コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【銀山温泉】ノスタルジック旅♪レトロなスポット!

【銀山温泉】ノスタルジック旅♪レトロなスポット!

by mapple

更新日:2018年9月11日

大正・昭和時代に建てられた和洋折衷の木造旅館が並び、昔懐かしい風景が残る銀山温泉。足湯や食事処、みやげ店などの見どころも多く散策にぴったり。ハイカラな着物を身にまとい、ノスタルジーに浸りながら街歩きを楽しもう。

銀山温泉ってこんなところ

江戸時代初期、大銀山として栄えた「延沢銀山」の炭坑労働者により発見された。銀山川のほとりに大正末期から昭和初期に建てられた木造多層建築の旅館が軒を連ねる、歴史的にも貴重な温泉地。

0237-28-3933(銀山温泉観光案内所)
尾花沢市銀山新畑
JR大石田駅からはながさバス銀山温泉行きで、終点下車すぐ
共同駐車場を利用

夜景もおすすめ!

温泉街へのアクセスは公共交通が便利

花笠バス レトロン

JR大石田駅から市内各所と銀山温泉をめぐる定期観光バス。バスガイドによる案内や昼食も付く。

0237-22-2206(はながさバス)
4000円、小学生以下3000円(3日前までに要予約)

おいしい山形空港 観光バス

山形空港から銀山温泉への直通バス。9:30発と14:35発の1日2便が運行している。(変更の場合もあるため要問い合わせ)

0237-22-2206(はながさバス)
片道1500円、小学生以下750円

銀山温泉さんぽMAP

あいらすげーな

ハイカラさんに変身
女性はクラシックな着物や袴、男性は書生風の着物や着流しなどをレンタルできる。色や柄が豊富にそろい、5分ほどで簡単に着られるので着物に慣れていなくても安心。

白銀橋のたもとにあり、カフェも併設

[ココに注目]石畳

石畳の小道のところどころに色鮮やかな装飾タイルが埋め込まれ、歩く足元に花を添える。

[ココに注目]ガス灯

橋のたもとに立つガス灯の明かりが、夕暮れどきから温泉街を照らし、しっとりとした雰囲気に。

[ココに注目]鏝絵こてえ

職人の心意気を感じさせる色鮮やかな鏝絵は必見。建物の戸袋をチェックしよう。

1 和楽足湯

足湯に浸かって温泉街を一望
銀山温泉の源泉が掛け流しで楽しめる足湯。温泉情緒たっぷりの街並みを眺めながら、のんびりとひと休みしよう。ガス灯の明かりに照らされる夜の利用も風情がありおすすめ。

銀山川のほとりにあり風がここちよい

屋根がなく開放的な雰囲気の足湯

⇩ 徒歩3分

2 カリーショップ すわろーネ

県産和牛の極上カレー
山形県産黒毛和牛のA4ランクの肉を使ったカレーや、「山形牛」100%のハンバーグが自慢のカフェ。カレーはどこか懐かしい味わい。レトロな雰囲気の店内でゆったりと過ごせる。

老舗旅館「古勢起屋別館」の1階にある

大正ロマンのムードが漂うクラシックな店内

「古勢起屋特製ビーフカリー」(スープ・サラダ付、830円)

⇩ 徒歩3分

3 伊豆こけし工房

「おしんこけし」で知られる工房
黒いおかっぱ頭と丸くて大きな瞳が特徴の銀山こけしを制作・販売。子どもの出生時の身長と体重に合わせて作る「誕生こけし」が人気。

工房にはさまざまなこけしや工芸品などが並ぶ

テレビドラマ『おしん』に登場した「おしんこけし」(8寸・2700円)

⇩ 徒歩すぐ

はいからさん通り

カリーパンが名物
軽食とテイクアウトグルメの店。評判のカリーパンは、山形県産の小麦「ねばりごし」を使ったもちもちの生地にスパイシーなカレーがたっぷり。

白銀公園の入口そばに店を構える

「ハイカラさんのカリーパン」1個、210円)

⇩ 徒歩すぐ

4 白銀の滝

マイナスイオンを浴びよう
銀山川の上流、温泉街の最奥に広がる白銀公園にある滝。約20mの高さから飛び散る水しぶきが壮観。公園内には遊歩道も整備されている。

対岸の展望台から滝を一望できる

⇩ 徒歩3分

5 伊豆の華

地産そば粉のスイーツ
香り高くのどごしのよい手打ちそばや、そば粉を使ったスイーツが評判の店。古民家を改装した昔懐かしい雰囲気で、温泉街を眺めながらゆっくりと食事を楽しめる。

築130年の古民家を再利用

蕎麦ソフトクリーム 黒蜜きなこがけ(680円)

⇩ 徒歩2分

6 共同浴場しろがね湯

モダンなデザインの共同浴場
建築家・隈研吾氏の設計による、共同浴場には見えない斬新な造りが特徴。1階と2階に浴場があり、日替わりで男女が入れ替わる。湯船にあふれる源泉掛け流しの湯を満喫しよう。

湯船は三角形のユニークな形。少し熱めの湯で体の芯から温まる 

木の格子が印象的な外観

[おみやげ選びはココ!]大正ろまん館

銀山温泉みやげが充実
温泉街の手前にあり、みやげ店や直売所、レストランを備えた複合施設。定番の温泉まんじゅうなどのみやげ品が豊富にそろう。

赤い外壁が目をひくレトロな建物

[ひと足延ばすならココ!]銀坑洞

幕府直営の銀山として栄えた
康正2(1456)年に発見され、銀山温泉の名の由来にもなった坑洞跡。黒い岩肌を眺めながら洞窟探検を楽しもう。

坑洞内には遊歩道や照明設備が整備されている

涼しい風が吹き込み、内部は夏でもひんやりとしている

筆者:mapple

まっぷる山形 鶴岡・酒田・蔵王・米沢’19

発売日:2018年04月06日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる山形’19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×