トップ > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 神戸・阪神 > 神戸 > 三宮 > 

神戸のロマンティックな夜景スポットをチェック! ©Kobe Luminarie O.C.

STORE

更新日:2021年9月17日

この記事をシェアしよう!

神戸のロマンティックな夜景スポットをチェック!

神戸には繁華街のほか港や山など、夜景を楽しめるスポットがたくさんあります。
一日の締めくくりに、思い出に残るロマンチックな夜景を見に行きませんか。
煌めく光に包まれた、幻想的なナイトビューを堪能できます。

神戸での夜景観賞のコツ

① 見ごろは日没後すぐ
春・秋は18時、夏は19時、冬は17時を過ぎたくらいが美しい。

② 服装には気を付けて
山は夏でも、海辺は春・秋も肌寒いので一枚羽織れる上着を持っていって。

③ 記念撮影は手ぶれに注意
イルミネーションの一部を大きく背景に入れると迫力ある写真が撮れる。三脚を使うか、手すりなどで固定してブレないようにしよう。

④ 夜景スポットは暗い!
人が少ない夜景スポットは想像以上に暗い場所も多い。懐中電灯などがあれば便利。

⑤ ロープウェイの時間をチェック
公共交通機関を利用する場合は、最終の時間を事前に確認しておこう。

【神戸×夜景】摩耶山

日本三大夜景のひとつといわれ、阪神間に広がる壮大な夜景が望める。紀伊や河内、淡路など8か国を見渡せたことから「八州嶺」と呼ばれた眺望の名所。

【神戸×夜景】摩耶山

<オススメView Spot> 掬星台

山頂近くの展望広場

掬星台

住所
兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
交通
JR三ノ宮駅から神戸市バス18系統JR六甲道行きで20分、摩耶ケーブル下でケーブルカーまやビューラインに乗り換えて25分、星の駅下車すぐ
料金
情報なし

【神戸×夜景×摩耶山】アクセス情報

バス・ケーブル・ロープウェイでのアクセス

三宮駅前

⇩ 市バス18系統乗車で約22分
 摩耶ケーブル下バス停下車

摩耶ケーブル駅

⇩ 摩耶ケーブル乗車で約5分

虹の駅

⇩ 摩耶ロープウェー乗車で約5分

星の駅

 

まやビューライン(摩耶ケーブル/摩耶ロープウェー)

<運行DATA>
料金:780円(往復1560円)
営業時間:10:00~17:30、夏の全日と春・秋の土・日曜、祝日は~20:50、冬の土・日曜、祝日は~19:50(星の駅の最終便時刻)
休業日:火曜(祝日の場合は翌平日休)、年次点検のため冬期に2週間ほど運休
TEL:078-861-2998

【神戸×夜景×摩耶山】アクセス情報

平日は最終便が17時30分なので夜景観賞の際は要注意

まやビューライン(摩耶ケーブル&ロープウェー)

住所
兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
交通
JR三ノ宮駅から神戸市バス18系統JR六甲道行きで25分、摩耶ケーブル下下車すぐ
料金
ケーブル=440円(片道)、770円(往復)/ロープウェー=440円(片道)、770円(往復)/ケーブル&ロープウェー=880円(片道)、1540円(往復)/(65歳以上2割引、障がい者半額)

【神戸×夜景×摩耶山】摩耶★きらきら小径

ロープウェイ終点の「星の駅」から天の川のように延びる小道。日中に紫外線を浴びた蓄光石が夜になると光り出す幻想的な風景が楽しめる。

【神戸×夜景×摩耶山】摩耶★きらきら小径

摩耶★きらきら小径

住所
兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2掬星台
交通
JR三ノ宮駅から神戸市バス18系統JR六甲道行きで20分、摩耶ケーブル下でケーブルカーまやビューラインに乗り換えて25分、星の駅下車すぐ(冬期は夜運行なし)
料金
情報なし

【神戸×夜景×摩耶山】CAFE702

「星の駅」の2階にある山頂カフェ。カレーライスなどの定番フードをはじめ、スイーツやスナック、アルコールも提供。紀伊半島まで見渡せる大パノラマが楽しめる。

【神戸×夜景×摩耶山】CAFE702

ガトーショコラ 450円

ドリンクセットは800円

CAFE702

住所
兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2

摩耶山

住所
兵庫県神戸市灘区摩耶山町2-2
交通
JR三ノ宮駅から神戸市バス18系統JR六甲道行きで20分、摩耶ケーブル下でケーブルカーまやビューラインに乗り換えて25分、星の駅下車、徒歩10分

【神戸×夜景】六甲山

山の上から眺めるパノラマビューに感動

1000万ドルの夜景として有名な六甲山。メジャーな夜景スポットは、ケーブル山上駅すぐの天覧台とそこからバスで10分ほどの六甲ガーデンテラスの2か所。山上から見る広大な街の夜景はまるで宝石箱のような美しさ。

【神戸×夜景】六甲山

【神戸×夜景×六甲山】アクセス情報

電車・ケーブルでのアクセス

JR三ノ宮駅 / 阪急・阪神神戸三宮駅

⇩ 電車で約5〜10分乗車

阪神御影駅 / JR六甲道駅 / 阪急六甲駅

⇩ 市バス16系統乗車で約16〜32分

六甲ケーブル下駅

⇩ 六甲ケーブル乗車で約10分

六甲山上駅

⇩ 六甲山上バスで約10分

六甲ガーデンテラス

 

六甲ケーブル

<運行DATA>
料金:600円(往復1100円)
営業時間:7:10~21:10
休業日:無休
TEL: 078-861-5288

【神戸×夜景×六甲山】アクセス情報

六甲ケーブル下駅から六甲山上駅まで約1.7㎞、約10分

六甲ケーブル

住所
兵庫県神戸市灘区高羽西山8-2
交通
JR神戸線六甲道駅から神戸市バス16系統六甲ケーブル下行きで10分、終点下車すぐ
料金
片道=大人590円、小人300円/往復=大人1000円、小人500円/(高齢者2割引、障がい者とその同伴者1名半額)
六甲山上バス

<運行DATA>
料金:260円(六甲ケーブル山上駅~六甲ガーデンテラス)
営業時間:9:55~20:46、冬期の平日は~18:35(六甲ガーデンテラスの最終便時刻)
休業日:無休
TEL: 078-891-0222

【神戸×夜景×六甲山】六甲ガーデンテラス

明石海峡から大阪平野まで見渡せる大パノラマを、展望台やカフェ、レストランから堪能できる。ヨーロッパの街並みのような雰囲気も一緒に楽しんで。

【神戸×夜景×六甲山】六甲ガーデンテラス

広場よりさらにワイドビューが望める見晴らしの塔

【神戸×夜景×六甲山】六甲ガーデンテラス

見晴らしの塔からは大パノラマの景色が広がる

六甲ガーデンテラス

住所
兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
交通
阪神本線御影駅、阪急神戸線六甲駅またはJR神戸線六甲道駅から神戸市バス16・106系統六甲ケーブル下行きで15分、終点で六甲ケーブルに乗り換えて10分、山上駅で六甲山上バスに乗り換えて10分、六甲ガーデンテラス下車すぐ
料金
入場料=無料/(一部有料施設あり)

【神戸×夜景×六甲山】自然体感展望台 六甲枝垂れ

六甲山の中でも一番見晴しがよい場所に建つアート作品。印象的なひのきのフレームは、夜になるとライトアップされより幻想的な雰囲気に。内部も見学可能。

【神戸×夜景×六甲山】自然体感展望台 六甲枝垂れ

最新のLEDを使って、自然光に近い光でライトアップ

【神戸×夜景×六甲山】自然体感展望台 六甲枝垂れ

秋には「六甲ミーツ・アート 芸術散歩」の作品展示も (写真は過去作品)

自然体感展望台 六甲枝垂れ

住所
兵庫県神戸市灘区六甲山町五介山1877-9
交通
JR神戸線六甲道駅から神戸市バス16系統六甲ケーブル下行きで25分、終点で六甲ケーブルに乗り換えて10分、山上駅で六甲山上バスに乗り換えて10分、六甲ガーデンテラス下車すぐ
料金
大人300円、小人(4歳~小学生)200円

【神戸×夜景×六甲山】TENRAN CAFE

六甲ケーブル下車すぐの天覧台にあるカフェ。神戸市街を一望する絶景を眺めながら、神戸ウォーターを使用したドリップコーヒーや地元の食材を使った料理を。

【神戸×夜景×六甲山】TENRAN CAFE

やまみつカレー 950円

六甲山のハチミツが隠し味

【神戸×夜景×六甲山】TENRAN CAFE

六甲山の空気を感じるテラス席は、昼も夜も特等席

TENRAN CAFE

住所
兵庫県神戸市灘区六甲山町一ケ谷1-32
交通
JR神戸線六甲道駅から神戸市バス16系統六甲ケーブル下行きで10分、終点で六甲ケーブルに乗り換えて10分、山上駅下車すぐ
料金
三田ポークカツレツセット(パンorライス付)=1500円/六甲山のやまみつカレー=900円/神戸森谷のミンチカツ・コロッケセット=1000円/ホットケーキ はちみつレモンソース=970円/神戸ウォーターを使ったコーヒー=540円/

六甲山

住所
兵庫県神戸市東灘区本山町森
交通
JR神戸線六甲道駅から神戸市バス16系統六甲ケーブル下行きで20分、終点で六甲ケーブルに乗り換えて10分、山上駅で六甲山上バスに乗り換えて10分、ロープウェー山頂駅下車すぐ
料金
情報なし

【神戸×夜景】北野

冬の北野を彩る特別なライトアップ

12月から翌3月の冬期には、電飾に縁どられた北野坂を上がって異人館街に行くと、風見鶏の館やうろこの家など、いくつかの洋館の見事なライトアップを見ることができる。【JR三ノ宮駅から徒歩で15分】

ライトアップTIME
期間中は毎日17時ごろから点灯。 各館によって時間は異なる。

【神戸×夜景】北野

<オススメView Spot> 北野町広場(12月~翌3月)

風見鶏の館の前にある広場

【神戸×夜景】神戸市庁舎1号館24階展望ロビー

アクセス抜群の街夜景を間近で観賞

神戸ルミナリエのメイン会場近くにそびえる市庁舎の展望ロビーは神戸市街の夜景が見渡せる絶好のスポット。昼間晴れていれば紀伊半島まで見渡せる。【JR三ノ宮駅から徒歩で6分】

【神戸×夜景】神戸市庁舎1号館24階展望ロビー

【神戸×夜景】神戸ルミナリエ

神戸の冬の風物詩、美しい光の芸術

イタリア生まれの光の彫刻「ルミナリエ」。阪神・淡路大震災が発生した1995年から、神戸の希望を象徴する行事として毎年12月に開催。神戸の街中が幻想的な光の回廊に包まれる。2019年には340万人以上もの来場者が訪れ、神戸の冬の風物詩として定着している。正式な開催日時等、詳細は公式HPでチェック

アクセス情報
2019年開催時は点灯1時間前から消灯するまでの間、元町駅から東遊園地まで歩行者専用の一方通行に。いつもより時間がかかると心づもりを。

※2020年は開催中止。
※開催時間や写真などは、すべて2018年開催時のものです。

【神戸×夜景】神戸ルミナリエ
©Kobe Luminarie O.C. 

玄関口となる「フロントーネ」。点灯シーンは感動もの

【神戸×夜景】神戸ルミナリエ
©Kobe Luminarie O.C. 

噴水広場の「スパッリエーラ」。水面に映る姿が美しい

【神戸×夜景】神戸ルミナリエ
©Kobe Luminarie O.C. 

メイン会場となる東遊園地。屋台なども並びにぎわう

【神戸×夜景】神戸ルミナリエ
©Kobe Luminarie O.C. 

63重の優美な天井が圧巻の「ガレリア・コペルタ」

筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください