本の古きよき物」も日々こつこつ収集中。わりと最近、KPOPのおっかけも始めました。旅行・おでかけネタを中心にミックスカルチャーな情報を発信します。

ランキング