MAPPLE TRAVEL GUIDE国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

松前・江差のおすすめ観光・旅行スポット

松前・江差のおすすめの観光・旅行スポットをご紹介します。松前城、幕末の軍艦 開陽丸記念館、木古内町郷土資料館など情報満載。

松前城 (マツマエジョウ) 松前藩が築いた日本最北の城

安政元(1854)年に築城された、日本最後にして最北の日本式城建築で、正式名称を福山城という。現在の天守閣は昭和35(1960)年に再建されたものだ。

松前城
松前城
松前城
松前城

松前城の詳細情報

住所
北海道松前町松城144
電話
0139-42-2216
交通
JR北海道新幹線木古内駅から函館バス松前行きで1時間30分、松城下車、徒歩10分
営業期間
4月10日~12月10日
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
期間中無休

幕末の軍艦 開陽丸記念館 (バクマツノグンカン カイヨウマルキネンカン) 幕末の軍艦を原寸大に再現

幕末にオランダで建造された幕府軍艦開陽丸を、オランダに残っていた設計図をもとに復元。海底から引き上げられた開陽丸の大砲や生活用具など、約3000点を展示している。

幕末の軍艦 開陽丸記念館
幕末の軍艦 開陽丸記念館
幕末の軍艦 開陽丸記念館

幕末の軍艦 開陽丸記念館の詳細情報

住所
北海道江差町姥神町1-10
電話
0139-52-5522
交通
JR函館本線函館駅から函館バス江差ターミナル行きで1時間50分、姥神町フェリー前下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休、11~翌3月は月曜、祝日、祝日の翌日の場合は翌日と翌々日休(12月31日~翌1月5日休)

木古内町郷土資料館 (キコナイチョウキョウドシリョウカン) 木古内の歴史がわかるスポット

土器や石器、生活用具のほかパネル展示などで町の歴史を紹介。咸臨丸のものと推定されているイカリや、貴重な鉄道資料も展示している。

木古内町郷土資料館
木古内町郷土資料館
木古内町郷土資料館
木古内町郷土資料館

木古内町郷土資料館の詳細情報

住所
北海道木古内町鶴岡74-1
電話
01392-2-4366
交通
JR北海道新幹線木古内駅から函館バス江差木古内線江差病院前行きで6分、鶴岡禅燈寺前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休

ふるさとの森公園 (フルサトノモリコウエン) 気軽に散策できる

標高約72mの薬師山と標高約83mの荻山を散策路で結び、気軽に自然散策が楽しめる公園。5月中旬頃には、薬師山山頂付近の斜面に咲く芝桜が見られる。

ふるさとの森公園の詳細情報

住所
北海道木古内町木古内
電話
01392-2-3131(木古内町役場)
交通
JR北海道新幹線木古内駅から徒歩15分
営業期間
春~秋期(冬期は積雪のため見学不可)
営業時間
入園自由
休業日
情報なし

道の駅 江差 (ミチノエキ エサシ) 海のすぐそばに建つ切妻屋根の建物が目印

海に面しており、夕日や漁火が美しい。とんちの名人といわれた「繁次郎」の像はアイドル的存在。キッチンや、布団などを用意した近くの簡易宿泊所は売店にて予約受付(12~翌3月は休館)。

道の駅 江差
道の駅 江差

道の駅 江差の詳細情報

住所
北海道江差町尾山町1
電話
0139-52-1177
交通
道央自動車道落部ICから国道5号、道道67号、国道227号・228号を江差方面へ車で55km
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(10月は~17:00、11~翌3月は10:00~16:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休、4~10月は無休(12月30日~翌1月5日休)
×