>  >  >  >  >  【滋賀】おすすめグルメみやげをチェック!

【滋賀】おすすめグルメみやげをチェック!

【滋賀】おすすめグルメみやげをチェック!

長年親しまれるご当地自慢の逸品や名産品を活かしたスイーツ、最近話題の一品など、一度は味わってみたい美味をみやげに。

長年愛される伝統の逸品

和た与

でっち羊羹 1本 280円

1863(文久3)年創業の老舗の銘菓。こし餡と砂糖と小麦粉を練り合わせて蒸す羊羹は、江戸時代、商家の奉公人が帰省みやげにしたと伝わる。

でっち羊羹 1本 280円

和た与

住所
滋賀県近江八幡市玉木町2丁目3
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで5分、小幡町資料館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00
休業日
火曜、祝日の場合は営業(夏・冬期は臨時休あり)
料金
でっち羊羹=280円(1本)/ういろ餅=540円(小)、1026円(大)/黒ういろ餅=594円(小)、1134円(大)/

うばがもちや本店

うばがもち 12粒入 500円

地元草津の「滋賀羽二重餅米」で作る餅をこし餡で包む。ルーツは戦国時代末期という説もあるほど長い歴史を持つ素朴な味わいの銘菓。

うばがもち 12粒入 500円

うばがもちや本店

住所
滋賀県草津市大路2丁目13-19
交通
JR琵琶湖線草津駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~19:00、土・日曜、祝日は8:00~20:00
休業日
無休
料金
うばがもち=500円(12粒)、750円(6粒×3箱)/季節の生菓子=130円~/

いと重菓舗

埋れ木 6個入 864円

創業200年以上の老舗。彦根みやげとしても名高い銘菓は、なめらかな白餡を求肥で包み、和三盆糖と抹茶を表面にまぶして仕上げている。

埋れ木 6個入 864円

いと重菓舗

住所
滋賀県彦根市本町1丁目3-37
交通
JR琵琶湖線彦根駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00(閉店)
休業日
火曜
料金
埋れ木=864円(6個)/彦根路(夏期除く)=864円(小1本)、1296円(大1本)/

モンレーブ

ふなずしパイ 10枚 1250円

滋賀の名産品である鮒ずしを気軽に味わえるようにと、生地に練り込んでサクサクに焼き上げたパイ。独特の酸味と塩味が楽しめる。

ふなずしパイ 10枚 1250円

モンレーブ

住所
滋賀県守山市勝部1丁目4-11
交通
JR琵琶湖線守山駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~20:00
休業日
無休
料金
ふなずしパイ=1250円(10枚)/

乃利松食品 吉井商店

味つけ赤こんにゃく(右)200g 380円

鉄分を練り込むことで赤くなる近江八幡の伝統食材。もっちりとした食感が楽しめ、煮物などの料理に彩りを添える際にも活躍する。八幡こんにゃく(写真左)は2丁括り435円。

味つけ赤こんにゃく(右)200g 380円

乃利松食品吉井商店

住所
滋賀県近江八幡市為心町上21
交通
JR琵琶湖線近江八幡駅から近江鉄道バス長命寺行きで6分、大杉町八幡山ロープウェイ口下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
8:00~19:00
休業日
日曜(1月1~4日休)
料金
八幡赤こんにゃく=195円(320g)/味付赤こんにゃく=380円(200g)/こんにゃくかくれん棒=100円(1本)/玉こんにゃく=195円/赤糸こんにゃく=165円/

話題の人気商品

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる滋賀・びわ湖 長浜・彦根・大津’19」です。掲載した内容は、2017年10月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×