トップ > 全国 > 中国・四国 > 山陰 > 鳥取 > 智頭・用瀬

智頭・用瀬

智頭・用瀬の概要、観光・旅行情報

智頭・用瀬の魅力をおすすめのスポットやガイド記事などでご紹介します。

  • スポット:39 件
  • 記事:4 件

弘法大師ゆかりの名刹があり、春の桜並木、流しびな行事が楽しみ

嘉祥年間(848~851)に、弘法大師空海の高弟・真雅が草創したと伝えられるのが、智頭の名刹「豊乗寺」。国宝の絹本着色普賢菩薩像など、多くの寺宝を有する。「桜土手」は千代川沿いの桜の名所で、約1.3キロメートルにわたって、町民が植えたソメイヨシノの桜並木が続く。また、用瀬に江戸時代から続く伝統行事が「もちがせ流しびな行事」。旧暦の3月3日に、千代川の川辺で観光客や着物姿の女児たちが紙びなを流し、無病息災を祈願するもので、町内の各家庭では自慢の雛飾りが公開される。

智頭・用瀬のおすすめスポット

恋山形駅

2人の距離を縮める恋の駅

恋山形駅は、智頭急行智頭線の小さな駅。ロマンチックな駅名にあわせ、駅舎はピンク色で駅名標もハート型。ホームには絵馬を奉納できるハート型のモニュメントもあるなどユニーク。

恋山形駅

恋山形駅

住所
鳥取県八頭郡智頭町大内
交通
JR因美線智頭駅からタクシーで10分
料金
情報なし

道の駅 清流茶屋 かわはら

鮎釣りや水鳥観察の後は休憩コーナーでひと休み

茶屋をイメージした木造の建物。「千代川河川公園水辺プラザ」が近接し、魚釣りや水鳥観察などができる。情報コーナー内に畳と椅子のスペースがある休憩所を完備。

道の駅 清流茶屋 かわはら

道の駅 清流茶屋 かわはら

住所
鳥取県鳥取市河原町高福837
交通
鳥取自動車道河原ICからすぐ
料金
施設により異なる

豊乗寺

多くの寺宝を有する真言宗の古刹

弘法大師の法弟・真雅上人の開祖と伝えられる古刹。国宝の絹本着色普賢菩薩像など、多くの寺宝を有する。寺の墓地内にある大杉は県の天然記念物。

豊乗寺

豊乗寺

住所
鳥取県八頭郡智頭町新見73
交通
JR因美線智頭駅から日ノ丸バス波多行きで10分、豊乗寺前下車すぐ
料金
情報なし

用瀬町運動公園カヌー水辺公園

サイトの前の川でカヌーも楽しめる

千代川の河原をサイトに利用していて、設備はいたってシンプル。カヌーは講習会やレンタルもあり、初心者でも安心。運動公園にはさまざまなスポーツ施設や遊具も揃う。利用の際は管理棟で受付を。

用瀬町運動公園カヌー水辺公園

用瀬町運動公園カヌー水辺公園

住所
鳥取県鳥取市用瀬町古用瀬660-1
交通
鳥取自動車道用瀬ICから県道49号、国道53号で智頭方面へ進み、用瀬運動公園の案内板を左折し駐車場を右折して現地へ。用瀬ICから4km
料金
炊事施設使用料=1人100円/サイト使用料=オートフリー車1台200円、テント1張り200円、タープ1張り200円/

お城山展望台河原城

出逢いの町・河原町のランドマーク

天正8(1580)年に羽柴秀吉が鳥取城攻めで陣を築いたというお城山の頂上にそびえ立ち、別名若鮎城とも呼ばれる。城内では町の自然や伝統工芸、生活・歴史・文化・神話伝説を紹介している。天守閣展望台は中国山脈から砂丘まで、360度の四季折々の眺望が素晴らしい。夜はライトアップされ、道の灯台として親しまれている。

お城山展望台河原城

お城山展望台河原城

住所
鳥取県鳥取市河原町谷一木1011
交通
JR鳥取駅から日ノ丸バス智頭行きで20分、河原下車、徒歩15分
料金
大人250円、高校生以下無料(20名以上の団体は200円、65歳以上無料、障がい者と同伴者1名無料)

おすすめスポットをもっと見る

智頭・用瀬のおすすめの記事

【鳥取】道の駅!旅の途中に立ち寄ろう!

鳥取の旅で欠かせないのが道の駅。新鮮な海の幸、山の幸が手に入るほか、郷土色豊かなグルメメニューも味わえる。魅力いっぱいの道の駅にぜひ立ち寄ろう。

【鳥取メイド】民芸を観る・買う・食べる!3施設をチェック!

戦前から民芸運動が盛んだった鳥取では、今でも多くの手仕事が続けられている。その礎を築いたのが吉田璋也。彼の残した民芸品を「観る」だけでなく「買う」「食べる」ができる3施設で鳥取の民芸をとことん味わおう...

【鳥取】一度は行ってみたい!おすすめ絶景&名所!

鳥取県には自然が生み出した雄大な鳥取砂丘や大山、浦富海岸をはじめ、そこだけでしか見ることができない美しい風景がたくさんある。鳥取への旅でぜひ訪ねてみたい観光名所がこちら。

もっと記事を見る

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください