八戸のおすすめの和食スポット

八戸のおすすめの和食スポットをご紹介します。八食センター七厘村、八戸屋台村みろく横丁、南部もぐりなど情報満載。

八食センター七厘村 (ハッショクセンターシチリンムラ) 市場で買った新鮮食材をその場でいただける

八食センター内で買った新鮮な魚介や肉などを、炭火の七厘で焼いてその場で食べられる人気の店。買い物の際に「七厘村で食べる」と言えば、その場で食材をさばいてもらえる。

八食センター七厘村
八食センター七厘村
八食センター七厘村
八食センター七厘村

八食センター七厘村の詳細情報

住所
青森県八戸市河原木神才22-2
交通
JR東北新幹線八戸駅からタクシーで7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉店18:00)
休業日
水曜、祝日の場合は営業(繁忙期は営業)
料金
七厘利用料(1名、2時間)=大人300円、小学生100円、幼児無料/ 平均予算(昼):2000円

八戸屋台村みろく横丁 (ハチノヘヤタイムラミロクヨコチョウ) みろく横丁ってこんなトコ

地元八戸をはじめ、青森の食が満載の店が26軒連なる、テーマパークのような屋台村。入りやすさと気軽さから、観光客や出張ビジネスマンなど、県外客にも大人気のスポット。

八戸屋台村みろく横丁
八戸屋台村みろく横丁

八戸屋台村みろく横丁の詳細情報

住所
青森県八戸市六日町10~三日町25
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
店舗により異なる
休業日
店舗により異なる
料金
店舗により異なる 平均予算(昼):店舗により異なる円, 平均予算(夜):店舗により異なる円

南部もぐり (ナンブモグリ) 落ち着いてお酒が飲める穴場的なお店

季節の食材を生かした素朴で昔懐かしい味にこだわっている。海鮮物の一品料理も多い。落ち着いた感じの店で、南部地方の郷土料理が楽しめる。日本酒の銘柄も50種類とふんだん。

南部もぐりの詳細情報

住所
青森県八戸市六日町8
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
18:00~23:30(L.O.)
休業日
日曜(12月31日~翌1月1日休)
料金
せんべい汁=600円/骨センベイ=400円/海鮮もぐりサラダ=750円/刺盛(1人前)=1000円/ 平均予算(夜):2000円

肴町のらぷらざ亭 (サカナマチノラプラザテイ) 南部曲家の店内で味わう厳選魚介

地元で育った女将の厳しい目利きによって品定めした魚介を、腕利きの板前が調理して客を魅了する。南部曲家を移築した店内は落ち着ける雰囲気で、いっそうおいしさを際立たせる。

肴町のらぷらざ亭
肴町のらぷらざ亭

肴町のらぷらざ亭の詳細情報

住所
青森県八戸市六日町13
交通
JR八戸線本八戸駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
17:00~23:30(閉店24:00)
休業日
無休
料金
三陸浜焼き(1人前~)=2980円/せんべい汁=600円/八戸前沖銀サバの刺身=1480円/南部せんべいピザ=750円/ 平均予算(夜):3500円

勢登鮨・八食センター店 (セトズシ ハッショクセンターテン) 持ち帰りもできる寿司処

手ごろな価格のにぎり寿司のほか、麺類や丼物も豊富。にぎり12カンとそばがセットの「寿司定食」は、かなりお得なメニュー。弁当や寿司、惣菜の持ち帰りもできる。

勢登鮨・八食センター店

勢登鮨・八食センター店の詳細情報

住所
青森県八戸市河原木神才22-2
交通
JR東北新幹線八戸駅から南部バス八食センター行きで15分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~20:00(閉店20:30)
休業日
無休
料金
寿司定食=900円/ラーメン寿司=800円/海鮮丼=1600円/はやて=2500円/上ウニ丼卵とじ=1200円/にぎり寿司=80円~/ 平均予算(昼):800円, 平均予算(夜):800円
×