関西のおすすめのスペイン料理スポット

関西のおすすめのスペイン料理スポットをご紹介します。OLIVA、スパニッシュバル Eng、Casa Pequenoなど情報満載。

OLIVA (オリーバ) アットホームな店内でワインで乾杯

バルスタイルのタパスを取り入れた先駆け店。アヒージョやパエリアなどの本格スパニッシュのほかイワシのマリネにトマトジュレをのせるなど、ひと手間加えた工夫も楽しい。

OLIVA
OLIVA

OLIVAの詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区下山手通1丁目1-12
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
16:00~22:00(L.O.)、土・日曜、祝日は15:00~
休業日
月曜(臨時休あり、12月31日~翌1月1日休)
料金
魚介類のパエリア(2名~、要予約)=1650円/イベリコ豚入り田舎風パテ=860円~/タパス盛り合わせ(5種)=1650円/カジョス(牛の胃袋の煮込み)=900円~/ 平均予算(夜):5000円

スパニッシュバル Eng (スパニッシュバル エン) 陽気な雰囲気の隠れ家風スペインバル

スペインの土鍋を使った絶品アヒージョをはじめ、手作りの日替わりタパスやガッツリ系の肉料理がリーズナブルな価格で楽しめる。豊富に取りそろえたワインとも相性抜群。

スパニッシュバル Eng
スパニッシュバル Eng
スパニッシュバル Eng

スパニッシュバル Engの詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区北長狭通2丁目10-1
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
17:00~24:00(閉店翌1:00)
休業日
無休(1月1日休)
料金
Engオススメタパス盛り合わせ=1360円/新鮮甘エビのアヒージョ=780円/グラスワイン=600円~/ 平均予算(夜):3000円

Casa Pequeno (カサ ペケーニョ) 深夜まで盛り上がるスタンディングスタイルのバル

本場の若者たちが飲むスタイルを神戸で再現した、スタンディングだけのスペインバル。季節の食材を使った本格タパスはビールやシェリー、自家製サングリアと相性抜群。深夜まで盛り上がろう。

Casa Pequeno
Casa Pequeno
Casa Pequeno
Casa Pequeno

Casa Pequenoの詳細情報

住所
兵庫県神戸市中央区北長狭通3丁目1-4
交通
JR神戸線元町駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
16:00~翌4:00(閉店)
休業日
火曜(1月1日休)
料金
タパス=300円/グラスワイン=350円~/モツのトマト煮=650円/タパス3種盛り=700円/ 平均予算(夜):1500円

Poquito (ポキート) スペイン風おつまみで気軽に飲めるバル

イベリコ豚の生ハムやエビのアヒージョ、旬の食材をセレクトした黒板メニューなど料理が充実したバル。スペイン産のグラッパの種類も豊富にそろっている。

Poquito
Poquito
Poquito
Poquito

Poquitoの詳細情報

住所
京都府京都市中京区河原町通三条上ル下丸屋町401-10
交通
地下鉄京都市役所前駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
18:00~24:00(閉店翌1:00)
休業日
水曜
料金
ハモン・イベリコ・デ・ベジョータ=1500円/鴨とフォアグラのテリーヌ=1200円/ポキートサラダ=700円/ 平均予算(夜):4000円

AMA-LUR JATETXEA (アマルール ハテツェア) 本場バスクで磨かれた技術が現地の食材とともに大阪で開花

現地で5年半修行した料理長が腕をふるうバスク料理店。素材と調和するソースを使うなど、フレンチの繊細さもプラスされた一皿はバスク料理ならでは。本場の味を心ゆくまで楽しみたい。

AMA-LUR JATETXEA
AMA-LUR JATETXEA
AMA-LUR JATETXEA

AMA-LUR JATETXEAの詳細情報

住所
大阪府大阪市北区堂島2丁目1-16
交通
京阪中之島線渡辺橋駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:30~14:00(閉店)、17:30~22:30(L.O.)、金・土曜、祝前日は~23:30(L.O.)
休業日
日曜(GW休)
料金
ランチコース=1080円・2260円・4100円/季節のおまかせコース=5400円/ 平均予算(昼):1200円, 平均予算(夜):8000円
×