>  >  >  >  >  > 

大阪【通天閣】なにわのエッフェル塔! のぼって魅力を体感

まっぷるマガジン

更新日:2020年11月8日

この記事をシェアしよう!

大阪【通天閣】なにわのエッフェル塔! のぼって魅力を体感

通天閣は、100年以上の歴史を誇る新世界のシンボルタワー。
地元で長年愛されてきた老舗が並ぶ下町の中心にそびえたちます。
展望台からは街の景色が一望でき、福の神・ビリケンさんや、ルナパークをジオラマで再現した展示など、味のある見どころが満載です。
今回は、通天閣の魅力をフロアごとにご紹介します!

通天閣について知ろう!

どど~んとそびえる姿が勇ましい

天に通じる高い建物、という意味を込めて命名された通天閣は、新世界のシンボル。現在の通天閣は2代目で、展望台からの大パノラマやビリケンさんなど、お楽しみがいっぱい。

 

<知っ得豆知識>

通天閣DATA

高さ:108m
大時計:東面にある文字盤の直径5.5mの巨大時計が、2017年にLEDビジョンへとリニューアル

 

通天閣と東京タワーは兄弟?

2代目通天閣の設計は東京タワーの設計者でもある内藤多仲氏。いわれてみればどことなく似ている? ちなみに東京タワーの高さは333mで225m通天閣が低い。

 

通天閣ロボもおるで!

通天閣が二足歩行ロボットに変身! 大阪のヒーローを目指している。展望台部分には人がいるなど、細かい部分にまでこだわっているので、よーく観察してみて。2階で会えるよ。

 

通天閣を見れば明日の天気がわかる!

てっぺんの丸いネオンが天気予報になっているって知ってた? オレンジ、白、青の3色の組み合わせで9種類の予報を出している。

 

一年で12回変化するライトアップ

月ごとにイメージカラーを設定し、一年を12色で表現。LED照明が3万2579個も使用されている。ちなみに、昼夜通して表示される文字にはネオン管を使用。

通天閣

住所
大阪府大阪市浪速区恵美須東1丁目18-6
交通
地下鉄恵美須町駅から徒歩3分
料金
一般展望台=大人800円、中学生以下400円/特別屋外展望台「天望パラダイス」=追加料金大人500円、中学生以下300円/通天閣地下わくわくランド=無料/(団体割引・障がい者割引あり)

通天閣B1~3F

【B1F】通天閣わくわくランド

食品メーカーのアンテナショップが集まったエリア。グリコ、ひよこちゃん、キョロちゃんのグッズが並ぶショップは見るだけでワクワク。

 

【1F】天井画

初代通天閣のエントランスにあった天井画が復刻。縦横17mもあり、初代同様に優美な花々とクジャクが描かれている。

 

【3F】ルナパークジオラマ

明治45(1912)年に開園したルナパークをジオラマで再現。映像や写真も展示していて、当時の通天閣や新世界の風景がよくわかる。

通天閣4~5F

【4F】光の展望台

ご近所さんのあべのハルカスや天王寺動物園をはじめ、大阪の街を一望できる。夜になると天井に描かれたネオンアートがきらめくロマンティックな空間に!

 

【5F】黄金のビリケン神殿

金ぴかに輝く神殿には新世界のスーパースター、ビリケンさんが鎮座している。天井の四方には青龍や朱雀などの神獣が描かれている。

ビリケンさんの足をなでなでしよう

通天閣最頂上

【最頂上】天望パラダイス

通天閣の頂上に地上94.5mの特別展望台が誕生。眺望をさえぎる建物は周囲になく、天井はオープンなので開放感たっぷりで気持ちいい。

追加料金:大人 500円
●10:00~18:45(最終受付)
●5階インフォメーションカウンターで入場券を購入可能

あべのハルカスもよ~く見えるよ!

 

跳ね出し展望台

地上92.5mに設置した跳ね出し展望TIP THE TSUTENKAKUが新登場。先端にあるシースルーフロアから見下ろす街並みは大迫力。

眼下が丸見え! ダイナミックすぎる眺望

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください