トップ > 全国 > 東北 > 南東北 > 銀山温泉・最上峡・新庄

銀山温泉・最上峡・新庄

銀山温泉・最上峡の概要、観光・旅行情報

銀山温泉・最上峡の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

銀山温泉・最上峡の概要、観光・旅行情報

  • スポット:199 件
  • 記事:18 件

最上川の急流に遊び、風情ある温泉街を訪ねる

日本三大急流のひとつに数えられる最上川の中流に位置するエリア。その中心は鉄道、道路の結節点で、交通の要所である新庄。県北の中心地として公共施設が集まっている。最上峡は芭蕉が『五月雨を集めて早し最上川』と句を詠んだところで、急流を下る舟下りが楽しい。山あいにある人気の温泉地が、大正時代のレトロな建物が残る銀山温泉と、湯治場のひなびた雰囲気の肘折温泉。スイカの名産地・尾花沢やそばの名店がある大石田など、特徴ある街にも立ち寄りたい。

銀山温泉・最上峡・新庄の観光まとめ記事

山形観光はこれでOK!おすすめの観光スポット18選

絶景にレジャー、温泉と観光に欠かせない魅力が満載の山形県。南北に長く、エリアごとに個性的な文化が育まれています。そんな山形県のおすすめの観光スポットをご紹介します。

銀山温泉・最上峡・新庄のおすすめスポット

銀山温泉

ノスタルジックな温泉街が広がる

慶長年間に隆盛を極めた延沢銀山の坑夫によって発見。大正時代の街並みが残り、文化財級の木造建造物が軒を連ねる様は見事で、夜になるとガス灯が暖かな光を放ち、さらに幻想的な景色が広がる。

銀山温泉

銀山温泉

住所
山形県尾花沢市銀山温泉
交通
JR山形新幹線大石田駅からはながさバス銀山温泉行きで40分、終点下車すぐ
料金
情報なし

銀山温泉観光案内所

銀山温泉観光案内所

住所
山形県尾花沢市銀山新畑

伝統の宿 古山閣

唐破風入母屋造りのおくゆかしさ漂う宿

長年磨き上げられた天井や柱に歴史を感じる。季節の行事や日本の原風景が描かれた戸袋の鏝絵が美しい。夕食は尾花沢牛の温泉蒸しや山菜などを使った郷土料理。

伝統の宿 古山閣

伝統の宿 古山閣

住所
山形県尾花沢市銀山新畑423
交通
JR山形新幹線大石田駅からはながさバス銀山温泉行きで40分、終点下車、徒歩3分
料金
1泊2食付=12960~25920円/

最上峡芭蕉ライン観光

最上の四季を感じながら下る12kmの船旅

風光明媚な最上峡の川下り。江戸時代の船番所を再現した戸沢藩船番所から川の駅・最上峡くさなぎまでの12km区間、船頭の案内や民謡を聞きながら見所満載の1時間をゆっくり堪能できる。

最上峡芭蕉ライン観光

最上峡芭蕉ライン観光

住所
山形県最上郡戸沢村古口86-1戸沢藩船番所
交通
JR陸羽西線古口駅から徒歩7分
料金
乗船料=中学生以上2500円、小学生1250円、幼児無料/特別船乗船料=中学生以上3060円、小学生1530円、幼児無料/弁当「竹かご」=1320円/最上川おしん弁当=1630円/最上川弁当=2440円/鮎の塩焼き=500円/芋煮汁=460円/(食事は3日前までに要予約、障がい者手帳1・2級持参で半額)

銀山温泉 大正ろまん館

銀山温泉の新観光拠点

本格手打ちそばをはじめ、地元食材を使った料理を味わえるレストランのほか、実演販売の温泉まんじゅうや揚げパン、山形銘菓などを販売している。喫茶コーナーのずんだパフェ、かりんとまんじゅうパフェも人気。銀山温泉にドライブ途中に是非立ち寄りたい。

銀山温泉 大正ろまん館

銀山温泉 大正ろまん館

住所
山形県尾花沢市上柳渡戸十分一364-3
交通
東北中央自動車道東根ICから国道287・13号を銀山温泉方面へ車で32km
料金
要問合せ

おすすめスポットをもっと見る

銀山温泉・最上峡・新庄のおすすめの記事

【大石田・尾花沢】で人気!おすすめのグルメ・ショッピングスポット

県内屈指のそばの生産量を誇る大石田は、そば屋の名店が軒を連ねる「大石田そば街道」が立ち寄り必須のスポット。尾花沢には全国的にも有名な温泉地・銀山温泉がある。湯はもちろん、ノスタルジックな雰囲気が漂う温...

【大石田・尾花沢】山形そば街道! 実力店をチェック!

寒暖差の大きい気候と清らかな伏流水がそば作りに適した山形県。なかでも大石田・尾花沢・村山は、腕自慢の職人が集まるそばの聖地です。3つの「そば街道」で、味わい深い自慢のそばを堪能しましょう。

【新庄】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

「みちのくのアルプス」と呼ばれる神室連峰をはじめとする山々に囲まれたエリア。市の中心部には新庄城跡など、新庄藩の歴史を伝える史跡が点在する。そばの名店が多いことでも知られる。

【肘折温泉】人気おすすめ湯宿&街ぶらスポット!

月山のふもと、銅山川のほとりに湧く温泉地・肘折温泉は、「骨折、疵に肘折」と伝えられ、多くの湯客に親しまれてきた湯治場。風情あふれる温泉街を浴衣と下駄でめぐり、体も心も癒されよう。

【銀山温泉】人気おすすめ湯宿をチェック!

慶長年間(1596〜1615年)に栄えた延沢銀山の炭坑労働者により発見された温泉。大正時代の街並みが残り、文化財級の木造建築が軒を連ねる光景がノスタルジック。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください