トップ > 関西 > 神戸・姫路・淡路島 > 神戸・阪神 > 神戸 > 三宮 > 

神戸のおすすめ洋食店はここ! 厳選12店

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年5月10日

この記事をシェアしよう!

神戸のおすすめ洋食店はここ! 厳選12店

神戸は、早くから外国に向けて開かれてきた歴史ある港町。
港や外国人居留地を中心に栄えた異国情緒あふれる街の風景が、今も多くの人を魅了します。
なかでも、三宮や元町には昔ながらの雰囲気を残す老舗レストランや洋食店も数多く、当時の味や趣を今に伝えています。
地元民にも愛される洋食店で、代々受け継がれてきた看板メニューをぜひ味わってみましょう。

この記事の目次

【神戸×洋食】老舗の洋食店

神戸の洋食のルーツは?
外国航路の船で腕をふるっていたコックたちが、なじみ深い神戸の地で店を開いたのが始まりとされています。また、居留地内にあるホテルのシェフが独立した店もたくさんあります。

【神戸×洋食の老舗】創業当時から変わらぬ味を時代を感じるクラシカルな空間で「老舗の洋食店欧風料理もん」

メニューや調理方法はもちろん、店内も創業当時そのまま。ビフカツサンドやステーキ、すき焼きやしゃぶしゃぶなど、神戸牛を使ったメニューが豊富。【三宮】

創業:昭和11(1936)年

【神戸×洋食の老舗】創業当時から変わらぬ味を時代を感じるクラシカルな空間で「老舗の洋食店欧風料理もん」

ビーフカツレツ 2592円

衣にしみこむソースがたまらないと、常連客にも人気のメニュー

【神戸×洋食の老舗】創業当時から変わらぬ味を時代を感じるクラシカルな空間で「老舗の洋食店欧風料理もん」

ヤサイサラダ 1250円

オリジナルドレッシングがおいしいと評判

【神戸×洋食の老舗】創業当時から変わらぬ味を時代を感じるクラシカルな空間で「老舗の洋食店欧風料理もん」

アンティークを飾った店内は創業当時のままの雰囲気

【神戸×洋食の老舗】創業当時から変わらぬ味を時代を感じるクラシカルな空間で「老舗の洋食店欧風料理もん」

いくたロードに面した好立地。歴史ある店構えがステキ

欧風料理 もん

住所
兵庫県神戸市中央区北長狭通2丁目12-12
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分

【神戸×洋食の老舗】地元ファンに愛され続けるノスタルジックな洋食「グリル十字屋」

リニューアル後もほっとできる空気感はそのままで、常連客も変わらず通い続ける人気店。2日かけて煮込み、1日寝かして作る自慢のデミグラスソースは、創業以来ほとんど変わらない。【旧居留地】

創業:昭和8(1933)年

【神戸×洋食の老舗】地元ファンに愛され続けるノスタルジックな洋食「グリル十字屋」

シチュービーフ 2350円

長時間煮込んだやわらかな国産牛肉にデミグラスソースがたっぷり

【神戸×洋食の老舗】地元ファンに愛され続けるノスタルジックな洋食「グリル十字屋」

ビーフカツレツ 1550円

さっくり揚がったビーフカツレツ

【神戸×洋食の老舗】地元ファンに愛され続けるノスタルジックな洋食「グリル十字屋」

天井が高く、レトロモダンな雰囲気

グリル 十字屋

住所
兵庫県神戸市中央区江戸町96ストロングビル 1階
交通
JR三ノ宮駅から徒歩7分
料金
カツハイライ=1250円/ハンバーグ=1550円/ビーフカツレツ=1550円/シチュー ビーフ=2350円/ハイシライス=950円/オムライス=950円/

【神戸×洋食の老舗】当時の面影を残す老舗店で受け継がれてきた味を堪能「伊藤グリル」

サヴォイホテルや、外国航路のコックを務めた初代から続く伝統の味を引き継ぎ、発展させてきた名門。その重厚感のある奥深い味わいに、文化人や財界人、外国人にもファンが多い。【南京町】

創業:大正12(1923)年

【神戸×洋食の老舗】当時の面影を残す老舗店で受け継がれてきた味を堪能「伊藤グリル」

炭火焼きステーキディナーコース (200g) 1万5400円

炭火で香ばしく焼き上げたステーキをデミグラスソースで

【神戸×洋食の老舗】当時の面影を残す老舗店で受け継がれてきた味を堪能「伊藤グリル」

南京町広場からすぐのビルの2階にある

欧風レストラン 伊藤グリル

住所
兵庫県神戸市中央区元町通1丁目6-6生島ビル 2階
交通
JR神戸線元町駅から徒歩3分
料金
ビーフシチュー(ランチ)=3080円~/ステーキ(ランチ)=6600円~/炭火ステーキ(ディナーコース)=13200円~/タンシチュー(ディナー)=5850円/

【神戸×洋食の老舗】シンプルな旨味を感じる歴史が作った看板メニュー「神戸キチン」

60年以上の歴史を誇る洋食店。評判のビーフシチューは、塊のままタン、テールと一緒にじっくり煮込み、奥行きある肉の旨みを引き出している。【三宮】

創業:昭和27(1952)年

【神戸×洋食の老舗】シンプルな旨味を感じる歴史が作った看板メニュー「神戸キチン」

ビーフシチュー 2300円

香辛料をほとんど使わずシンプルに、素材の味を生かして仕上げる

【神戸×洋食の老舗】シンプルな旨味を感じる歴史が作った看板メニュー「神戸キチン」

木目調のシックで落ち着いた店内

神戸キチン

住所
兵庫県神戸市中央区磯上通8丁目1-12
交通
JR三ノ宮駅から徒歩5分
料金
日替りランチ=1800円/ビフカツ=2200円/ビーフシチュー=2200円/シチューディナー=3300円/

【神戸×洋食の老舗】創業以来追い足し続ける外国船から持ち帰ったソース「グリルミヤコ」

貸客船のコックだった先代が船で使っていたドゥミグラスソースを持ち帰り、店を開いた。2代目が引き継いだ今でも追い足し続け、船上の味を今に伝える。【元町】

創業:昭和40(1965)年

【神戸×洋食の老舗】創業以来追い足し続ける外国船から持ち帰ったソース「グリルミヤコ」

ビーフシチュー 2200円

船の上でもこぼれないよう、マッシュポテトで囲んでいるのが特徴

【神戸×洋食の老舗】創業以来追い足し続ける外国船から持ち帰ったソース「グリルミヤコ」

明るい色合いの店内はおしゃれな雰囲気

グリルミヤコ

住所
兵庫県神戸市中央区元町通5丁目3-5ヴィラ元町
交通
地下鉄みなと元町駅から徒歩3分
料金
ハンバーグ=1200円/テールシチュー=2500円/タンシチュー=2150円/国産牛のヘレカツレツ=3600円/ビーフシチュー(パンorライス・サラダ付)=1950円/

【神戸×洋食の老舗】5日かけ作るデミグラスソースは味わい深く老舗の貫禄「グリル一平 元町店」

こまやかな仕事と自慢のデミグラスソースでオリジナリティをプラスした「洋食のおかず」がずらり。日本人好みの濃厚な味わいの洋食にリピーターも多い。【元町】

創業:昭和27(1952)年(新開地本店)

【神戸×洋食の老舗】5日かけ作るデミグラスソースは味わい深く老舗の貫禄「グリル一平 元町店」

ハンバーグステーキ 1800円

表面はカリッと中はふんわり食感。ハートの目玉焼きは元町店限定

【神戸×洋食の老舗】5日かけ作るデミグラスソースは味わい深く老舗の貫禄「グリル一平 元町店」

駅から近く、南京町からもすぐの好立地

元町 グリル一平

住所
兵庫県神戸市中央区元町通2丁目5-6奥浦ビル
交通
JR神戸線元町駅から徒歩3分
料金
ハンバーグステーキ(ライス、サラダ付)=1700円/大正海老のフライ=2000円/オムライス=800円/ビーフカツレツ(オールドスタイル)=1300円/スパゲティ・イタリアン=1100円/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください