>  >  >  >  > 

山古志アルパカ牧場

ふわふわの愛らしい姿に癒される
中越地震後にアメリカ・コロラド州から寄贈、飼育され始めたアルパカが、頭数が増えて地域のアイドルに。冬を除いてその姿を見学できる。種苧原地区にも牧場がある。

山古志アルパカ牧場

アルパカにエサやりもできる。1袋100円

山古志アルパカ牧場

住所
新潟県長岡市山古志竹沢乙169
交通
JR上越新幹線長岡駅からタクシーで35分
料金
入場料=無料/えさ=100円/

おぐに和紙の店

伝統技法で作る和紙を手に入れる
古くからの和紙の産地小国では、原料の楮から栽培し、紙作りを行なう。小国和紙生産組合の工房では、手ごろな価格の和紙製品が購入できるほか、事前予約で紙すき体験も実施。

おぐに和紙の店

手すき和紙のはがきなどをおみやげにしよう

おぐに和紙の店

気軽に体験してみよう

おぐに和紙の店

住所
新潟県長岡市小国町小国沢2505-5
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通小国車庫前行きバスで1時間5分、終点下車、徒歩20分
料金
要問合せ

[CLOSE UP]牛の角突き

千年もの歴史がある闘牛勇壮な戦いに大興奮
国の重要無形民俗文化財に指定されている山古志の牛の角突きは、千年前からの歴史がある勇壮な行事。開催日以外は、山古志と牛の歴史を紹介するギャラリーを自由に見学できる。

[CLOSE UP]牛の角突き

1tを超える勇壮果敢な牛の姿は迫力満点

牛の角突き

住所
新潟県小千谷市小栗山小千谷闘牛場
交通
JR上越新幹線長岡駅からタクシーで30分
料金
入場料=2000円、中学生以下無料/

越後の蔵 和心づくし あさひ山

駅ビルで気軽に楽しむ郷土料理と酒
銘酒「朝日山」や「久保田」の醸造元、朝日酒造の直営店。郷土料理ののっぺや栃尾の油揚げ、日本海から水揚げされた魚介などの料理を提供する。蔵元直送の地酒と一緒に楽しみたい。

越後の蔵 和心づくし あさひ山

目にも鮮やかな鮭親子わっぱ飯1480円(ランチタイム限定)

越後の蔵 和心づくし あさひ山

住所
新潟県長岡市城内町1丁目611-1長岡駅ビルCoCoLo長岡 1階
交通
JR上越新幹線長岡駅構内
料金
鮭親子わっぱ飯=1380円/あさひ山松華堂弁当=1620円/酒粕ウインナー=680円/晩酌コース=2300円/鰯越後漬焼き=390円/お通し代=380円/

割烹魚吉

旬ならではのおいしさを味わいたい
住宅街にひっそりたたずむ、新鮮な魚介を使った料理が評判の店。旬の魚を刺身や焼き物などで味わうことができる。料理に合わせる地酒にはやわらかな味わいの「清泉」550円を。

割烹魚吉

おいしい魚料理を食べたくなったらこちらへ

割烹魚吉

住所
新潟県長岡市本町1丁目2-13
交通
JR上越新幹線長岡駅から徒歩5分
料金
刺身盛り合わせ=1500円/のど黒焼きとばい貝煮=1700円/清泉(1杯)=550円/

いち井

落ち着いた雰囲気のラーメン店
県内でも評判の有名店。大きな梁をめぐらせた店内はとても落ち着いた雰囲気。塩ラーメンのスープは、焼きアゴ(トビウオ)を使い、あっさりとしたこだわりの味。

いち井

スープの奥深い味わいが人気の塩ラーメン850円

いち井

住所
新潟県長岡市曙1丁目1-5
交通
JR信越本線宮内駅から徒歩12分
料金
塩ラーメン=850円/

江口だんご本店

できたてのだんごや長岡の郷土料理を
明治35(1902)年創業の笹だんごと餅菓子の店。古民家を再生した趣ある本店には甘味処を併設し、長岡赤飯などの郷土料理も味わえる。

江口だんご本店

のっぺが付く一番人気の長岡赤飯御膳972円

江口だんご本店

住所
新潟県長岡市宮本東方町52-1
交通
JR上越新幹線長岡駅から越後交通柏崎行きバスで30分、宮本東方下車、徒歩5分
料金
長岡赤飯御膳=972円/長岡赤飯=432円/五色団子=756円/
1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください