>  >  >  >  >  > 

【鎌倉グルメ】名物しらす料理♪多彩なスタイルで味わう!

まっぷるマガジン

更新日:2018年8月5日

この記事をシェアしよう!

【鎌倉グルメ】名物しらす料理♪多彩なスタイルで味わう!

腰越港などに揚がるしらすは鎌倉・江の島エリアきっての名物。定番の食べ方や、料理人によって個性豊かな方法で繰り出されるしらす料理を味わって。

しらすや

しらす専門網元の「勘浜水産」直営の食事処。腰越で揚がるしらすしか提供しないという強いこだわりで料理を出す。しらすをはじめとした、相模湾の海の幸を満喫したい。

しらすや

生シラスと釜揚げシラスの二色丼
弾力のある生しらすと、ふっくらした釜揚げしらすを一度に体験できる

しらすや

鎌倉を代表する行列の絶えない人気店

しらすや

鎌倉釜飯かまかま 本店

伝統の技で炊き上げた釜飯の店で、常時30種類以上の釜飯を用意する。時季の食材を使った料理もそろう。薬味をのせるなど食べ方のバリエーションも豊か。

鎌倉釜飯かまかま 本店

釜飯生しらす三色
生しらす、うに、いくらがたっぷりのる。3通りの食べ方で楽しもう

鎌倉釜飯かまかま 本店

薬味やお茶漬けでもGood
のりやわさび、三つ葉をのせるだけで風味も変わる

鎌倉釜飯かまかま 本店

店内とテラスを合わせて24席ある

鎌倉釜飯かまかま 本店

江の島カフェ(本館)

素材にこだわったバーガーは、地元で評判のソウルフード。小田原の老舗のさつま揚げや農林水産賞受賞のちくわと江の島名物のしらすの相性は抜群。

江の島カフェ(本館)

さつましらすバーガー
ジューシーなさつま揚げと、釜揚げしらすをサンドしたヘルシーなバーガー

J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店

アメリカンスタイルのバーガーショップで、店舗限定のバーガーは鎌倉の素材がふんだんに使われている。竹炭を混ぜた黒いバンズは、インパクト大の一品だ。

J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店

鎌倉クラフトバーガー
地元肉屋のベーコンに湘南しらすの沖漬けをアンチョビのように使用

J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店

地ビールや食べ歩きグルメも販売

J.S. BURGERS CAFE 鎌倉店

café recette 鎌倉

大正時代の民家を改装した空間で時間を忘れて過ごそう。国産素材のみを使った最高級の食パンと、バター醤油がかかった釜揚げしらすのやさしい味わいが絶品にマッチ。

café recette 鎌倉

湘南ランチ
釜揚げしらすの下には口あたりのよいポテトサラダ。サラダなども付く

café recette 鎌倉

古い柱や梁に古民家の趣を感じる

café recette 鎌倉

鎌倉キネマ堂

映画好きは立ち寄りたいブックカフェの名物
映画化された人気漫画『海街diary』に出てくるカフェのモデルになったといわれるブックカフェ。日本映画を中心とした古書や雑貨も販売する。

鎌倉キネマ堂

鎌倉しらすトースト
食パンにはしらすがたっぷり。コーヒーまたは紅茶、ジンジャーミルクティー付

カフェ ビタースイート

上質な店構えで、大人の空間をテーマにしたカフェ。パスタやリゾットなどメニューは多彩。釜揚げしらすと駿河湾産の桜えびがのったピザがおすすめ。

カフェ ビタースイート

釜揚げシラスと桜エビのピザ
釜揚げしらすと桜えびが大競演。上にはパセリがのり香りも豊か

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる鎌倉 江の島'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください