トップ >  関東・甲信越 > 山梨・富士山 > 富士山・富士五湖 > 富士吉田 > 

吉田のうどんを食べるならココ!富士吉田市内のオススメ店をご紹介

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2023年4月4日

この記事をシェアしよう!

吉田のうどんを食べるならココ!富士吉田市内のオススメ店をご紹介

ハレの日に振る舞われる富士吉田の伝統食、吉田のうどん。
コシが強い麺が特徴で、市内には約50の店が味を競います。

なかでもまっぷるがおすすめする吉田うどんのお店はこちら!

もっと詳しく!吉田のうどんとは?

吉田のうどんがおいしいワケ

富士吉田は富士山の水が豊富。その水で打つ麺は小麦の素朴なうまみを堪能できる。

手打ちが基本の極太のうどんは茹でてもコシが強く、味わい深いのが特徴。

麺

すりだね

赤唐辛子や山椒、ごまなどを合わせて作る特製の薬味。店ごとに調合が異なる。

すりだね

つゆ

味噌と醤油の合わせつゆが多いが、醤油ベース、味噌ベースなどさまざま。

つゆ

つけ合わせ

シャキシャキして甘い茹でキャベツや甘辛く味付けした肉などが定番。

つけ合わせ

【吉田のうどんを食べるならココ】みうらうどん

自家製の手打ち麺にリピーター続出!
週末は地元客で行列ができる人気店。手打ちの自家製麺は味わい深くコシが強い。醤油と味噌を合わせてさっぱりと仕上げたつゆに、山椒の効いたすりだねが合う。おすすめは肉うどん。

【吉田のうどんを食べるならココ】みうらうどん

肉うどん 500円
手打ち麺に馬肉のうまみとすっきりしたスープがマッチ
馬肉
甘く煮た馬肉をのせるのが伝統的なスタイル
キャベツ
甘い茹でキャベツは定番のトッピング

【吉田のうどんを食べるならココ】みうらうどん

プレハブの店内にはいつもお客さんがいっぱい

みうらうどん

住所
山梨県富士吉田市下吉田1丁目22-5
交通
富士急行大月線下吉田駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~14:00(閉店)
休業日
水曜、祝日の場合は営業
料金
肉うどん=450円/つけうどん(温・冷)=350円/肉つけうどん=450円/わかめうどん=350円/

【吉田のうどんを食べるならココ】とがわ

富士山型のかき揚げは甘くてサクサク
富士山駅すぐのアクセスの良さがうれしい。独自にブレンドした小麦粉を富士山の湧水で打つ麺と魚介だしを加えた深みのあるつゆが特徴。富士山かき揚げが付く富士山うどんが人気。

【吉田のうどんを食べるならココ】とがわ

富士山うどん 810円

【ここが自慢】店長 外川さん
コシの強いモチモチ食感の麺を味わってください

【吉田のうどんを食べるならココ】とがわ

ゴマ、七味、ラー油を合わせたすりだね

【吉田のうどんを食べるならココ】とがわ

麺少なめ、麺やわらかめも頼める

とがわ

住所
山梨県富士吉田市上吉田2丁目5-1
交通
富士急行河口湖線富士山駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~19:15
休業日
木曜、祝日の場合は翌日休、8月は無休
料金
富士山うどん=770円/

【吉田のうどんを食べるならココ】桜井うどん

やさしい味わいの元祖キャベツうどん
吉田のうどんの元祖的存在。メニューは「かけ」と「つけ」のみ。具はキャベツと油揚げで飽きのこないおいしさ。

【吉田のうどんを食べるならココ】桜井うどん

かけうどん 450円
シンプルな具材で吉田のうどんの真髄を味わえる一杯

【吉田のうどんを食べるならココ】桜井うどん

うどんならここ、という地元の人も多い

桜井うどん

住所
山梨県富士吉田市下吉田5丁目1-33
交通
富士急行河口湖線富士山駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~14:30(閉店、売り切れ次第閉店)
休業日
日曜(年末年始休)
料金
キャベツうどん=400円(温かけ・冷盛つけめん)・250円(温半かけ)/

【吉田のうどんを食べるならココ】ふじ山食堂。

味もボリュームも富士山級の満足度!
北口本宮冨士浅間神社からも近い食事処。モチモチの平太ちぢれ麺に、かつお、さば、にぼしでだしをとった醤油味のつゆがマッチ。小うどん付きの定食メニューも充実。

【吉田のうどんを食べるならココ】ふじ山食堂。

富士登山うどん(並) 750円

【ここが自慢】店長 刑部さん
富士山型のかきあげと豚肉でボリューム満点なんです!

【吉田のうどんを食べるならココ】ふじ山食堂。

すりだねで自分好みの味に仕上げよう

【吉田のうどんを食べるならココ】ふじ山食堂。

古民家を改修した店舗で梁は昔のまま

体の中も清まる!?湯もりうどん

かつて富士講の登山者が身を清めるため、ゆで汁に麺を浮かべて食べた湯もりうどん。ふじ山食堂。では伝統の湯もりうどんを味わえる。

体の中も清まる!?湯もりうどん
体の中も清まる!?湯もりうどん

浅間神社の参拝帰りに立ち寄りたい

ふじ山食堂。

住所
山梨県富士吉田市上吉田6丁目9-6
交通
富士急行河口湖線富士山駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00、土・日曜、祝日は~15:00
休業日
火曜(GW・盆時期は営業、8月26~28日休)
料金
富士登山うどん(並)=600円/

【吉田のうどんを食べるならココ】麺許皆伝

具だくさんで満腹の欲ばりうどん
味噌と醤油のミックスベースのつゆと、透明感のあるモチモチの麺がよく合う。サクサクの天ぷらやキツネなどトッピングの種類が豊富なのもうれしい。

【吉田のうどんを食べるならココ】麺許皆伝

欲ばりうどん 600円
自家製麺の食感とたくさんのトッピングが人気の一品

【吉田のうどんを食べるならココ】麺許皆伝

広い座敷でゆっくりとうどんをいただく

麺許皆伝

住所
山梨県富士吉田市上吉田東1丁目4-58
交通
富士急行河口湖線富士山駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(L.O.、売り切れ次第閉店)
休業日
日曜
料金
欲ばりうどん=590円/天ぷらうどん=440円/冷やしうどん=440円/かけうどん=340円/

【吉田のうどんを食べるならココ】てっちゃん

牛肉ときんぴらがのる肉きんうどん
メニューやトッピングも豊富で、おすすめは、牛肉ときんぴらがのった肉きんうどんとかき揚げ入りの肉てんうどん。

【吉田のうどんを食べるならココ】てっちゃん

肉きんうどん650円
手打ちのモチモチ麺に食欲をそそるトッピングがマッチ

【吉田のうどんを食べるならココ】てっちゃん

窓側がテーブル席で、店の中心に座敷がある

吉田のうどん てっちゃん

住所
山梨県富士吉田市新屋1丁目8-91
交通
富士急行河口湖線富士山駅から富士急山梨バス忍野八海経由御殿場駅行きで6分、浅間神社前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00(閉店、売り切れ次第閉店)、土・日曜、祝日は~15:00(閉店、売り切れ次第閉店)
休業日
木曜(1月1日休、2月3日休、5月5日休、臨時休あり)
料金
かき揚げ入り肉てんうどん=550円/肉きんうどん=550円/冷やしたぬきうどん=450円/梅冷やしうどん(4~10月)=500円/
1 2

富士吉田の新着記事

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。