>  >  >  >  >  >  神戸 北野【異人館ガイド】絶対に行きたい3館ほかテーマ別に詳しくご紹介!レストラン&カフェ情報も

神戸 北野【異人館ガイド】絶対に行きたい3館ほかテーマ別に詳しくご紹介!レストラン&カフェ情報も

神戸 北野【異人館ガイド】絶対に行きたい3館ほかテーマ別に詳しくご紹介!レストラン&カフェ情報も

北野異人館めぐりでまず行っておきたい国の文化財指定&登録の3館ほか、個性ある展示が見もののミュージアム異人館、写真撮影も盛り上がる体験が楽しめる異人館をご紹介します。
絵画のような空間で優雅な時間を過ごせるおすすめのレストラン&カフェの情報もありますので、ぜひ散策の際の休憩に立ち寄ってみてください。

目次

  • 絶対に行きたい異人館3館をチェック!
  • ミュージアム異人館の豪華絢爛な展示物
  • プラスαが楽しい!体験もの異人館
  • 異人館レストラン&カフェは絵画のような空間

絶対に行きたい異人館3館をチェック!

北野異人館めぐりでまず行っておきたい、国の文化財指定&登録の3館をご紹介。

風見鶏の館

異人館のシンボル的存在!広場前に建つ重厚なレンガ張りの館
北野に現存する異人館のなかで唯一、レンガの外壁をもつ重厚な建物美が特徴。尖塔上の風見鶏のシンボルになっていて、重厚な内装や優美な家具など見どころ満載。【国指定重要文化財】【2館券】

異人館data
【築年】1909年頃
【歴史】ドイツの貿易商G.トーマス氏の私邸
【注目】ドイツ伝統様式の建築美

風見鶏の館

風見鶏
魔よけの意味があると伝わる尖塔の風見鶏。全長90cm
建築
設計はドイツ人建築家、施工は日本の宮大工によって行なわれた
赤レンガ
今なお残る希少なレンガの建物
看板
入り口の門に書かれたドイツ語「Rhenania」とはライン川の意味

風見鶏の館

1F 食堂
卓上にはティータイムが再現されている

おみやげcheck

2階の寝室はみやげショップになっている。

おみやげcheck

ポストカード 各160円
北野の異人館をモチーフにしたシックなポストカード

おみやげcheck

オリジナルの刺繍皮キーホルダー 600円

おみやげcheck

オリジナルの刺繍入りハンカチ 各790円

風見鶏の館

住所
兵庫県神戸市中央区北野町3丁目13-3
交通
JR三ノ宮駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:45(閉館18:00)
休業日
無休、2・6月は第1火曜、祝日の場合は翌日休
料金
入館料=500円/萌黄の館との二館券=大人650円、高校生以下無料/オリジナルの刺繍入りハンカチ=790円/ポストカード=110円~/オリジナルの刺繍皮キーホルダー=600円/(神戸市老人福祉手帳、特定疾患医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病承認書持参で無料、障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳、療育手帳持参で本人と同伴者1名無料)

うろこの家・うろこ美術館

もっとも高台に位置するうろこ模様の館で名画や陶磁器にうっとり
最初は外国人居留地に建てられ、明治38(1905)年に移築された洋館。天然石のスレートで飾った魚のうろこのような外壁はこの館だけに見られる意匠。【国指定重要文化財】【5館ハッピーパス、8館プレミアムパス】

異人館data
【築年】不明。明治38(1905)年に移築
【歴史】旧ハリヤー邸
【注目】うろこのような独特の外観やイノシシ像など

うろこの家・うろこ美術館

天然石スレート
魚のうろこのような独特の外観

うろこの家・うろこ美術館

展望室
かつて貿易商はここから船の入出港を見ていたのかも
美術館
西洋の名画や神戸を代表する画家の作品を展示

うろこの家・うろこ美術館

前庭
ルネッサンス後期の彫刻家ピエトロ・タッカが制作した猪銅像「ポルチェリーノ」

うろこの家・うろこ美術館

2F 娯楽室
アンティーク家具を配した歴史を感じる空間

おみやげcheck

1階応接室を使ったおみやげコーナー。

おみやげcheck

フランス刺繍入りオリジナル巾着 702円

おみやげcheck

スカーフハンカチ 1404円
館がデザインされている

おみやげcheck

オリジナル柄スポンジワイプ 540円~

うろこの家・うろこ美術館

住所
兵庫県神戸市中央区北野町2丁目20-4
交通
JR三ノ宮駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00(閉館、4~9月は18:00<閉館>)
休業日
無休
料金
入館料=大人1050円、小人200円/8館プレミアムパス(ドレス試着特典付き)=大人3000円、小人800円/5館特選入館券=大人2100円、小人500円/(障がい者手帳持参で割引あり)

萌黄の館

センスが光るやさしいグリーンの洋館
淡いグリーンが印象的な木造2階建ての洋館。アラベスク風模様が施された階段や重厚なマントルピースなど、贅沢な意匠が至るところにちりばめられている。【国指定重要文化財】【2館券】

異人館data
【築年】明治36(1903)年
【歴史】アメリカ総領事H.シャープ氏の邸宅。昭和19(1944)年からは元神戸電鉄社長の小林秀雄氏の住宅となっていた
【注目】下見板張りの建物など

萌黄の館

張り出し
窓2つの異なった形のベイ・ウィンドー(張り出し窓)
淡いグリーン
1987年からの修理で建築当時の外壁の色に復元され、館名にもなった

萌黄の館

数々の映画やドラマのロケ地になっている

萌黄の館

2F ベランダ
幾何学フレームが美しいベランダ。市街地を望めるビューポイントであり、絶好の撮影スポット

萌黄の館

2F 浴室
コンパクトながら使いやすそうなユニットバス

萌黄の館

チケット券売機
館前に設置された券売機でチケットを購入

萌黄の館

住所
兵庫県神戸市中央区北野町3丁目10-11
交通
JR三ノ宮駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館)
休業日
無休、2月は第3水・木曜
料金
入館料=350円/風見鶏の館との共通券=大人650円、高校生以下無料/シティー・ループ一日乗車券持参=280円/(65歳以上神戸老人福祉手帳、障がい者手帳持参で割引あり)

ミュージアム異人館の豪華絢爛な展示物

かつての家主が所有するアンティーク家具からコレクションまで、異人館ごとの個性ある展示物は必見。

山手八番館

山手八番館

座ると願いがかなう!?パワースポット
三連式塔屋と入り口のアーチ部分のステンドグラスが印象的な洋館。ルノワールやロダンの作品から、ガンダーラ石仏などの宗教美術まで世界の巨匠の作品を展示し見ごたえたっぷり。【5館ハッピーパス、8館プレミアムパス】

異人館data
【築年】明治後期
【歴史】サンセン氏の邸宅
【注目】チューダー様式の三連式塔屋

山手八番館
山手八番館

椅子に座って願い事をするとかなうといわれる「サターンの椅子」。右が女性用、左が男性用

山手八番館

住所
兵庫県神戸市中央区北野町2丁目20-7
交通
JR三ノ宮駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:00(閉館、4~9月は~18:00<閉館>)
休業日
無休
料金
入館料=大人550円、小人100円/8館プレミアムパス(ドレス試着特典付き)特選入館券=大人3000円、小人800円/5館特選入館券=大人2100円、小人500円/(障がい者手帳持参で割引あり)

デンマーク館

デンマーク館
バイキング、マーメイド、アンデルセンコレクションの3部構成になっている

船のレプリカを展示
バイキング船を2分の1サイズに縮小したレプリカを展示。2階には童話作家アンデルセンの書斎を再現したコーナーもある。【3館パスポート】

デンマーク館

館前にある顔ハメパネルで記念撮影

デンマーク館

住所
兵庫県神戸市中央区北野町2丁目15-12
交通
JR三ノ宮駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(閉館、時期により異なる)
休業日
無休
料金
入館料=大人500円、小人300円/3館共通パスポート(香りの家オランダ館、デンマーク館、ウィーン・オーストリアの家の3館共通券)=大人1300円、中・高校生1000円、小学生700円/(障がい者は1割引)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる神戸’18」です。掲載した内容は、2017年8~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×