>  >  >  >  >  【長岡・小千谷】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【長岡・小千谷】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【長岡・小千谷】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

ACCESS

【鉄道】
新潟駅
⇩ JR上越新幹線 所要時間/20分
長岡駅

【車】
長岡IC
⇩ 8号線 351号線 所要時間/10分
長岡駅

問い合わせ
0258-32-1187(長岡観光コンベンション協会)

摂田屋

醸造で栄えた町、摂田屋を散策
江戸時代から醸造業で栄えたのが旧三国街道沿いの摂田屋地区。今も味噌や醤油、日本酒の醸造が行なわれている。吉乃川酒蔵資料館「瓢亭」は、予約をしておけば内部の見学もできる。

摂田屋

味噌・醤油の老舗、星野本店の三階蔵

摂田屋

江戸時代から醤油を作り続ける越のむらさき

摂田屋

地酒の試飲もできる吉乃川酒蔵資料館「瓢亭」

摂田屋

住所
新潟県長岡市摂田屋
交通
JR信越本線宮内駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

新潟県立歴史博物館

新潟の長い歴史と伝統文化に触れる
新潟の歴史民俗を紹介する博物館。常設展示では、雪国の暮らしや米作りなどの歴史展示と、縄文展示で構成。ジオラマや写真、土器などを通して、その歴史や文化に触れられる。

新潟県立歴史博物館

昭和30年代初めの豪雪地帯高田の街を再現

新潟県立歴史博物館

住所
新潟県長岡市関原町1権現堂2247-2
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通県立歴史博物館行きバスで40分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(12月28日~翌1月3日休)
料金
大人510円、高・大学生200円、中学生以下無料、企画展は別料金(各種障がい者手帳持参で無料)

悠久山公園

「おやま」の愛称で親しまれる公園
園内には約2500本の桜があり、春の開花時期にはライトアップも実施。園内には日本庭園や小動物園、長岡ゆかりの人物の資料や雪国の民俗展示を行なう長岡市郷土史料館もある。

悠久山公園

長岡市郷土史料館の天守閣には展望台がある

悠久山公園

住所
新潟県長岡市御山町80-5
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通悠久山行きバスで15分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
入園自由
休業日
無休
料金
入園料=無料/入館料(郷土史料館)=300円/

新潟県立近代美術館

ロダンやモネ、藤田嗣治の作品を展示
3つのコレクション展示室、企画展示室、貸出のできるギャラリーがあり、魅力的な美術作品の企画展を開催。コレクション展示室では6000点以上の所蔵品からテーマを設けて展示。

新潟県立近代美術館

新潟県を代表するアートスポット。美術館限定のオリジナルグッズも販売

新潟県立近代美術館

住所
新潟県長岡市千秋3丁目278-14
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通中央循環バス内回りで15分、県立近代美術館下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休(点検期間休、展示替え期間休、臨時休あり、12月29日~翌1月3日休)
料金
大人430円、高・大学生200円、中学生以下無料、企画展は別料金(各種障がい者手帳持参で観覧料無料、障がい者等級1級(1種)は本人と介護者1名観覧料無料)

小千谷市錦鯉の里

世界から評価される錦鯉を観賞
錦鯉の発祥地、小千谷ならではの施設。泳ぐ宝石といわれる色鮮やかな錦鯉を日本庭園や観賞池で見ることができるほか、錦鯉の歴史や品種、飼育方法などを紹介する展示室もある。

小千谷市錦鯉の里

大小の滝や橋を配した池にたくさんの錦鯉が

小千谷市錦鯉の里

住所
新潟県小千谷市城内1丁目8-22
交通
JR上越線小千谷駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(12~翌2月は~17:00)
休業日
無休(年末年始休)
料金
入館料=大人510円、小・中学生300円/

長岡ゆかりの偉人を訪ねる

山本五十六記念館

激動の時代に生きた軍人
太平洋戦争中の日本海軍提督として国際的にも知られる山本五十六の記念館。その生涯と人間性を多くの遺品で紹介する。

山本五十六記念館

書簡や写真など貴重な資料を展示

山本五十六記念館

住所
新潟県長岡市呉服町1丁目4-1
交通
JR上越新幹線長岡駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉館)
休業日
無休(展示替え期間休、年末年始休)
料金
大人500円、小・中学生200円(20名以上の団体は大人400円、小・中学生150円、障がい者は入館料100円)

河井継之助記念館

幕末の風雲児の業績に迫る
動乱の幕末、長岡藩の財政を立て直し、藩を率いて西軍に徹底抗戦したことで知られる河井継之助の生涯に触れられる。

河井継之助記念館

藩が購入したガトリンク砲の複製

河井継之助記念館

住所
新潟県長岡市長町1丁目甲1675-1
交通
JR上越新幹線長岡駅から徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休(年末年始休)
料金
入館料=大人200円、高・大学生150円、小・中学生100円/(障がい者本人と介護者1名150円)

兼続お船ミュージアム

米沢藩上杉景勝を支えた智将
大河ドラマ『天地人』の主人公・直江兼続と妻お船にまつわる資料や、兼続所用の「愛の甲冑」(複製品)を展示している。

兼続お船ミュージアム

日本初ビール醸造人・中川清兵衛も紹介

長岡市与板歴史民俗資料館(兼続お船ミュージアム)

住所
新潟県長岡市与板町与板乙4356
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通坂井町・大野積行きまたは小島谷行きバスで30分、与板仲町下車、徒歩7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉館)
休業日
月曜(年末年始休)
料金
大人300円、小・中学生150円(10名以上の団体は大人250円、小・中学生100円、各種障がい者手帳持参で本人と同伴者は免除)
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×