トップ >  北海道 > 札幌・函館・旭川 > 函館・道南 > 函館・大沼 > 函館ベイ > 

函館【ベイエリア・十字街】港町ムード漂う赤レンガ倉庫群!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2018年5月30日

この記事をシェアしよう!

函館【ベイエリア・十字街】港町ムード漂う赤レンガ倉庫群!

見る、買う、遊びがそろったエリア

日本初の国際貿易港として開港される以前の江戸時代から、多くの漁船や荷物、人々で賑わった天然の良港・函館港。周辺には今もレンガ造りの倉庫群をはじめ、かつての面影を伝える建造物や記念碑などが数多く残っている。観光のメインは金森赤レンガ倉庫を中心としたショッピング。個性あふれるショップがそろっているので、おみやげ探しに最適。昼はヨット船が係留する港町らしい風景を、夜は美しくライトアップされたロマンティックな風景を眺めながらの散歩も楽しめ、疲れたらオシャレな古民家カフェでひと休みも。約20~30分で函館湾内を1周するクルーズで、海上散歩を楽しむのもオススメだ。ひと足延ばして、昭和初期には函館でいちばんの繁華街だった十字街も散策したい。

出発前にcheck! 散策のコツ!

ロープウェイ、元町エリアは徒歩圏内

観光スポットの元町教会群や洋館、ロープウェイまでは徒歩で行き来が可能。目安としては函館ハリストス正教会へは徒歩15分。ロープウェイ山麓駅までは坂道を上って徒歩10分ほど。元町散策や函館山夜景を楽しむ前の立ち寄りスポットにもってこい。

レンタサイクルを活用するのもオススメ

効率よくスポットをめぐりたい人はBAYはこだて前にあるレンタサイクルを利用しよう。館内のインフォメーションで受け付けている。

多少の坂道でも安心な変速ギア付きのシティサイクル

BAYはこだてレンタサイクル

住所
北海道函館市豊川町11-5BAYはこだて
交通
JR函館本線函館駅から市電十字街方面行きで5分、十字街下車、徒歩5分
営業期間
4~10月
営業時間
10:00~17:00(返却時間)
休業日
期間中無休
料金
レンタサイクル(1日)=1000円/

おなかがすいたら老舗グルメを堪能

菓子舗・千秋庵総本家や、すきやきの阿さ利など、明治~昭和前期に創業した店が多い十字街。どこか懐かしさを感じさせる店舗に立ち寄り、老舗の味とともに雰囲気を味わうのもいい。

モデルプラン

所要3時間 定番スポットを効率よくまわる

市電十字街

 


徒歩5分

赤レンガ倉庫でショッピング
地元作家のハンドメイドからスイーツまで何でもそろう

 

函館ならではのグッズ


徒歩すぐ

海の見えるレストランでランチ
波の音や潮の香りを感じながら遅めのランチを!

 

野菜たっぷりで女子にもうれしい


徒歩5分

海街さんぽ
港から歴史が始まった函館ならではの名所もチェック

開港の街ならではの記念碑も


徒歩3分

古民家カフェでひと休み
明治から昭和初期築のモダンな建物でゆったりと

レトロモダンな雰囲気を楽しもう


徒歩3分

市電大町

ベイエリア・十字街エリアはこうなっています!

ベイエリア

必見エリア

ベイエリアとは函館市北西部、函館港に面したエリアである。函館開港時の趣を今なお色濃く残すスポットが点在する一方、ショッピングエリアとしても有名である。

ACCESS
市電 函館駅前~市電 十字街~ベイエリア
市電5分+徒歩5分

市電 函館駅前~ベイエリア
徒歩15分

ショッピングエリア

金森赤レンガ倉庫を中心に、個性派グッズや海産物、スイーツなどが何でもそろう。目的に合わせてショッピングを楽しもう。

ショッピングエリア

歴史スポット

安政元(1854)年のペリー提督率いるアメリカ艦隊の来航など、函館の歴史は港から始まり、文明開化はベイエリアからもたらされた。そんな歴史の面影を感じるスポットが、ベイエリアに点在している。

歴史スポット

古民家カフェ

ショッピングエリアの周辺には、味のある和洋折衷住宅を改装したカフェが数多く並んでいる。港町ならではの雰囲気を楽しみながら、古民家カフェで買い物の疲れを癒そう。

古民家カフェ

クルージング

函館湾内を約20~30分ほどで1周できるクルージング体験。海の上から眺める赤レンガ倉庫群、元町地区はまた新鮮。短時間でちょっとした海上旅行気分が味わえると人気がある。

クルージング

十字街

ちょこっとディープエリア
函館市末広町に位置する。市電十字街電停は元町西部地区へ最も近い停車場であることから、乗降客も多い。

ACCESS
市電 函館駅前~市電 十字街
市電5分
徒歩15分

十字街商店街

大正時代のモダンな街並みが感じられるエリア。商店街には、印度カレー小いけ本店、千秋庵総本店など、昔ながらの店舗が軒を連ねる。耐火建築が多いのも特徴で、大正や昭和初期の大火後に建築された、鉄筋コンクリートやレンガ造りの建物が多く見られる。市電十字街電停近くの旧梅津商店(現在のはこだて工芸舎)もそのひとつだ。

十字街商店街

かつての繁華街・十字街

昭和9(1934)年まで、十字街は旧丸井今井呉服店やカフェがひしめく函館でいちばん華やいでいた場所だった。そのモダンな街並みも、同年の大火で華やかさを失い、今では老舗店が点在するノスタルジックなエリアとなっている。

名物グルメ

ベイエリア・十字街で味わいたい!

ご当地バーガー

甘辛のタレがからんだ大きなから揚げが挟まれた断トツ人気No.1バーガー

ご当地バーガー

ラッキーピエロ ベイエリア本店

住所
北海道函館市末広町23-18
交通
JR函館本線函館駅から市電函館どつく前行きで8分、末広町下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
10:00~22:00
休業日
無休(12月31日休)
料金
チャイニーズチキンバーガー=418円/函館山バーガー=1265円/チーズカレー=715円/オリジナルカレー=484円/オムライス=627円/ラキポテ=385円/(テイクアウト時は料金が異なる)

塩ラーメン

透明感あるスープは鶏ガラをメインに昆布やほたて貝柱を使用

塩ラーメン

函館塩ラーメン専門店 えん楽

住所
北海道函館市千代台町31-18
交通
函館市電千代台駅から徒歩3分

スペイン料理

スペイン風おつまみピンチョスや、具だくさんの「パエリア」をワインとともに

スペイン料理

バルレストラン ラ・コンチャ

函館・大沼の新着記事

【北海道 函館・夜ごはん】函館で夜を楽しめるとっておきのお店10選!函館で夜ごはんをするならどこがいい?

仕事や遊びの帰りに北海道の函館で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、函館でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 鳥ガ...

【函館】冬のおすすめ観光スポット30選 冬の函館を遊びつくそう!12月・1月・2月【2024年版】

今回は冬でも楽しめる函館のおすすめ観光スポットをご紹介。 冬の函館でも楽しめる観光スポットをチェックして、旅行やおでかけを満喫しましょう。 澄み切った空気の中、定番の観光スポットも他の季節では...

函館の居酒屋で一杯!函館駅・五稜郭・湯の川温泉で肴自慢の居酒屋15軒。肴がうまいって幸せだ!

テーブルについたら、まずは一杯。目の前には炉端で焼き上げる焼き物に、鮮度抜群の活物…… 函館の居酒屋へ駆け込みましょう!函館駅・五稜郭・湯の川温泉のエリアで順にご紹介します! 函館駅からすぐの...

北海道のおすすめ登山スポット10選 日本一早い紅葉や世界遺産の山

『日本百名山』より、9座も選定されている北海道は登山スポットの宝庫。 広大な面積の中には数多くの名峰が並び立ち、四季折々多くの登山愛好家を魅了しています。 日本一早い紅葉を迎える大雪山(たいせ...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。