コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【信楽】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

【信楽】人気おすすめスポット!見る、食べる、買う!

by mapple

更新日:2018年11月18日

のどかな景色が広がる焼物の里
焼物の産地として知られ、信楽焼を扱う窯元やショップが点在している。たぬきの置物が有名。

滋賀県立陶芸の森

緑に包まれた焼き物のテーマパーク
焼物をテーマにした文化公園。陶芸作品の企画展を開催するミュージアム陶芸館や窯場を備える創作研修館、レストランやショップを設けた信楽産業展示館がある。屋外にはユニークな陶芸作品が点在しているので、アート散策もおすすめ。【見る】【公園】

ミュージアムや窯場工房、ショップなど多彩な施設を備える

高さ3.6mの陶芸作品「炎の人」は、眺望の良い星の広場に展示

陶芸館前ではパンダの作品がお出迎え

【旅ネタ!】11月8日「信楽たぬきの日」

たぬきで盛り上がる!
たぬきの置き物で知られる信楽。すっかりお馴染みになった愛らしい信楽焼たぬきをねぎらおうと、11月8日を「信楽たぬきの日」と定め、11月はさまざまなイベントを開催している。信楽焼たぬき八相縁起祈願祭をはじめ、全国たぬきの腹鼓大会、たぬきげんきフェアー、楽しい信楽狸展などたぬき月間に。

さまざまな表情のたぬきがあちこちに

オリジナルの器を作ろう!

信楽焼の各工房では、作陶教室を実施。作家や職人の指導の下、電動ろくろや手びねりでさまざまな器づくりが楽しめる。

しがらき顕三 陶芸倶楽部

閑静な山あいの工房で器作り
四代続く窯元、小川顕三さんが主宰する陶芸工房。小川さんと息子の記一さん指導のもと手びねりやタタラ成形、電動ろくろが体験できる。2階のギャラリーでは作品を展示販売。自炊式の簡易宿泊施設もある。

陶芸体験の完成例。釉薬の色は選ぶことができる

見晴らしの良い丘に建つゲストハウス

宗陶苑

日本一の大きな登り窯をもつ老舗窯元
200年以上の歴史を誇る窯元。日本最大規模の登り窯や穴窯があり、見学ができる。工房では作陶や絵付けを体験することもでき、別料金で登り窯での焼成も。信楽焼がリーズナブルに購入できるのも魅力だ。

手びねりで器づくりに奮闘

古くから伝わる登り窯

甲賀市信楽伝統産業会館

信楽焼の歴史にふれる
信楽焼の殿堂。館内では、鎌倉から近世までの信楽焼の作品や関連資料を年代別に展示、歴史を紹介している。現代作家の企画展も開催。まずは信楽焼の知識を入手しよう。【見る】【資料館】

信楽焼のタイルが張られた建物

奥田忠左衛門窯信楽陶芸村

窯見学、作陶など信楽焼の魅力を堪能
1888(明治21)年開窯の窯元。登り窯や穴窯を完全な形で残し一般に公開。植木鉢やたぬきの置物から食器、工芸品までを展示販売する。職人の指導による陶芸教室、喫茶もある。【遊ぶ】【工芸品】

手ひねり、電動ろくろ、絵付けなどができる陶芸教室

信楽陶苑たぬき村

器、たぬきの置物など多彩な信楽焼を販売。敷地内に食事処と体験陶芸教室を併設する。【遊ぶ】【体験施設】

レストラン牛石

近江牛を使った肉料理店。醤油ベースのタレで食べる近江牛ステーキは、あっさりとした味わい。【食べる】【近江牛料理】

陶の辺料理 魚仙

信楽焼の器でいただく湖国の味
信楽で100年の歴史を持つ料亭。近江野菜など地の産物にこだわり、季節の素材を華やかに盛る。とくにしめサバとシソの風味が調和する名物の鯖寿し「忍すし」に人気がある。【食べる】【郷土料理】

人気は全7品の「季節の点心」

みやげ用の忍すしは1365円

Swiss Restaurant Alpina

本格的なスイスの味と雰囲気
煮込み料理や自家製ソーセージなどスイスの家庭料理が味わえる店。2種類のチーズやハーブを使った人気のチーズフォンデュ(1900円〜)を、本場の雰囲気に浸りながら堪能したい。【食べる】【スイス料理】

フォンデュのセット、オーマイスイス(2900円)が人気

陶園

信楽焼の器で味わう近江牛
信楽橋の近くにあるギャラリー併設のカフェレストラン。上質な近江牛を使った肉丼は、独自のタレで煮た牛肉がご飯に乗る。2階は焼き物を中心に展示販売を行なうギャラリー。【食べる】【近江牛料理】

信楽焼の器で出される近江牛の肉丼1080円から

天下一品 上朝宮店

日本家屋でこってりラーメンを
人気ラーメンチェーン「天下一品」の上朝宮店は、元料亭だった和情緒あふれる建物が特徴。女性に人気の特製白ネギあさりラーメン(920円)などのオリジナルメニューもそろう。【食べる】【ラーメン】

里山の風景を眺めながらラーメンを味わえる

スタミナ中華そば

WITH TEA(山本園)

老舗お茶屋のティールーム
1870(明治3)年創業のお茶屋の直営カフェ。「滋賀B級グルメバトル」で優勝した“あさみや金時”など、上質な朝宮茶を使ったスイーツや滋賀県産の素材で作る食事が味わえる。【カフェ】

自家製のくず餅、白玉などがのった抹茶パフェ 972円

大小屋

信楽焼のギャラリー&ショップ
信楽焼を中心に、作家作品、手工芸品、雑貨、薪で焼いた石窯パンなどを販売するショップ。暮らしを彩る信楽焼を季節ごとに提案する。ギャラリーやレストランカフェ、陶芸教室、ドッグランも備える。【買う】【工芸品】

陶芸の森入り口に建ち、一面タイル張りの外装が目印

陶房準

やさしい顔の陶人形が並ぶ
陶芸作家の葛原準子さんが営む陶人形の工房。しぐさや表情が素朴で愛らしく、思わずほほえんでしまう人形がそろう。干支や動物、童のほか、なむなむ地蔵も好評だ。【買う】【工芸品】

やさしい表情の人形に癒される

実験アートサロンmisin-ya

ポップで個性豊かな作品がそろう
布作家のやまだあやこさんが営むアートと雑貨の店。帆布にカラフルな着物生地を縫い付けたオリジナルのバッグや小物を制作・販売している。日本各地の作家による陶器など個性豊かな作品も多数ある。【買う】【手づくり雑貨】

カラフルなバッグ4500円から

【ココにも立ち寄りたい!】MIHO MUSEUM

深い森に囲まれた山中の美術館へ
ルーヴル美術館のガラスのピラミッドで知られる建築家I.M.ペイ氏が、桃源郷の世界をテーマに設計した美術館。エジプトやアジア、中国にわたる数々の古代美術の名宝を常設展示している。春・夏・秋の開館ごとに特別展も開催。

建築

周辺の景観と一体化したデザインが見事。館内にはやわらかい日差しが注ぎ、遠くの山並みを望む開放的な空間がひろがる。

美術館へ向かうまでのトンネルや吊り橋までもがアート

湖南アルプスの山並みが眺められるエントランスロビー

美術館棟は建築容積の約80%を地下に埋設

春は枝垂れ桜のプロムナードや桜色に染まるトンネルが見事

美術展示

エジプトやアジア、中国、アメリカなどの古代美術と日本の古美術約3000件を所蔵し、常時約300点を展示。

高さ250㎝もの大きさを誇る、2世紀後半期のガンダーラ仏立像

レストラン

農薬や化学肥料を使わない自然食材を使ったメニューが評判。手打ちのうどんやそばも味わえる。

素材のおいしさが引き立つおむすび膳 1800円

特別展

●3月10日~6月3日
春季特別展「猿楽と面 ―大和・近江 および 白山の周辺から―」

●6月30日~8月26日
夏季特別展「赤と青のひ・み・つ ―おとなもこどもも遊んでみよう!色いろイロの世界」(仮称)

●9月8日~10月8日
秋季特別展 Ⅰ 「アメリカ古代文明―超自然へのまなざし―」(仮称)

●10月20日~12月2日
秋季特別展 Ⅱ「近代の茶杓百選 ―数寄者の手すさびとその交流―」(仮称)

翁面(春季特別展展示)鎌倉時代 個人蔵

筆者:mapple

まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19

発売日:2018年03月22日

Amazonで購入する

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×