トップ > 関西 > 大阪 > 

【大阪】猫カフェから、鉄道ジオラマを猫が闊歩する食堂など……大阪でかわいい猫たちと遊べるHAPPYスポット7選

らくたび

更新日:2021年10月14日

この記事をシェアしよう!

【大阪】猫カフェから、鉄道ジオラマを猫が闊歩する食堂など……大阪でかわいい猫たちと遊べるHAPPYスポット7選

マイペースな猫たちと鉄道ジオラマとの超異色コラボが楽しめるなにわの食堂。レトロな路地におしゃれな店が点在する中崎町の猫カフェ。暮らすように猫たちと過ごせる隠れ家など、大阪でおすすめの個性派猫カフェをご紹介します。7つのお店の共通点は"保護猫"であること。大阪は人情あふれる街だからか、スタッフの方やお客さんたちの、猫たちへの深い愛情が感じられるのもなごめるポイントです。カメラと猫じゃらしを片手に猫たちに会いにでかけませんか?

巨大猫が鉄道に降臨⁉ にゃんでやねん!な猫カフェならぬ猫食堂 が話題騒然! 【ジオラマ食堂 てつどうかん】

巨大猫が鉄道に降臨⁉ にゃんでやねん!な猫カフェならぬ猫食堂 が話題騒然! 【ジオラマ食堂 てつどうかん】

猫たちが精巧に作られた鉄道ジオラマの上を自由気ままに動き回る姿がSNSで話題となり、人気を集めている「ジオラマ食堂 てつどうかん」。猫たちを眺めながらランチやカフェ、ディナーが楽しめる事前予約制のお店です。
今回は12時から2時までのランチタイムに訪れてみました。

道に迷う心配は無用、インパクトのある外観

場所は天王寺区。大阪環状線「寺田町駅」から徒歩2分のビル1階にあります。
お店に入ると、壁3面にわたる鉄道ジオラマが目に飛び込んできます。足元には、挨拶に来てくれた猫たちの熱い視線。弾む心を落ち着かせ、受付を済ませて案内された席に座り、ランチメニューをオーダー。

ジオラマが目の前のカウンター席と全景が望めるテーブル席がある

しばらくすると、猫たちが何食わぬ顔でジオラマの上へ降臨。線路の上にどっかりと座ったり、家や歩道橋をなぎ倒したり……。猫たちと鉄道ジオラマとが織りなすカオスな世界が目の前で繰り広げられていきます。

動かざること山のごとし、ジオラマ食堂の肝っ玉母さん・サラは推定3歳

列車が走ってくると、狙いを定めて猫パンチをさく裂!ジオラマ食堂ではこの光景を「ハグ」と呼ぶそうで、お客さんがもっとも心待ちにしている瞬間です。

ハグ(猫パンチ)が見られるか、期待が高まる

待ちに待ったハグの瞬間。店内に歓声が上がる

丹精込めたジオラマのパーツが歪んでしまっても、閉店後の夜中にジオラマの上で猫たちの大運動会が行われようとも、「うちは猫ファーストですから」とオーナーの寺岡さんはおおらかな笑顔。

もとは鉄道ジオラマを眺めながら食事が楽しめる鉄道ファンのためのお店だったそう。コロナ禍で経営難に陥っていた2020年夏のある日、一匹の子猫を保護したことを機にお店の運命が大きく変わります。後日その子を探しにやってきた母猫と3匹の子どもたちをジオラマ食堂に迎えることになったのです(奇跡の物語の詳細はお店の公式HPで♪)。
最初の保護猫・シンバはオーナ―の家で暮らしていて、お店にいるのは、母猫のサラ、サラの子のナラ、ライア、レオ、あとから保護した猫たちあわせて15匹!

1年の歳月をかけてコツコツ制作したという鉄道ジオラマにもご注目。たとえば、木は模型用のスポンジを手で細かくちぎって着色し、針金をねじって作る幹と合わせる、鉄橋に使う材料は本物の鉄をチョイス、砂も本物を使用するなど、本格派。ジオラマファンはもちろんのこと、初心者も興味津々です。

ランチ付きで2時間1900円。ホテルやレストランなどでの料理長歴を重ねたシェフによる料理も評判

ハンドミラーや千社札、キーホルダーなど、帰り際におみやげ1点を選べる

壁の上のキャットウォークやテーブルの下、別室のケージの中など、猫たちはジオラマ以外の場所へも自由に移動できるようになっているので安心です。
2階は、殺処分の危機に瀕していた猫たちを救い、縁をむすぶ保護施設。2021年10月には、猫ファーストのホテルもオープンして、どんどん進化中。ジオラマ食堂の今後から目が離せません。

「ジオラマ食堂 てつどうかん」の基本データ
所在地  大阪市天王寺区寺田町2-5-16
電話   06-6776-2460(予約は電話で。受付時間は11:00~13:00)
交通   JR大阪環状線・寺田町駅から徒歩2分
営業時間 12:00~14:00(ランチタイム)、15:00~17:00(ティータイム)、18:00~20:00(ディナータイム)の3部、完全予約制
休業日  水曜
料金   ランチタイム1900円、ティータイム1600円、ディナータイム1900円・2500円(料金には、入場料、飲食代、オリジナルグッズ代のほか、保護猫基金寄付200円も含まれています)
詳細はこちら公式HP

保護猫と運命の出会いがあるかも♪至福の猫カフェタイム 【保護猫カフェウリエル】

保護猫と運命の出会いがあるかも♪至福の猫カフェタイム 【保護猫カフェウリエル】

訳あって猫と暮らせないけれど猫と一緒の時間を楽しんでみたい!保護猫を家に迎えるためにまずはいろんな子たちと出会いたい!そんな方におすすめしたいのが、「保護猫カフェ ウリエル」です。

目印は猫や天使の羽根をあしらった看板

場所は、梅田の北東に位置する中崎町の一角。昭和の面影が残る静かな路地に佇みます。
玄関で靴を脱ぎ、手指を消毒して部屋の中へ。荷物は鍵付きのロッカーに、携帯電話やカメラなどは店内専用のミニバッグに入れて手元に置いておけます。料金は60分1550円~、ドリンクサーバーを自由に使えるフリードリンク制です。

1階の部屋。猫がくつろげるアイテムが充実

天井に吊られたたくさんのトルコランプがエキゾチックな雰囲気の1階は、おもに子猫たちが暮らす部屋。揺り椅子や木製ベッド、ミニハウスもあって子ども部屋のようにかわいらしい2階は、成猫が暮らす部屋です。
子猫たちは天真爛漫で元気いっぱい、成猫たちはゆったりとして落ち着きがあって、それぞれに魅力たっぷりです。

1階にて。猫がくつろぐキャットタワーも絵になるデザイン

どこを見ても猫、猫、猫!な猫パラダイス。こちらは2階

猫たちがつけているオリジナルのキュートな首輪にご注目。店名の「ウリエル」が聖書に登場する「天使」を意味することから、天使の羽根がモチーフです。

天使のように愛くるしい。エンジェルデザインの首輪が似合うね!

切り株風のベンチ、種類豊富なキャットタワー、カゴ、クッション、猫たちは思い思いの場所でリラックス。そんな姿を眺めているだけで心がほどけていきます。

店長の神谷さんは、家族として迎えた野良の子猫が病で虹の橋を渡ってしまったことを機に、6帖の部屋から保護猫カフェをスタート。活動の場を広げてきました。これまでの6年間、縁をつないできた保護猫はなんと600匹にのぼるそう!

常勤スタッフの「せら」ちゃんは猫だけど猫嫌いなので“お姫様ルーム”と称する個室で接客

「保護猫カフェウリエル」の基本データ
所在地  大阪市北区中崎西4-1-30
電話   06-6486-9770
交通   地下鉄谷町線・中崎町駅から徒歩6分
営業時間 11:30〜21:00 (土・日曜、祝日は12:00〜19:00)
休業日  無休
料金   1550円(60分、フリードリンク制。延長は15分ごとに300円)
詳細はこちら公式HP

猫と暮らしている気分に♪完全個室でまったり過ごす 【保護猫邸スイートホームウリエル】

猫と暮らしている気分に♪完全個室でまったり過ごす  【保護猫邸スイートホームウリエル】

「保護猫カフェウリエル」から東へ5分ほど歩いた住宅街にあるのが、姉妹店の「保護猫邸スイートホームウリエル」。2階建ての民家をリノベーションした保護猫のためのお家です。こちらは事前予約制、完全個室のプライベート空間で猫とまったり過ごすことができます。

目印は、玄関の前に掛けられたこのプレート

玄関でチャイムを鳴らすと、スタッフが出迎えてくれます。玄関で靴を脱ぎ、予約をした部屋へ。部屋は1階と2階にそれぞれひとつずつ。いずれもソファや大画面のテレビ、キッチンや冷蔵庫、電子レンジ、本や漫画など暮らしに必要なアイテムがそろいます。1階はサンルーム付き、2階はキッチンが別室仕様なのが特徴です。ピザなどのデリバリーを頼んでもOK!

奥行のある1階「しっぽの部屋」

1階「しっぽの部屋」では、引き戸をそっと開けると猫たちが並んで待っていてくれました。思わず「ただいま!」と言ってしまいそうに。取材時、部屋にいた猫は9匹。複数いると性格の違いが際立って、眺めているだけで楽しい時間が過ぎていきます。

1階「しっぽの部屋」のクラシカルなソファ

天井のトルコランプが素敵な2階「おひげのお部屋」

2階の「おひげのお部屋」でも、部屋に入るなり猫たちに囲まれ、モテ気分に。隅っこに隠れてこちらの様子をうかがっている子もいれば、しゃがんだ途端膝の上に乗ってくる子もいて、個性さまざま。どの子も愛おしい!

ゴロゴロ&スリスリ、そしてウインクで熱烈にアピールしてくれる子も

“猫がニガテな猫”のためには、他の猫が立ち入らないスペースにベッドを置いて過ごせるようにしているなど、一匹一匹の性格に寄り添った思いやりもうれしいところ。

ここにいる猫たちそれぞれが抱えている過去は、心無い人に捨てられたり、虐待されたり……といった切ないストーリーばかり。猫たちに運命の出会いが訪れ、いま以上に幸せな日々が訪れることを願わずにはいられません。

「保護猫邸スイートホームウリエル」の基本データ
所在地  大阪市北区中崎2-1-10
電話   06-6923-9321
交通   地下鉄谷町線・中崎町駅から徒歩5分
営業時間 事前予約制(当日予約は1時間パックで電話のみ受付)
休業日  火曜
料金   1人につき1時間2000円、3時間5000円、7時間10000円(フリードリンク、フリースープ付き)
予約・詳細はこちら公式HP

おすすめの猫カフェ、まだまだあります!

【森のねこ舎(東淀川区)】

【森のねこ舎(東淀川区)】

猫たちの個性を大切にしながら、のびのびと過ごせる環境づくりを心がけている保護猫カフェ。猫たちがひなたぼっこできる大きな窓と広々としたスペースが魅力。2021年秋に壁紙をリニューアルして写真映え度がますますアップ!

「森のねこ舎」の基本データ
所在地  大阪市東淀川区淡路3-20-16
電話   06-6160-2525
交通   阪急京都線・淡路駅から徒歩5分
営業時間 13:00~20:00(最終入店19:00、土・日曜、祝日は11:00~)
休業日  火曜
料金   1時間1000円(延長は30分ごとに400円、ドリンクは別料金で100円)
詳細はこちら公式HP

【SAVE CAT CAFE(北区)】

【SAVE CAT CAFE(北区)】

保護猫カフェをオープンしたきっかけは、殺処分の動画を目にしたこと。「猫たちの置かれている状況を少しでも良くしたい」という思いがギュッと詰まったカフェです。注目は、カレーや「にくきゅうカヌレ」など、猫をイメージしたフード。ドリンクと猫のおやつが付いたセットメニューがそろいます。

「SAVE CAT CAFE」の基本データ
所在地  大阪市北区天神橋5-7-8 山田ビル201
電話   06-7165-6504
交通   JR大阪環状線・天満駅から徒歩3分
営業時間 12:00~22:00(L.O/21:00)  ※大阪府による営業時間短縮要請により当面の間は20時閉店、L.Oは19時
休業日  不定休
料金   カフェメニューの注文で2時間制
詳細はこちら公式HP

【ねこ浴場&ねこ旅籠(中央区)】

【ねこ浴場&ねこ旅籠(中央区)】

昔なつかしい大衆銭湯をイメージした空間で、畳に寝転んだり、足湯につかったりしながら猫たちとのふれあい(=ねこ浴)を楽しめます。「ねこ浴場」(カフェ)の猫たちを眺めながら眠りにつける「ねこ旅籠」(宿泊)も併設されています。

「ねこ浴場&ねこ旅籠」の基本データ
所在地  大阪市中央区島之内1-14-29
電話   06-4708-3889
交通   地下鉄・長堀橋駅から徒歩2分
営業時間 ねこ浴場は12:00~20:00(最終受付19:30)
休業日  不定休
料金   ねこ浴場(カフェ)は、1時間コース(ドリンク飲み放題付き)平日1650円、土・日曜・祝日1980円/ねこ旅籠(宿泊)は1~8名での貸切で1泊22222円~
詳細はこちら公式HP

【ねこの木(淀川区)】

【ねこの木(淀川区)】

人懐っこい猫たちに触れるのはもちろんのこと、抱っこもOKの譲渡型保護猫カフェ。元野良だった子だけでなく、ペットショップにいるような子もたくさん!保護猫活動に理解あるインテリアメーカーからのプレゼントという「にゃん壁」が猫たちに人気。生パスタやガパオライスなどの軽食も用意されています。

「ねこの木」の基本データ
所在地  大阪市淀川区十三本町1-13-14
電話   06-6300-7515
交通   阪急・十三駅から徒歩5分
営業時間 13:00~21:00(土・日曜、祝日は11:00~)
休業日  水曜(祝日の場合は営業)
料金   30分800円(1ドリング付き)
詳細はこちら公式HP

猫たちのかわいらしさに思わず笑顔がこぼれたり、癒されたりする時間が、保護猫活動へのささやかな貢献につながります。保護猫たちと一緒に、至福のひとときを過ごしてみませんか。

筆者
らくたび

京都の旅行企画や京都日帰り旅行の実施・ご案内、京都の歴史や文化に関する講演、京都本の企画・制作・執筆に日々いそしむ京都の会社。
築90年ほどの国指定:登録有形文化財の京町家から、千年の都・京都のさまざまな魅力を発信しています。
京都現地ガイド歴30年、ご案内人数累計15万人!の代表を筆頭に、濃いぃメンバーが揃います。お寺や神社の歴史、ご利益ネタ、季節ごとの見どころネタならお任せあれ。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください