おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  神戸グルメガイド決定版!港町のハイカラ美食をめしあがれ

神戸グルメガイド決定版!港町のハイカラ美食をめしあがれ

神戸グルメガイド決定版!港町のハイカラ美食をめしあがれ

by mapple_travel_guide

更新日:2019年6月13日

開港当時から異国文化が生活になじんでいた神戸には、ハイレベルな食文化が根付いている。神戸牛から山海の幸までハイカラな港町の美食を堪能しよう。

目次

【肉料理】ステーキ・ハンバーグスポット

神戸のグルメといえば絶対外せない!おすすめのステーキ・ハンバーグスポット。

ステーキランド神戸館 (ステーキランドコウベカン)

厳選された最高品質の神戸ビーフを味わえる店。シェフの鮮やかなナイフさばきなど臨場感を感じながら味わう神戸ビーフは格別だ。

 

ステーキランド神戸館 (ステーキランドコウベカン)

神戸牛ステーキ ヘンリー亭 神戸元町本店 (コウベギュウステーキ ヘンリーテイ コウベモトマチホンテン)

神戸牛ステーキ ヘンリー亭 神戸元町本店	(コウベギュウステーキ ヘンリーテイ コウベモトマチホンテン)
神戸牛ステーキ ヘンリー亭 神戸元町本店	(コウベギュウステーキ ヘンリーテイ コウベモトマチホンテン)
神戸牛ステーキ ヘンリー亭 神戸元町本店	(コウベギュウステーキ ヘンリーテイ コウベモトマチホンテン)
神戸牛ステーキ ヘンリー亭 神戸元町本店	(コウベギュウステーキ ヘンリーテイ コウベモトマチホンテン)

神戸牛すてーきishida.北野坂店 (コウベギュウステーキイシダキタノザカテン)

神戸牛すてーきishida.北野坂店	(コウベギュウステーキイシダキタノザカテン)

続きをよむ

神戸で必ず食べたい!おすすめのステーキ・ハンバーグスポット

【老舗洋食】歴史を感じる味わいに舌鼓

受け継がれる味、当時の趣を残す店内など、老舗ならではの“味わい”は何物にも代えがたいとびきりのごちそう。歴史が作り上げた絶品メニューの数々を食べに行こう。

神戸ごちそうMEMO

神戸の洋食のルーツは?

外国航路の船で腕をふるっていたコックたちが、なじみ深い神戸の地で店を開いたのが始まりとされる。また、居留地内にあるホテルのシェフが独立した店も多い。

神戸洋食 年表

慶応3(1868)年 ◆神戸港開港
欧米などの外国航路で腕を磨いたコックが船を降り、西洋料理を披露するようになった。

明治3(1870)年 ◆オリエンタルホテル開業
日本最高の西洋式ホテルのひとつ。外国人専用ホテルとして料理と伝統を発信し、神戸洋食文化をになう存在に

昭和20(1945)年 ◆神戸大空襲第二次世界大戦終戦
3・5・6月の神戸大空襲で壊滅的被害に。戦後、三宮を中心に発展したことで三宮に移る洋食店も増えた

平成7(1995)年 ◆阪神・淡路大震災
甚大な被害をもたらした大災害。老舗洋食店の休業も相次ぐが、仮設や移転先で再スタート。オリエンタルホテルは全壊し廃業へ(2010年に同名で新規開業)

伊藤グリル

当時の面影を残す老舗店で受け継がれてきた味を堪能
大正12(1923)年創業

サヴォイホテルや、外国航路のコックを務めた初代から続く伝統の味を引き継ぎ、発展させてきた名門。その重厚感のある奥深い味わいに、文化人や財界人、外国人にもファンが多い。

伊藤グリル

南京町広場からすぐのビルの2階にある

伊藤グリル

炭火焼きステーキディナーコース (200g)1万2960円
炭火で香ばしく焼き上げたステーキをデミグラスソースで

伊藤グリル

シェフのオリジナルエッセンスをプラスしたビーフシチュー3024円

伊藤グリル

カウンター席なら炭焼きのライブ感を楽しんでいただけます
オーナーシェフ伊藤さん

グリル十字屋

地元ファンに愛され続けるノスタルジックな洋食の数々
昭和8(1933)年創業

リニューアル後もほっとできる空気感はそのままで、常連客も変わらず通い続ける人気店。2日かけて煮込み、1日寝かして作る自慢のデミグラスソースは、創業以来ほとんど変わらない。

グリル十字屋

天井が高く、レトロモダンな雰囲気

グリル十字屋

シチュービーフ 2300円
長時間煮込んだやわらかな国産牛肉にデミグラスソースがたっぷり

グリル十字屋

さっくり揚がったビフカツレツ1550円

グリル十字屋

ハヤシライス(950円)など手軽なメニューもあります
オーナー 杉中さん

欧風料理もん

レトロな雰囲気の中で神戸牛を使った洋食を
昭和11(1936)年創業

メニューや調理方法はもちろん、店内も創業当時そのまま。ビフカツサンドやステーキ、すき焼きやしゃぶしゃぶなど、神戸牛を使ったメニューが豊富。

欧風料理もん

いくたロードに面した歴史ある店構え

欧風料理もん

ビーフカツレツ2592円。衣に染み込むソースがたまらないと、常連客にも人気のメニューです

欧風料理もん

オーナー日笠さん

グリルミヤコ

創業以来追い足し続ける外国船から持ち帰ったソース
昭和40(1965)年創業

貸客船のコックだった先代が船で使っていたドゥミグラスソースを持ち帰り、店を開いた。2代目が引き継いだ今でも追い足し続け、船上の味を今に伝える。

グリルミヤコ

明るい色合いの店内はおしゃれな雰囲気

グリルミヤコ

ビーフシチュー1950円は船の上でもこぼれないよう、マッシュポテトで囲んでいます

続きをよむ

神戸【老舗洋食】歴史を感じる味わいに舌鼓

【中華麺】中国料理のファーストフードをチェック!

中国料理店の多い神戸では、サクッと飯に中華麺は当たり前!ファストフードとあなどるなかれ、手の込んだ一皿はどれも本格的な味わい。有名店から地元に愛される街の中華屋までさまざまな麺ものをご案内。

神戸のローカルフード中華屋の麺料理

汁そばから焼きそばまで、中国料理店の独自の個性を発揮する麺料理。時間のない人や一人でもささっと中国料理の街、神戸を堪能できる。麺料理を入り口に各店の味を知ろう。

順徳

広東料理が幅広く味わえる素材を生かした本格中華

地元のファンも多い人気店。日本人の口に合う広東料理を提案し、素材を生かした味が定評。ランチはお得なセットがあり、ディナーはコース料理も。昼夜問わず、満席が絶えない。

順徳

ネギ汁そば 650円
ひね鳥の鶏がらや貝柱を煮込んだ透明のスープはあっさり。ご飯後のシメにも◎

おいしさPoint
ネギの上にかけた自家製タレがうまみを引き立てる

順徳

神戸元町別館牡丹園

地元客に愛され続ける老舗中国料理店

新鮮な魚介を使用した定番の広東料理を中心に、麺類やご飯ものなど、メニューは100種類以上。親子で通う地元客も多い老舗店ながら、気軽に立ち寄れる雰囲気がうれしい。

神戸元町別館牡丹園

生姜、ネギ、焼き豚、小海老の和えそば 1620円
厳選した広島の牡蠣エキスで作る、濃厚自家製オイスターソースが味の決め手

おいしさPoint
薬味と牡蠣の風味のバランスがクセになる味わい

神戸元町別館牡丹園

三種の魚介類の焼きそば 1620円
いか、エビ、帆立入りの豪華なあんかけ焼きそば。麺はハードかソフトから選べる

おいしさPoint
新鮮な魚介の風味のあんが麺によく絡む

神戸元町別館牡丹園

健民ダイニング

多彩なビーフンメニューとこだわり中華を気軽に

ビーフンでおなじみの「ケンミン食品」による中華料理店。オリジナルのビーフンメニューをはじめ、本格中華料理がリーズナブルに味わえる。良コスパのランチは女性に大人気。

健民ダイニング

特製土鍋焼ビーフン 1300円
野菜やエビ、自家製チャーシューなど具材たっぷりの麺は食べ終わるまでアツアツ

おいしさPoint
土鍋で焼いたおこげとあんが相性抜群

健民ダイニング

福建風焼ビーフン 850円
火力を効かせて一気に焼き上げるビーフンの香ばしさが引き立つ定番メニュー

おいしさPoint
シンプルな味付けのうまみが黄金バランス

健民ダイニング

ピリ辛汁ビーフン 850円
鶏、牛、豚を長時間煮込んだ濃厚スープをベースに、韓国唐辛子の辛みが食欲をそそる

おいしさPoint
自家製ゴマ&ピーナッツのペーストがコクの隠し味

健民ダイニング

続きをよむ

神戸【中華麺】中国料理のファーストフードをチェック!

【飲茶ランチ】コースでおいしいものをちょっとづつ!

少しずついろいろな種類が楽しめる飲茶は、神戸に来たならぜひ味わいたいもの。ランチではお得なコースやセットを用意している店も多く、気軽に飲茶を楽しむことができるのがうれしい。

飲茶にはどんな形式がある?

飲茶ランチには、フルコース、オーダーバイキング、食べ放題など、さまざまなスタイルがある。できたてが味わえるワゴンスタイルはとくに人気が高い。事前に詳しく調べておこう。

香港茶楼

神戸飲茶専門店の草分け!

昭和53(1978)年創業の神戸最初の飲茶専門店。香港出身のシェフが作る広東名菜は、なんと100種以上! 平日のランチ850円など、お得なメニューもある。

飲茶フルコース全13品 2700円
ランチタイム 11:30〜15:00

前菜、点心8点、粥、麺、デザートと続く飲茶フルコースが昼夜問わず楽しめる
コースがお得ですが、アラカルトでお好きなものを選ぶのも楽しいですよ

香港茶楼

オードブル
自家製のチャーシュー&ピクルス、蒸し鶏、サラダの盛り合わせ

香港茶楼

エビのチョーフン
米粉の皮でエビと黄ニラの具を包み、蒸したもの

香港茶楼

焼豚まんじゅう
秘伝の味噌ダレであえたチャーシューが絶品

香港茶楼

焼売、ぎょうざ5種
多彩な具を使った焼売&ぎょうざは見た目も楽しい

香港茶楼

春巻+ごま団子
サラダ油で揚げてあるので、軽くてさっぱり

香港茶楼

あんかけヤキソバ
揚げ麺に野菜やエビがたっぷりのあんをかける

香港茶楼

エビのお粥
貝柱の風味とこくがたっぷり。滋味豊かな一品

香港茶楼

杏仁豆腐
自家製ならではのなめらかな舌ざわりと風味

こんなメニューも!
気軽に点心を楽しみたい人にはミニ飲茶コース(10品・1620円)もある

香港茶楼

開放感あふれる広々としたフロア

龍泉

ここでしか味わえないオリジナル点心

牡丹園や良友酒家などで修業を積んだ店主の簡さん。名店仕込みの技で作られる趣向を凝らした広東点心や餃子が充実。3種類の餃子がたっぷり楽しめる火鍋も人気を集める。

点心飲茶Aコース全9品 950円
ランチタイム 11:30〜14:30

サラダと春巻、点心5種類に加え、メインとデザートはそれぞれ2種類から選べられる

龍泉

花巻まん、海鮮焼売、餃子3種類
モチモチの生地にミンチやザーサイを練りこんだ花巻まんが名物

海鮮春巻き
えびなどの具材がたっぷり

ヤキメシ
火入れが絶妙なメインのヤキメシ。海鮮粥と選べる

サラダ
点心飲茶コースにはサラダが付いてくる

杏仁豆腐
デザートは杏仁豆腐か黒ごましるこの芝麻糊(チーマーウー)から

こんなメニューも!
焼豚まんや海老ニラ餃子などAコースとは内容が変わる点心7種類が付いたBコース(1100円)もある

龍泉

奥行のある店内はゆったり食事ができる落ち着いた空間

群愛飯店 本店

香港の今が感じられるラインナップ

本場香港の流行を取り入れながらも、日本人好みに仕上げた本格広東料理が評判。特製上湯を使ったフカヒレなどの高級食材から、隠れた人気のカレーライスまでメニューは豊富。

お昼のよくばりコース(2名から)全9品 2500円
ランチタイム 11:30〜15:00

2種のエビ料理が食べられると好評。飲茶点心や焼きそばを含め海鮮好きにおすすめ

群愛飯店 本店

飲茶メニュー
◦蟹肉入りコーンスープ
◦点心盛り合わせ(海老餃子、韮餃子、海老焼売)
◦ミンチのレタス包み
◦海老のチリソースとオーロラソースの二品盛り
◦特製焼きそばor焼き豚入り葱ラーメンor中華お粥(鶏肉・魚)
◦杏仁豆腐orタピオカ入りココナッツミルク

こんなメニューも!
料理3品盛り合わせにフカヒレスープ、ライス、デザートが付いたグルメランチ(2160円、土・日曜、祝日の11:30~14:00)も人気

群愛飯店 本店

2フロアで広々とした店内。回転テーブルも楽しい

続きをよむ

神戸【飲茶ランチ】コースでおいしいものをちょっとづつ!

【ご当地メニュー】地元で愛され続けるB級グルメ!

全国に名が知られる「明石焼き」をはじめ、「そばめし」など神戸にはローカルなB級グルメがたくさん。地元ならではのこだわりが詰まった一品は、一度食べるとやみつきに。

お手軽でおいしい庶民的の強い味方
豪華&おしゃれなグルメのイメージが強い神戸。庶民の間で生まれた下町発祥のB級グルメは安くてボリューム満点! 気軽に立ち寄れる雰囲気の店が多いので、カフェやレストランの合間に行ってみよう。

ふわふわトロ~リ 明石焼き

玉子のふわふわ食感×だしの風味がマッチ!

What’s 明石焼き?
別名玉子焼きとも呼ばれている明石名物のたこ焼き。つけだしで食べるのが特徴だが、ソースをかけたものをさらにだしにくぐらせたり、自由に味のバリエを楽しめる。

菊兆

名店による明石焼きと麦とろめし

明石焼きと麦とろをメインに、約40年続く名店。創業当時の定番メニューはもちろん、海老マヨネーズやすじキムチなどの変わりだねも。丹波篠山の山芋を使った麦とろめしとともに。

元祖「明石焼き」 600円
ふわとろでクリーミーな味わい。だしにつけるとさらにやわらかで、とろけるような口当たり

菊兆

生地
数種類の小麦粉にたっぷりの卵とだし、秘伝のタレを加えている

つけだし
昆布やカツオ節などを使った風味豊かなだしに、薬味として三つ葉を散らす

菊兆

明石だこ
明石でとれた新鮮なタコを大ぶりに切って使用

菊兆

昭和ムードただよう店はいつも混み合っている

たちばな本店

ぷりぷり食感の明石の活ダコを使用

神戸っ子御用達の、明石焼きの専門店。焼き技を駆使してふんわり形よく焼きあげた明石焼きをひと口食べれば、活ダコのうまみが口に広がる。卓上の甘辛2種のソースはお好みで。

たちばな本店

明石焼き(1人前・10個) 620円
あえて生地の味付けはなく、タコのうまみが際立つ仕上がり。だしと薬味の量を自分で調整できるのもうれしい

たちばな本店

カウンター席からは焼いているところを見物できる

蛸の壺

明石焼き&タコ料理で居酒屋使いも

プレーンな玉子焼き(=明石焼き)と、ネギやミンチを加えた五目焼きの2種が味わえる。昼はタコ飯や味噌汁の付いた玉子焼き定食(756円)がおすすめ。明石焼き以外のメニューも豊富。

蛸の壺

玉子焼き(10個) 648円
シンプルながら味わい深く、後味さっぱり。女性でもぺろりといける小ぶりサイズ

蛸の壺

ドリンクメニューも多数。居酒屋使いとしてもOK

味わいがクセになる 味噌ダレ餃子

味噌とラー油が好相性店独自の味を楽しんで

What’s 味噌ダレ?
餃子店が多く点在し、中華街が発祥といわれている味噌ダレ。白味噌派、赤味噌派があり、店によって置いている調味料もさまざま。

ギョーザ専門店イチロー

神戸ポークを使用自家製の味噌ダレとラー油が味の決め手

焼き上がりにこだわったパリっと食感の皮の中は、キャベツやミンチが入ったニンニク控えめの具材がたっぷり。タネ作りのノウハウを生かしたハンバーグも密かな人気メニュー。

ギョーザ専門店イチロー

焼餃子(1人前7個入り) 280円
シンプルな味わいだからこそ肉汁のうまさが引き立つ逸品。計算されたタレとの相性に、つい箸が進む

ギョーザ専門店イチロー
ギョーザ専門店イチロー

定食セットもあり、ランチにちょい飲みに幅広く利用できる

続きをよむ

神戸【ご当地メニュー】地元で愛され続けるB級グルメ!

【空間自慢のカフェ】ステキな建築にうっとり

オープンエアなテラス席やレトロ建築など、フォトジェニックな空間が魅力のカフェ。こだわりのインテリアも楽しみながら、くつろぎの時間を過ごそう。

クオリティの高いカフェが充実
西洋文化が息づく神戸は洋菓子やカフェとは切っても切れない関係。レトロビルや外国人オーナーのカフェも多く、どこか異国情緒あふれる店が点在する。ちょっぴり贅沢な神戸流のお茶タイムを楽しんで。

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

ライフスタイルを発信するボタニカルな自然派カフェ

食と自然とカルチャーをコンセプトとしたカフェ。「そら植物園」代表 プラントハンター西畠清順氏によるガーデン空間は植物園そのもの。緑の中で地元の食材を使った「神戸キュイジーヌ」が楽しめる。

ココが自慢! Point

世界的建築家フランク・ゲーリー氏が設計、安藤忠雄氏が監修したモダン建築を舞台に、植物園のようなグリーンガーデンが広がる。

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

デリプレート 1490円
色鮮やかな見た目も楽しい5種類のデリがついたメニュー

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

レモネード 896円
バオバブの実のパウダーとハーブの風味が爽やかな一杯

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

シンボルツリーは2本に分かれためずらしいヤシの木

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

海のモチーフがにぎやかなオープンキッチンのカウンター

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

神戸を代表する画家、寺門孝之氏の絵が飾られている

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

店前の植物は季節に合わせて植え替えられる

FISH IN THE FOREST 〜TOOTH TOOTH x そら植物園〜

吹き抜けの天井まで木が伸びる様が圧巻

BistrotCafé de Paris

ここちよいテラス席でパリのカフェ気分を満喫

陽気なフランス人オーナーが迎えてくれるビストロカフェ。オープンテラスのおしゃれな雰囲気は、まるでパリの街角にいるよう。シャンソンが流れる店内では、ビストロメニューとスイーツが味わえる。

ココが自慢! Point

北野異人館へと続く北野坂に面した店。外国人客でにぎわうことも多く、開放感いっぱいのテラス席は、まるでパリにいるような気分に。

BistrotCafé de Paris

ビストロランチ 2000円
じっくり煮込んだシェフ渾身のビーフシチュー

BistrotCafé de Paris

ケーキセット 1050円
8~10種あるケーキとドリンクのセット。イチオシはクレームブリュレ

BistrotCafé de Paris

赤と白を基調にした居ごこちのいい店内

BistrotCafé de Paris
BistrotCafé de Paris
BistrotCafé de Paris

【Take Out】
テイクアウトもOKの神戸カヌレ5個1200円

続きをよむ

神戸【空間自慢のカフェ】ステキな建築にうっとり

【名店喫茶の珈琲】ノスタルジックな気分に浸る

神戸には地元の人に愛され続ける老舗の喫茶店が点在。昭和の雰囲気がただよう店内で、おいしい一杯を味わいながらくつろぎのひとときを過ごしたい。

歴史からひもとくコーヒーと神戸の関係
明治時代に日本で最初の珈琲販売店、カフェができた神戸。日本有数のコ-ヒー豆輸入港でもある神戸港は、昔から“コーヒーの街”としてたくさんの喫茶店がある。創業時から変わらず、時を超えて愛される老舗店も多い。

茜屋珈琲店

アンティーク雑貨を飾るクラシカルな珈琲店 Since1966~

昭和41(1966)年に高級コーヒー専門店として創業。以来、最高級の炭火焙煎豆をペーパードリップでいれるこだわりの一杯を、大倉陶園や海外の有名ブランドのカップで提供している。

名店ヒストリー

創業当時は高級喫茶店としてハイソサエティの人々に愛されていた。現在もあこがれの存在。
ドリップ方式◆ペーパー

茜屋珈琲店

オリジナルブレンドコーヒー 700円
高いが旨いお菓子 700円
濃厚ながらスッキリとした味わいの香り高いコーヒー。甘さ控えめの特製手作りチョコレートケーキと相性抜群

茜屋珈琲店

大正時代のネジ巻式時計や黒電話、LPレコードが残るクラシカルな珈琲店

茜屋珈琲店

木のボードに書かれた味わいのあるメニュー表

茜屋珈琲店

荻原珈琲から仕入れた焙煎豆を通常の2.5倍の量で使う

元町サントス

昔ながらのコーヒーメーカーで淹れる味わい深い一杯Since1960~

元町商店街内にある昭和35(1960)年の創業の喫茶。濃いなかにもまろやかさのある珈琲は、専門のコーヒーマシン「アン」から生み出されるもの。鉄板で焼き上げるホットケーキも人気。

名店ヒストリー

緑の椅子やアンティーク家具を配したタイムスリップ気分になる店内。アンを使用するのも創業当時から。
ドリップ方式◆その他

元町サントス

ホットケーキセット バター 700円
創業以来変わらないふっくら焼き上げられる自家製ホットケーキ。コクのある珈琲と好相性な組み合わせ

元町サントス

常連の客でいつもにぎわう店内

元町サントス

ガスで湯煎するめずらしいコーヒーメーカー

元町サントス

山小屋風のインテリアが落ち着く2階

放香堂加琲

明治創業、日本最古の喫茶店昔ながらの石臼びきコーヒーSince1878~

明治11(1878)年に日本で初めてコーヒーを販売し、日本最古のコーヒー店として教科書にも登場する。専用の石臼でひいた明治時代の味を再現したコーヒーはまろやかで飲みやすい。

名店ヒストリー

明治初期、外国から輸入したコーヒー豆を焙煎し、一般向けに初めて販売した茶商。新聞に「焦製(しょうせい)飲料コフィー」と広告を掲載した。
ドリップ方式◆その他

放香堂加琲

珈琲 麟太郎 518円
ニューヨークチーズケーキ 270円
粗びきの豆をフレンチプレスで淹れるのが放香堂流。コーヒーはプラス100円でポットサイズにできるのもうれしい

放香堂加琲

店頭ではコーヒー豆の販売とテイクアウトも

放香堂加琲

店内には創業当時の様子が描かれた木版画が飾られている

放香堂加琲

味わい深い石臼びきのコーヒー豆が楽しめる

続きをよむ

神戸【名店喫茶の珈琲】ノスタルジックな気分に浸る

筆者:mapple_travel_guide

エリア

 >  >  >  >  > 

×